5月22日(土)放送の「マツコ会議」(毎週土曜夜11:00-11:30、日本テレビ系)は、インドで映画やCMに出演し、一躍人気者になった元力士の田代良徳と、台湾で3本のMC番組を持つ人気タレント・風田(Win)が登場。中継をつなぎ、海外でブレークした成功の鍵を深掘る。

【写真を見る】中継先の田代良徳(左)と風田(右)

■海外でも共通する感覚にマツコも納得

元々日本では190cmという長身を生かし、モデルを目指していたという風田。「190cmって日本だとデカ過ぎるし、顔も中の上くらいの半端な顔だったので」と挫折したエピソードを語るが、マツコデラックスからは「ごめんなさい、初めてお会いして言うのもなんなんですけど、多分中の中くらいだと思う」とコメントが。

その後、知り合いを通じて今の事務所にスカウトされ、幸運にも既に台湾で大人気だったアイドルグループ・SpeXialに加入するも、中国語があまり話せなかったためグループの中では目立たない存在だったという。

現在に至るまでの成功術を尋ねると、「言葉がつたなかったので、出川さんみたいな分かりやすいリアクション芸」をすることで、「一生懸命やっているのがカワイイよね」と台湾の視聴者から支持を得るようになったのだという風田。

マツコは「カタコトの日本語で頑張ってる外国の方って、日本人カワイイって思うじゃない? あれはやっぱり外国の方も思うんだね」と、海外でも共通する感覚に納得するが、言葉が流暢に話せるようになるとその戦術も効かなくなってしまう。その時に風田が次に取った成功術に、マツコも「いいな〜! 何か自由ね台湾! あたしも台湾行こうかな!?」と興奮する。

インドのスケールの大きさに「やっぱりインドってすごいね」(マツコ)

続いて、“まげ”を結った力士姿で登場し、「インドで一番有名な日本人俳優の田代です」と自己紹介する田代に、「俳優なの!?」と驚くマツコ。

何の役をしているのか尋ねると、「そのままお相撲さんの役です」という回答に、「そんなにお相撲さんの役ある!? インドの日常に、そんなにお相撲さん現れる!?」と謎は深まるばかり。

力士引退後、趣味でやっていた「元お相撲さんブログ」がきっかけで突然、力士役としてインドの下着CMに出演、さらにインド映画の準主役にまで抜擢されるという経歴を持つ田代。だが、コロナの影響でまだ映画は公開されてないと聞くと、マツコは「うわ〜、ツイてない! 公開してたらえらいことになるわね」と残念がる。

しかし、現地の配給会社の社長に「映画が公開されたら高級車何台も買えるよ」と言われたと田代が明かすと、マツコは今のインドの状況を心配しながらも「やっぱりインドってすごいね」「夢があるわ〜!」とインドの市場規模に圧倒される。

海外で成功を収めた日本人タレントの成功の鍵に迫る「マツコ会議」/(C)NTV