そっけない態度を取ってくることが多い男性は、じつは「好きだから緊張して避けてしまっている」場合もあります。

でも「好き避け」なのか、あるいは「嫌い避け」なのかは、なかなか判断ができないかもしれません。

そこで今回は、「好き避け」と「嫌い避け」のちがいを紹介します。

「ふたりきり」のときはやさしい

周囲の人たちに自分の思いを知られたくないという思いから、人前で「好き避け」をしてしまう男性は多いです。

でも、ふたりきりの状態であればそういった心配はなくなるので、べつに無理して避ける必要はありません。

みんなの前ではそっけない態度を取るけど、ふたりきりになったらやさしく接してくれるのは、まさにそういった心理の表れ。

LINEでやり取りをする際には、楽しそうに色々と話してくれるというのも同様の心理状態になっていると考えられますよ。

お願いを聞いてくれる

お願いごとや頼みごとをしたときの反応によって、「好き避け」なのか「嫌い避け」なのかを判断できます。

面倒くさそうな顔をしながらも結局は引き受けてくれるのなら、その男性は本当はあなたに気がある可能性が高いです。

嫌いなのであればはっきりと断ったり、いろいろと理由をつけて断る方向に持っていったりするでしょう。

でも好きな女性から頼られたら、男性は内心ものすごくうれしいはず。「何としてでも助けてあげよう」という思いになるものですよ。

明らかな嫉妬が見られる

男性が自分でも無意識に「好き避け」をしてしまう大きな原因のひとつに、「嫉妬」があります。

ヤキモチをやいて、もやもやする気持ちが抑えきれなくなり、思わず冷たい態度を取ってしまうのです。

でもそれは好きだからこそ起こる感情なので、「嫌い避け」の場合には見られないもの。

あなたがほかの男性と仲良くしていたあとなどにそっけなくなるのなら、その男性はかなりあなたのことを恋愛対象として意識しているのでしょう。

あとでフォローしてくる

「好き避け」というのは文字通り、「好き」という気持ちがあったうえで起こる行動です。

そのため思わず冷たくあしらってしまったあとで、男性は激しく後悔をすることもしばしば。

同時に「嫌われてしまうかも」という不安が大きくなるので、何とかしてフォローをしようと考えるのでしょう。

冷たくしたあとでやさしく接してきたり、妙に褒めてきたりする男性は、実際にはあなたに好意を抱いている可能性が高いですよ。

ただ冷たいだけで終わらないなら…

冷たくされることが多いけれど、ちゃんとやさしくもしてくれる。

そこが「好き避け」と「嫌い避け」の大きなちがいです。

ただ冷たいだけで終わらないのなら、好意が隠されていると考えてもいいでしょう。

(山田周平/ライター

(愛カツ編集部)