富士急グループ株式会社ピカ(本社:山梨県富士吉田市)が山中湖畔で運営するグランピングリゾート「PICA山中湖」では、アウトドア体験を通じて子どもたちの学びと成長を応援するPICAグループオリジナル企画「PICAアウトドアファミリーDay in山中湖」を6日間限定で開催いたします。今回のテーマは“食育”です。
【開催日:2021年6月26日(土)・27日(日)・7月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)】

 本イベントでは、富士山や山中湖の豊かな自然の中で常に新たなアウトドアリゾートライフを提案してきた「PICA山中湖」が、4種類のアウトドアクッキングプログラムを通じて食べ物や環境の大切さをお教えします。ご参加のお子さまは、モノを作り出す喜びに触れながら、自然と食品ロスや環境保全に対する意識を高めていただけます。プログラム内容は下記の通りです。
プログラム内容】
1.あそびパン体験
山梨県産野菜を練り込んだカラフルな生地で、自分だけのクラフトパンを作ろう。
2.ダッチベイビー体験
シェフと一緒に新感覚パンケーキ「ダッチベイビー」の盛り付けをしよう。
3.ウッドプランク体験
カットした野菜や肉を木の板に乗せて、シェフと一緒にBBQ体験を楽しもう。
4.ソーセージ腸詰体験
…地元「東屋ミートセンター」による出張ソーセージ腸詰体験にチャレンジしよう。

 さらに場内では、食品ロス削減の取り組みとしてお子さま向けの「もぐもぐチャレンジ」をはじめ、富士山周辺食材を用いたシェフ特製メニュー山梨県フルーツジュレを使ったオリジナルドリンクが味わえる「地産地消フェア」、地元契約農家が育てた新鮮なオーガニック野菜販売など、子どもから大人まで幅広い世代の方々にお楽しみいただける食のコンテンツが目白押しです。なお、「PICA山中湖」から徒歩3分の山中湖遊覧船「白鳥の湖号」でも、野生の白鳥との触れ合いながら富士山や山中湖の知識を深める乗船券付きエコツアーを開催しており、クッキングイベントとあわせてお楽しみいただけます。

 初夏ならではの美しい新緑や清々しく爽やかな気候も、こらからのシーズンの山中湖の醍醐味です。自然豊かな「PICA山中湖」が贈る食育イベントを、ぜひご家族揃ってお楽しみください。


【「PICAアウトドアファミリーDay in山中湖」概要】
アウトドアクッキングプログラム
 4種類のアウトドアクッキングプログラムを通じて食べ物や環境の大切さをお教えします。ご参加のお子さまは、モノを作り出す喜びに触れながら、食品ロスや環境保全に対する意識を高めていただけます。

プログラム内容
1.あそびパン体験
 山梨県産野菜を練り込んだカラフルなパン生地を使って、自由にクラフトパン作りを楽しもう。形成した後はダッチオーブンで焼き上げます。
料金:お子さま1名あたり1,800円(税込)
定員:1回あたり最大6組まで

2.ダッチベイビー体験
 スキレット鍋で新感覚パンケーキ「ダッチベイビー」を作ろう。シェフと一緒にフルーツカットや盛り付けなどの体験ができます。
料金:お子さま1名あたり1,500円(税込)
定員:1回あたり最大6組まで

3.ウッドプランク体験
 カットした野菜や肉を木の板に乗せて調理するウッドプランク体験。鮮やかな見た目はインパクトも抜群。シェフと一緒にBBQ体験を楽しもう。
料金:お子さま1名あたり2,000円(税込)
定員:1回あたり最大6組まで

4.ソーセージ腸詰体験
 地元「東屋ミートセンター」による本格的なソーセージ腸詰体験にチャレンジしよう。出来立てのソーセージはまさに絶品です。
料金:お子さま1名あたり2,000円(税込)
定員:1回あたり最大10組30名様まで

カレンダー(開催日・時間)
<6/26(土)・7/3(土)・7/10(土)>
11:00~ あそびパン体験
12:30~ ソーセージ腸詰体験
15:00~ ダッチベイビー体験
<6/27(日)・7/4(日)・7/11(日)>
11:00~ あそびパン体験
12:30~ ウッドプランク体験
15:00~ ダッチベイビー体験

・場所
FUJIYAMA GARDEN WORKS(フジヤマ ガーデン ワークス
・ご予約
お電話にてご予約を承ります。[PICA山中湖 TEL:0555-62-4155]

<ご予約特典>
 アウトドアクッキングプログラムをご予約いただいたお客様には、山中湖がクジラの形をしていることにちなみ、富士山クジラデザインされたオリジナルグッズプレゼントいたします。[後援:山中湖村観光協会]
※ご予約1名につき1個お渡しします。無くなり次第終了。

■もぐもぐチャレンジ
 残さずに食べることで食品ロス削減に繋げる取り組み「もぐもぐチャレンジ」を、お子さまを対象に実施いたします。美味しいメニューを味わいながら、食材の大切さを学ぶことができます。チャレンジに成功(完食)したお子さまには、記念にオリジナルシールプレゼントいたします。
・場所
FUJIYAMA KITCHEN(フジヤマ キッチン)

地産地消フェア
 場内のレストランおよびカフェでは、富士山周辺食材やオーガニック野菜を用いたシェフ特製メニューや、山梨県フルーツジュレを使ったオリジナルドリンクなど、自然にも体にも優しいメニューをご提供いたします。
<FUJIYAMA KITCHEN(フジヤマ キッチン)>
無農薬野菜のペペロンチーノセット 1,680円(税込)
無農薬野菜と富士ヶ嶺ポークのグリルセット 1,980円(税込)
無農薬野菜と信玄どりのローストセット 1,880円(税込)

<Hammock Cafe(ハンモックカフェ)>
山梨県産シャインマスカットジュレソーダ 600円(税込)
山梨県産ももジュレソーダ 600円(税込)

新鮮野菜アウトドアグッズの販売
 売店では、地元契約農家「ふじやまファーム」が育てた新鮮なオーガニック野菜の販売をはじめ、人気アウトドアメーカー「モンベル」のグッズを集めた特設コーナーも展開しております。ぜひお立ち寄りください。
・場所
フロント前売店

■エコツアー
PICA山中湖>
 人と自然が共存する持続的な暮らし方を提案してきた「PICA山中湖」。PICA山中湖には、富士山の噴火岩を螺旋状に組上げ、高低差を持たせた小さなハーブ園「スパイラルハーブガーデン」 や、建物の屋根面に降った雨を味噌樽に集め、地下に水道管を埋めてガーデンの中にある蛇口から水がでるようなしくみ「雨水タンク」、他にも場内の排水を自然に浄化する「バイオジオフィルター」などの、エネルギーや自然の恵みを循環させて再活用するサスティナブルな仕組みが数多く散りばめられています。この仕組みを、場内の植物や生き物を観察しながら楽しく学べるツアーを行っております。
・料金
無料
・時間
開催日全日 16:00
・定員
1回あたり15名

<山中湖遊覧船「白鳥の湖」>
 富士山や山中湖の歴史、白鳥の生態について学ぶ「白鳥エサやり体験と水上エコツアー」を開催いたします。ハクチョウ博士によるクイズ、野生の白鳥へのエサやり体験、専用ガイド同行の湖上遊覧など特別な体験ができます。なお、イベント期間中は、山中湖の野鳥観察も盛り込んだプレゼント付き特別ツアーを開催いたします。
・料金
大人 1,500円、小人 1,000円(「白鳥の湖」乗船料、エサ代込)
・時間
午前の部 10:30~/午後の部 13:30~(所要時間 約45分)
・受付
ご利用当日、乗船券売り場にてチケットをご購入ください。


<「PICA山中湖」概要>
 富士山の麓、山中湖畔の静かな森の中に佇むグランピングリゾート施設。敷地内には「オーベルジュ」・「ハンモック」・「ドギー」等スタイルに合わせて選べるコテージのほか、富士山麓の恵みを味わえる欧風料理レストラン「FUJIYAMA KITCHEN」、山中湖の風を感じながら地ビールと厳選食材のバーベキューを堪能できる「FUJIYAMA GARDEN WORKS」、森の中でハンモックに揺られながらコーヒーホットドッグを楽しめる「Hammock Cafe」、富士山展望ツリーハウスなど、日帰りでも利用できる施設が揃います。山中湖旭日丘バスターミナルに隣接しており、新宿や東京から直通の高速バスで2時間半とアクセスも抜群。富士山が育む豊かな自然の恵みをゆっくりとご堪能ください。
URLhttps://www.pica-resort.jp/yamanakako/

PICAリゾート
 富士急グループ株式会社ピカは、山梨・静岡・神奈川・埼玉で10施設のキャンプ場を中心に、アウトドア事業を展開しています。「人と人、人と自然のインターフェイスになる」を企業理念に、キャンプアウトドアを通し、自然と接することで日常の暮らしを見直すことができるような場を提供しています。
◆事業地一覧◆
山梨県PICA富士吉田、PICA富士西湖、PICA山中湖、PICA FujiyamaPICA八ヶ岳明野
静岡県PICA富士ぐりんぱ、PICA表富士、PICA初島
神奈川県PICAさがみ湖、ワイルドクッキングガーデン
埼玉県PICA秩父


富士急グループSDGsの取り組み
 「富士急グループは、ESG経営を実践し、事業を通じて社会的な課題を解決することで、地域社会の発展と国際目標「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に取り組んでおり、SDGsビジョンとして「2030年までに、環境目標を『負荷ネットゼロ&貢献』とし、富士山エリアを『リゾートシティ』とする、持続可能な地域社会を実現する」ことを目指しております。
 フードロス削減と食べ物の大切さを実感する今回のようなイベントも、SDGs達成に向けた取り組みの一環として位置づけております。

配信元企業:富士急行株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ