シンガーソングライター石崎ひゅーいが、本日6月3日放送のドラマテレビ朝日系 木曜ミステリー警視庁・捜査一課長season5』第8話に出演する。

石崎は本作に主題歌「アヤメ」を提供しており、デモ版を聴いたスタッフが感動のあまり、すでに出来上がっていた初回2時間スペシャルの結末を修正したほど、ドラマの世界観と深く共鳴したという。毎週、作品のエンディングを切なく、温かく盛り上げてきた。

そして5月7日(金)に行ったYouTube LIVE『アヤメ色の夜明け』では、主演の内藤剛志演じる‘大岩一課長’の自宅セットから生配信。大岩の愛猫・ビビもライブゲスト出演という異色のコラボも実現し、ドラマとの“縁”を深めてきた石崎。今夜放送のドラマでは、石崎はアルバイトの書店員でミュージシャンでもある謎の男、日向石雄(ひゅうが・いしお)を演じる。

これまで音楽活動の傍ら、映画『アズミ・ハルコは行方不明』(2016年)、『そらのレストラン』(2019年)、『糸』(2020年)、ドラマ『平成ばしる』(2018年/テレビ朝日)など数々の映像作品に参加し、俳優としても存在感を放ってきたが、今回はミステリー作品に初挑戦となる。

 

石崎ひゅーい (日向石雄役)