レアル・マドリーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが母国でマクドナルドの広告に登場し、大きな話題を呼んでいる。イギリスSPORTBIBLE』が伝えている。

11日に開幕するユーロ2020にベルギー代表として参加するアザールは、マクドナルドの広告塔の1人となり、2つのハンバーガーを目の前に大きく目を開けながら両手を顔に添える画像がSNSで拡散された。

アザールの大好物はハンバーガーやピザといったジャンクフードであることはこれまでも知られており、マドリー加入以降、長期に渡ってケガで離脱した同選手には、オーバーエイトが度々指摘されていた。

実際、アザール2011年に行われたユーロ2012予選のトルコ代表戦での途中交代後にスタジアムの外に出てハンバーガーを食べているところを目撃され、ベルギー代表から規律違反を理由に出場停止処分を科された前科がある。

また、今年2月には世界的なハンバーガーチェーンバーガーキングスペイン語版公式アカウントアザールをいじるSNS投稿を行い、大反響を生みながらもマドリディスタやベルギー代表ファンなど多くのフットボールファンから同選手への敬意を欠くとの多くの苦情が殺到したこともある。

そうした理由で話題になっているアザールの画像だが、過去にはベルギー代表のチームメイトとともにプロモーションの一環でマクドナルドの1日従業員を務めるなど、ベルギー代表とマクドナルドは何年にも渡って協力関係にあるようだ。



UEFA EURO 2020TM サッカー欧州選手権WOWOWで完全生中継・ライブ配信!
開幕戦「トルコvsイタリア」は無料放送!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像