夢のあるニュースが飛び込んできた。

Halo(英)がニューヨークロンドン間に空飛ぶタクシーを運行する計画を公表したのだ。

この空飛ぶタクシーには、Eve開発中のeVTOL(electric Vertical Take-Off and Landing:電動垂直離着陸機)を採用。eVTOLといえば、日本でもSkydriveテトラ・アビエーション、eVTOL JAPANなどが手がけている。

今回は、Eveが開発するeVTOL、そしてHaloの空飛ぶタクシーの構想について紹介したいと思う。
Eveが開発する空飛ぶタクシーeVTOLとは?

Eveは、世界第3位のブラジル航空機メーカーEmbraerからスピンアウトしたeVTOLを開発しているスタートアップ企業だ。

では、EveのeVTOLとはどのようなものだろうか。イメージは発表されているが、まだ開発中の段階で、正直詳細は不明だ。
しかし、以下の動画などを拝見すると次のことが推測できる。

このeVTOLは、「Fly by wire」を採用しているということだ。Fly by wireとは、操縦桿やペダルなどの動きをケーブルや油圧装置を通して補助翼や昇降舵に直接伝達する従来の方式とは異なり、操縦システムを電気的に制御する方式のことだ。

また、修理対応、事故対応、運転教育、定期点検、保険といった車両管理や位置情報、運行支援といった運行管理のフリートマネジメントも独自のノウハウでサービス提供するようだ。

そしてUATM。UATMとは「Urban Air Traffic Management」の略で都市部での空の交通管理のこと。多数機のeVTOLが飛行するなか、事故がないよう交通管理がなされるのだろう。ビルの屋上が離着陸上になるので、一般的な旅客機のように空港などに移動する必要もなく時間削減になると考えられる。

定員は、シート数からおおよそ4名程度が搭乗可能のようだ。その他の詳細なサイズ、重量、電力関連、航続距離、飛行速度などは今のところ不明だ。

Haloの空飛ぶタクシーによるニューヨークロンドン間の運行計画とは?

Haloは、英国のHalo Aviationと米国のAssociated Aircraft Group(AAG)の提携によって設立された企業。ヘリコプターの運営を行なっている。

そんなHaloは、2021年6月1日EveからeVTOL200機を購入するというプレスリリースを発表した。これによって2026年ロンドンニューヨークでエアモビリティサービスを展開する計画なのだ。

Haloは、世界初となる包括的なアーバンエアモビリティシステムの構築を狙っている。

地上では自動車タクシーが運行されているが、類似したかたちでeVTOLタクシーが都市部の上空で運行される、そんな世界だ。

そして、Haloは、ロンドンニューヨーク間の運行のみならず、世界規模へとこのシステムを拡張していくと考えられる。このアーバンエアモビリティシステムはとても重要なワードだ。

実は、都市移動サービス企業のHaloEveのeVTOLという垂直着陸機企業が連携することで、この市場にブレークスルーを起こすことが可能となるだろう。

もちろん、クリアしなければならないeVTOLの技術課題や運行サービスを実現する上での規制面での課題などはあるだろうが、これが実現すれば安全でエコで時間短縮など効率的な運行、旅行が可能となると考えられる。

いかがだっただろうか。

また夢のある話題が出てきた。eVTOLを開発する企業は比較的多く存在するが、アーバンエアモビリティシステムの構築のような運行に力点を置いた企業はそれほど多くない印象だ。

まだ、技術面、法規制の面などでクリアしなければならない課題もあるようだが、空が主要なモビリティフィールドとなる時代に向けた魅力的な話題であると感じる。あと2026年まで5年、どのような未来になっているのか楽しみだ。そして日本では空飛ぶタクシーはどうなっていくだろうか。この動向も注目したい。

齊田興哉 さいだともや 2004年東北大学大学院工学研究科を修了、工学博士。同年、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に入社し、2機の人工衛星プロジェクトチームに配属。2012年日本総合研究所に入社。官公庁、企業向けの宇宙ビジネスのコンサルティングに従事。現在は、コンサルティングと情報発信に注力。書籍に「宇宙ビジネス第三の波」、「図解入門業界研究 最新宇宙ビジネスの動向とカラクリがよ~くわかる本」など。テレビ、新聞、Webサイト、セミナー・講演も多数。 この著者の記事一覧はこちら
(齊田興哉)

画像提供:マイナビニュース