THQ Nordicなどの親会社Embracer Groupは、ヴァイキングサバイバルゲーム『Valheimの販売本数が680万本を突破したことを発表した。売り上げは今なお順調で、同社は6月末までに、さらに100万から120万部が販売されると予想している。

 『Valheim』は2月2日に発売されたヴァイキングサバイバルゲームバイキング文化と北欧神話テーマにしたオープンワールドを冒険し、オーディンの敵対者を倒すことを目指す。

 マインクラフトのようなクラフトサバイバルを特徴としており、木を伐採したり、石を拾い集めたりして道具を作り、その道具で集めた素材を使ってさらに便利なアイテムを作っていく。「オーディンの敵を倒す」という大きな目標はあるが、プレイヤーは思い思いの方法で、ヴァルハイムの世界を楽しむことができる。

 とくに人気なのは建築で、ユーザーたちは「エッフェル塔」「空中要塞」「ノートルダム大聖堂」など、実在するしないに関わらず、さまざまな建築に取り組んでいる。

 また独創的なアイデア空を飛んだり、自動で資源を集める装置を作ったりと、オーディンもびっくりな遊び方をするプレイヤーも多い。

(画像はSteam『Valheim』より)
(画像はSteam『Valheim』より)
(画像はSteam『Valheim』より)
(画像はSteam『Valheim』より)
Steam『Valheim』はこちら
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。