走る以外に何もできない! 人生に飽きたら試してほしい「実用性皆無」の「キワモノ」趣味カー4選

収納力は皆無! それでも爆発的な速さを体感できるモデルも!

 もしあなたが今の人生に飽き飽きしているとしたら、一度は乗ってみてほしいクルマがあります。使い勝手とか乗り心地とか、クルマには絶対に必要と思われている要素などお構い無しに、ただただ、気持ちよく走ることや、速く走ることだけを追求しているクルマたちです。

 しかもお金に糸目をつけずに、というわけではありません。そこには、最小限のものから、最大限の楽しさを生み出すヒントが無限に溢れているようです。今回はそんな、一度乗ったら人生観が変わる、価値観がひっくり返るクルマたちをご紹介したいと思います。

1)ケータハム・スーパーセブン

 1台目は、地面スレスレに座る運転席からの視界をはじめ、すべて唯一無二の世界に身を投じることができる、ケーターハムスーパーセブン。まるでフォーミュラカーのようにタイヤがむき出しで、フロントガラスさえ最小限となっている、2シーターのオープンスポーツカーです。もともとは、1957年ロータスセブンとして生まれた超軽量のスポーツカーで、現在はそのレプリカモデルが販売されています。

一生に一度は乗ってほしい実用性皆無のクルマ

 ごく薄い幌はありますが、基本は幌を取り外した状態で乗る設計のため、幌をつけたままでは乗り降りもままなりません。収納なんて言葉とも無縁で、乗るときにはまず自分の持ち物を最小限にする必要があります。フォード製の1.6リッターエンジンに5速MTの組み合わせで、135馬力から240馬力、310馬力とパワー違いのグレードを設定。

一生に一度は乗ってほしい実用性皆無のクルマ

 135馬力のスーパーセブン1600でも、わずか565kgと軽自動車より軽いボディの加速は爆発的な速さ。音も振動も風さえも遠慮なく入ってくる感覚や、地を這うように走る景色は、きっと人生観を変えてくれることでしょう。

2)ロータス・エキシージ

 2台目は、フルスクリーンのコクピットがあるだけまだスーパーセブンよりは快適かもしれませんが、このクルマで一度山道を走ると目からウロコが落ちると言われている、ロータス・エキシージ。それはまるで、公道を走ることを許されたレーシングカーそのもので、余計な制御などが何もなく、すべてが自分の腕に委ねられている緊張感に満ちています。

一生に一度は乗ってほしい実用性皆無のクルマ

 ミドシップに搭載されるのは、3.6リッターのV6スーパーチャージャー。最高出力416馬力、6速MTを駆使していかに引き出すか。真剣勝負とばかりに集中して走っていると、ちっぽけな悩みなんていつのまにか忘れ去っているほどです。クーペとロードスターがあり、どちらもギリギリ、デートにも使えるかなという微妙なところですが、やはり荷物はほとんど積めず、実用性は期待しないほうがいいでしょう。

一生に一度は乗ってほしい実用性皆無のクルマ

日本の軽自動車にも走ることだけを追求して作られたモデルが存在

3)モーガン

 3台目は、見た目も乗り味もクラシカルなところがたまらない、モーガン。創業は1909年というイギリスの老舗メーカーが、戦前から基本構造を変えずに作り続けている唯一のクルマで、なんとフロアは木の板。そこにアルミを貼って強度を出しているのですが、現代のガチガチに剛性のあるフロアを使っているクルマとはまったく違う世界観があるのが、モーガンの大きな魅力でしょう。

一生に一度は乗ってほしい実用性皆無のクルマ

 現在、1950年デビューしてからモーガンの屋台骨を支え、支持されてきた「Plus4」の6速MT/8速ATモデルと、「Plus6」の8速ATモデルラインアップ。メーターパネルをはじめとするインテリアクラシカルな雰囲気で仕立てられており、タイムスリップしたかのような気分に浸れます。ただし、BMW製のツインパワーエンジンが生み出す加速は、0-100km/hが4.2秒となかなかの速さ。刺激的な走りも楽しめる1台です。

一生に一度は乗ってほしい実用性皆無のクルマ

4)ホンダS660

 4台目は、軽自動車として唯一、走ることだけを追求して作られたモデルだと言えるのが、ホンダS660です。スーパーカーの縮尺をギュッと小さくしたかのような、世界最小のミドシップオープンスポーツカーとして多くのファンに愛されてきました。わずか660ccのターボエンジンとは思えない、軽やかな吹き上がりと身のこなしは、F1からのフィードバックも取り入れながら、地道に突き詰めてきたからこそ。ホンダだから実現できた乗り味だと言ってもいいでしょう。

一生に一度は乗ってほしい実用性皆無のクルマ

 収納スペースは大根1本が入る程度しかなく、手動で取り外しができる幌を丸めて入れたら、あとは何も入らない小ささ。だからこそ、ボディは小さくても、大人がひとりで心ゆくまで走ることと向き合い、豊かな時間が過ごせるクルマに仕上がっているのだと思います。残念ながら、2022年3月で生産終了がアナウンスされてしまいました。気になっている人は、どうぞお早めに。

一生に一度は乗ってほしい実用性皆無のクルマ

 ということで、一生に一度は乗ってほしい、人生観が変わるクルマたちをご紹介しました。私たちはどうしても、クルマを買うとなると「いかに室内が広くて快適か」「荷物がたくさん積めるか」「コストパフォーマンスはいいか」なんてところを気にしてしまいがちですよね。でも、今とは別の人生に憧れたり、今の自分を本気で変えたいと思ったときには、一度すべての便利さを捨ててみる、というのもいいのかもしれません。ここでご紹介したクルマたちなら、捨てたものよりも尊く、本当に自分に必要な何かを教えてくれるような気がします。

一生に一度は乗ってほしい実用性皆無のクルマ

走る以外に何もできない! 人生に飽きたら試してほしい「実用性皆無」の「キワモノ」趣味カー4選