フジテレビONEで放送中のバラエティ番組『ゲームセンターCX』は5月14日、今後同番組の企画『有野の挑戦』において、PlayStation2ニンテンドーゲームキューブゲームボーイアドバンスの3機種から発売されているタイトルを解禁すると発表した。

(参考:【写真】最新回では1991年発売のFC用ソフト『ドラゴンズレア』をプレイ

 この決定は、以前より存在した“あるルール”に基づいた正当性のあるものだったが、数年ぶりの新展開であったこと、企画の仕様・状況と各ハードの印象の間にギャップがあったことなどから、SNSを中心にたちまち話題となった。

 ゲームセンターCXの新展開と界隈の反応。そこに感じられたメッセージとは。ゲームカルチャーの一部となりつつある人気番組の最新動向を紐解いていく。

■高難度タイトルに奮闘する有野課長の姿がカルチャーアイコン

 『ゲームセンターCX』は、お笑いコンビよゐこ有野晋哉氏が架空の企業『株式会社ゲームセンターCX興業』の有野課長に扮し、ゲーム業界のあれこれを届けるバラエティ番組だ。2003年より放送が開始され、2021年5月13日スタートの新期で第25シーズンを迎えた。同氏が高難度レトロゲームの攻略を目指すメインコーナー『有野の挑戦』が人気で、番組の代名詞となっている。今回発表されたPlayStation2ニンテンドーゲームキューブゲームボーイアドバンス(以下、順にPS2、GC、GBA)発売タイトルの解禁も、同企画内におけるものだ。ゲームセンターCXの新展開には、番組が抱える多くのファンの注目が集まっている。

■PS2・GC・GBAレトロゲーム機?新展開を巡って交錯する番組ファンの驚きと戸惑い、期待、不安、そして…

 発表を受け、一部の視聴者からは「PS2・GC・GBAレトロゲーム機なのか?」という提起もあった。確かに一般的な感覚からすると、これらはまだ“レトロ”のカテゴリーが場違いなハードたちだろう。

 「レトロ」は、「回顧的」を指す英単語「Retrospective」に由来する言葉であり、「ノスタルジー」とも距離が近い。PlayStation4Nintendo Switchといった現行機にとって“直系の祖先”とも言える3機種。その特性を“レトロ”と表現することへの抵抗は、まったく理解できないものではない。

■「PS2・GC・GBAの存在は、“回顧的”でこそあれ、“懐古的”ではない」

 提起の根本には、こうした言葉に対する感受性の違いがあるのではないだろうか。

 とはいえ、ゲームセンターCXには、「ハード発売から20年経過」をレトロの定義とする企画ルールがある。今回のPS2・GC・GBAタイトルの解禁は、このルールに基づいたアップデートだ(それぞれ発売から、21年2か月、19年8か月、20年2か月)。

 発表を巡っては、「〇〇をプレイして欲しい!」「(ソフトデータ容量増加にともなうゲームのボリュームアップに対し)限られた時間でクリアできるの?」「(既に解禁されていたハードの)〇〇をプレイしてないのに……」といった声も散見された。驚きと戸惑い、期待、不安、有野氏への心配(?)が入り交じる同番組の18年目のアップデートは、ファンに好意的なものとして受け入れられるのだろうか。命運は、扱うタイトルの選択と同氏の悪戦苦闘する姿が握っていると言えそうだ。

 一方、上述のルールに基づくと、放送開始当時の最先端ハードも数年後には企画の対象となってくる。PlayStation32006年11月発売)、Wii2006年12月発売)、ニンテンドーDS2004年11月発売)、PlayStation Portable2004年12月発売)が主なラインアップだ。

 こうしたゲーム機が“レトロ”の文脈で語られたとき、私たちはそこにいっそうのギャップを感じてしまうだろう。家庭用ハードの登場から半世紀。裏を返せば、恐るべきスピードで進化を遂げてきたその歴史はここ20年、以前ほどの技術的発展を見せてはいないといえるのかもしれない。

 ゲームセンターCX『有野の挑戦』におけるPS2・GC・GBAタイトルの解禁には、変わるレトロゲームの概念、さらには、“商業的事情”を土台に繰り返されるハード刷新への問題提起が映し出されているような気がした。

(結木千尋)

『ゲームセンターCX』