2015年に韓国で放送され大ヒットしたテレビドラマ『彼女はキレイだった』が、日本版としてリメイクされることが決定しました。

同作は、冴えない少年時代を経てイケメンエリートに成長した青年と、優等生美少女から無職の大人になってしまった女性という、真逆の成長を遂げた2人が主人公の恋愛ドラマ

イケメンエリート長谷部宗介をアイドルグループSexy Zone』の中島健人さんが、輝かしい幼少期から転落した佐藤愛を小芝風花さんが演じます。

日本版『彼女はキレイだった』キャストの続報も

主人公の1人である長谷部宗介は、幼少期は冴えないいじめられっ子だったものの、大人になった現在は誰もが認めるイケメンで仕事もできるエリートへと成長。

幼い時に初めて友達になってくれた佐藤愛は初恋の相手であり、16年ぶりに会う約束をします。

しかし、幼い頃は才色兼備美少女だった愛は、宗介とは対照的に、ルックスも大きく変化し無職という始末。

そんな自分に愛は劣等感を抱えており、宗介の初恋相手が自分であることをいいだせずにいました。

すれ違う2人の恋愛模様を描いた同作には、テレビドラマ30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)への出演で一躍知名度がアップした赤楚衛二さんや、連続テレビ小説ひよっこ』(NHK)などで知られる佐久間由衣さんの出演も決定しています。

今をときめく若手俳優たちが集結した日本版『彼女はキレイだった』は、2021年7月からフジテレビ系で放送開始予定です。


[文・構成/grape編集部]

出典
@kanokire彼女はキレイだった中島健人&小芝風花W主演コメント公開!新火9ドラマ『彼女はキレイだった』7月スタート