田舎north-tail/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

6日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、鳥獣被害対策用ロボットモンスターウルフ」開発会社社長に対する阿川佐和子の発言が物議を醸した。


■鳥獣被害対策ロボットを紹介

番組は農作物を鳥獣から守るために開発された「モンスターウルフ」を紹介。オオカミの形をしたロボットで、鳥獣が20~30メートル圏内に入ると、取り付けられたセンサーが反応し、57種類の音と光を放ち、追い払うもの。

2018年に取り上げられた後、購入した地域も多く、実際に効果を上げる様子がVTRで紹介される。製造元の太田精器・太田社長によると、現在80台設置されているそうで、海外からも問い合わせが来ているのだそう。

最新版では人間の声も撃退に効果があるとして、「どうした、もう終わりか」「コロナウイルスを撃退したい気持ちです」という音声を出す様子も放送された。


関連記事:ビートたけし、菅義偉首相の東京五輪政策に注文 「ちゃんと記者会見に出て」

■阿川が「バカバカしい」

VTRを見た阿川佐和子は「良いね、こういうバカバカしい明るい話題は」とつぶやく。その後、北海道からリモート出演した太田社長は第一声で「こんにちは、あの、バカバカしくてすいません」と笑いながら挨拶をする。

この反応に「あ、どうもすみません。いやいや、そういうことじゃなくて、楽しくていいなって、それで人の役に立っているんですもんね」と阿川は謝罪。

太田社長は出演者から受けた質問に「ウルフの姿を見せただけで動物は逃げるという実験をした」「野生動物は正体のしれない4本足のモジャモジャした動物を天敵とみなすことが、なんとなくわかっている」と、綿密な実験を重ねたうえで製品化したことを力説した。

■社長は笑いながらも…

太田社長はさらにセンサーを利用した自走式の鳥獣被害対策ロボットウルフカムイ」の開発にも言及。「最終的には動物を見ると追いかけていく。究極の獣害撃退になる」と話す。今年度中に試作品を開発する予定なのだという。

阿川はそんな社長に「TVタックルで紹介したということが良かったていう話はあるんですか?」と質問。すると「良い反面、『こんなのバカバカかしい』とか『子供だましだ』って、ネットで散々荒れましたけど、それを乗りこえて、走ること、動くことになりましたら、バカにされないと思います」と笑顔で語る。


■阿川が謝罪

太田社長はさらに「こんなもん効果あるのかとか言われたけど、80台設置して、効果のことでクレームになったことは1件もない。そういった意味で『バカバカしい』と言われてもクレームはない」と胸を張り、「レンタル制度もある」とアピールした。

いわれのない批判を受けながらも熱意を持って製品開発を行っていることを知った阿川は「バカバカしくございませんです。楽しい話をありがとうございました。頑張ってください」と謝罪。ビートたけしも「いいね、明るくて」と称賛した。

■視聴者の反応は…

番組視聴者からは最終的に謝罪したものの、「バカバカしい」と表現した阿川に「言葉のチョイスがひどい」「真剣に製品を開発しているのに、バカにしたような表現をしないでほしい」「失礼すぎるよ」と批判的な声も。

一方で太田社長には「頑張ってほしい」「バカにされてもめげない姿勢が素晴らしい」「ユーモアがあって良い」と称賛の声が上がった。


■社長に応援の声

阿川も蔑視する意図はなかったものと見られるが、「バカバカしい」と言われ続けてきた太田社長は少なからず悔しさを感じていた様子。

それでも笑顔で反論しながら製品の効果と有用性アピールし、自走式ロボット開発中だと話した太田社長。その熱意に応援の声が続出している。

・合わせて読みたい→ビートたけし、菅義偉首相の東京五輪政策に注文 「ちゃんと記者会見に出て」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

『TVタックル』鳥獣対策ロボット製造元社長の対応に称賛 「バカバカしい」と言われるも…