(筆坂 秀世:元参議院議員、政治評論家

JBpressですべての写真や図表を見る

 ここしばらくの間、新型コロナウイルスの問題ばかりを取り上げてきたので、少し違う問題について書きたい。今年(2021年)は衆院解散か、任期満了かは分からないが、必ず衆院選挙が行われる。

 菅義偉政権の支持率は、後手続きのコロナ対策、ほとんど説明責任を果たさない菅首相の対応もあって大きく低下している。緊急事態宣言再延長の際、「総理の責任は」と記者に問われて、「いずれにしろ専門家の意見を踏まえて・・・」と答えたのには、失笑するしかなかった。

 こんな頼りない政権だからといって、野党が今度の選挙で本当に政権交代を果たす力を持っているのか。

 NHKが5月に行った世論調査では、自民党33.7%、立憲民主党5.8%、公明党2.9%、日本維新の会1.6%、共産党3.1%、国民民主党0.6%、社民党0.2%、れいわ新選組0.3%、NHK受信料を支払わない方法を教える党0.2%、「特に支持している政党はない」が43.8%となっている。世論調査を見る限り、野党にとっては厳しい選挙にならざるを得ない。野党はいったいどういう手立てで衆院選に臨もうとしているのか。野党共闘はできるのか。

立憲民主党と共産党の対談本、出版が延期に

 立憲民主党日本共産党から国会議員が4人ずつ登場して4組の対談を行い、1冊の本にまとめて出版するという企画が進められていたそうだ。本のタイトルは『政権交代で日本をアップデートする』というもので、6月18日に大月書店から出版される予定であった。ところが日本共産党に批判的な、立憲民主党の支持団体労組である連合から、「共産と一緒に本を出すことが、我々や支持者からどう見えるのか」と問題視する声が上がり、出版が急きょ延期になったという。

 大月書店というのは、もともとマルクス、エンゲルス、レーニンスターリン毛沢東など世界の共産党の指導者の本を出版してきた左翼系の出版社だった。なぜここからの出版という話になったのかも不思議である。同社のホームページには、「2021年6月刊行予定で『政権交代で日本をアップデートする』の準備を進めてきましたが、諸般の事情により刊行を延期いたします。刊行時期は改めてご案内申し上げます」とあるが、果たして日の目を見ることがあるのだろうか。連合が同意するとは到底思えないからだ。

 ここにも日本共産党を加えた野党共闘の難しさが如実に表われている。

「枝野ビジョン」にも野党共闘はない

 先月、立憲民主党代表の枝野幸男氏の著書が文藝春秋社から出版された。そのタイトルが『枝野ビジョン 支え合う日本』(文春新書)である。

 冒頭には、〈2020年9月15日国民民主党や無所属の仲間と合流し、衆参両院で150人の議員からなる新たな立憲民主党を結成した。ようやく、次期衆院選に向けて「政権の選択肢」となるためのスタートラインに立てた〉とある。衆院選挙は「政権選択選挙」と言われるが、枝野氏も野党第一党の代表として、政権獲得を目指す決意と政権のあり方を示すものとして出版されたのだろう。

「おわりに」では、〈政権を取るためにも、その政権が期待に応えるためにも、何よりも理念と哲学、「目指すべき社会像」を明確にすること、そして、それらが自民党とどう違うのかを明確にすること、このことが重要だと考えている〉と述べている。「目指すべき社会像」を象徴する言葉が、本のタイトルにもなっている「支え合う日本」ということだろう。

 枝野氏は、「自分は保守であり、リベラルである」という立場を以前から表明してきた。本書の中でも述べられているが、「分かりにくい」という批判を受けることもあったそうだ。だが私は特段分かりにくいとは思わない。本書の中で枝野氏が述べている「保守」と何かという考え方は、私の考えとほぼ同じである。枝野氏は、次のように言う。

〈「保守」思想の土台になっているのは、「人間は誰もが不完全なものだ」という謙虚な人間観である。世の中には100%の聖人君子もいないし、完璧な洞察力を持った人間もいない。すべての人間が何らかの欠陥を抱え、不完全な部分を持っている。従って、その人間が作り上げている社会も、常に不完全なものだ。「理想の社会」は、過去にも現在にも、未来にもあり得ない〉

〈あり得ない「理想の社会」を目指すのではなく、・・・世の中を少しずつ良くしていく。(中略)これが本来の「保守」の考え方である〉

 枝野氏は、〈「理性によって理想の社会像を作り上げ、その実現のために邁進(まいしん)する」という革新的な考え方は、本来の「保守」から見れば、「人間の本性に反している」ことになる。理想の社会を絶対視して社会の欠陥を許容せず、急激な革新や進歩を目指す考え方は、「保守」の立場からは否定される〉と述べる。

「保守」の考え方は、「謙虚な人間観」以外は同意できる。枝野氏は、日本共産党を慮(おもんばか)ったのだろう。後者の考え方を「革新的な考え方」と呼んでいるが、この理想社会を絶対視して目指す思想こそ、枝野氏が否定する共産主義思想である。

 枝野氏の著書は、政権交代を目指すために出版されたものである。いま自民党と対抗するためには、野党共闘は不可欠だと思うのだが、この本には野党共闘のことは一切書かれていない。強い違和感を抱かざるを得ない。ここにも日本共産党との選挙共闘の難しさが横たわっていることが示されている。

3勝全勝だった野党だが・・・

 4月25日、衆院北海道2区、参院長野選挙区の補欠選挙、参院広島選挙区再選挙の投開票が行われた。

 参院北海道2区の補欠選挙は、吉川貴盛元農水相が収賄事件で在宅起訴され、議員辞職したために行われたものだった。このため自民党は候補者を擁立せず不戦敗となった。この結果、国民民主や社民、共産党北海道委員会の推薦を受けて立候補した立憲民主公認の前職・松木謙公氏が、日本維新の会の候補などを破って当選した。

 長野選挙区の選挙は、立憲民主の羽田雄一郎氏の死去に伴うもので、自民も公明の推薦を受けて候補者を擁立したが、羽田雄一郎氏の弟である次郎氏が国民民主や共産、社民の推薦を受けて当選した。

 参院広島選挙区は、河井案里氏が買収事件によって当選無効となったために行われた再選挙であった。ここでも政治団体「結集ひろしま」新人の宮口治子氏が立憲民主、国民民主、社民推薦、共産支援で当選を果たした。北海道2区以外は、自民・公明に対して、共闘を行った野党が勝利している。広島の再選挙では、岸田文雄自民党政調会長・広島県連会長が総力を挙げて自民党候補を応援した。それでも野党に敗北してしまったのだ。

 共産党小池晃書記局長が3選挙について、「『菅自公政権』の発足後、初めての国政選挙で明確な審判が下った。勝利できた意義は極めて大きく、政府・与党は選挙結果を重く受けとめてもらいたい。次の衆議院選挙では、市民と野党の共闘を実らせ、自民・公明両党と、その補完勢力を少数に追い込み、政権交代を実現する選挙にしたい」と威勢の良い見解を述べた。

 長野はもともと元首相・羽田孜氏の地盤であり、その子息なのだからある意味、立憲民主が勝って当たり前の選挙であった。だが広島は約37万票対約33万6000票であり、共産党の支援がなければどうなったか分からない、きわどいものだった。その意味では、共産党が調子づくのも頷ける。

 では、すんなり共産党を含む野党共闘が成立するかと言えば、そう単純ではない。立憲や国民を支持する連合が、共産と立憲の接近に不快感を示し、3選挙を通じて「共産外し」とみられる動きも出たそうだ。だから、共産党の側も予防線を張っている。3選挙の結果を受けて共産幹部は「課題も見つかった。仏の顔も三度までだ。もう次はない」と語気を強め、次期衆院選で他の野党の「共産外し」を認めない考えを強調していると言う。だがこの強気が通る保証は何もない

 共産党と組むというのは、なかなか厄介なことなのである。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  なぜ「コンドーム配布、酒持ち込み可」?もはや理解不能の屁理屈

[関連記事]

「緊急事態宣言」はもう効かない、より強力な私権制限に踏み切れ

【舛添直言】世論を逆なで、問題発言連発はIOC「焦りの証明」