ユベントスアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが高級車ランボルギーニを購入した。イギリス『サン』が伝えている。

ディバラは12日に行われたセリエA第36節のサッスオーロ戦でクラブ通算100ゴールを達成(252試合出場)。今回のお買い物はそれを記念してのようだ。

ディバラが購入したのは、「ランボルギーニ アヴェンタドールS ロードスター」。時速100kmに加速するのに必要なのはわずか3.0秒、最高速度は時速350kmに達するというマシンで、約6000万円の代物だ。

ランボルギーニ本社を訪れ、念願の車を手にしたディバラは、その喜びを語っている。

「アヴェンタドール一目惚れだった。手に入れるまで数年待ったが、今はとても謙虚な感じだ。名誉であり、所有できることを光栄に思っているよ」

ランボルギーニイエローでなくちゃいけない。僕はその見た目がインパクトがあるのが好きだし、すぐに自分の車だと分かる。見ているだけでも運転しても僕に強い感情を引き起こしてくれるよ」

男のロマン”でもある高級車を好むサッカー選手は多いが、ディバラもスーパースターの仲間入りだ。

サムネイル画像