タレントの小林礼奈さんが6月10日、騒動となっているラーメン店「蒙古タンメン中本」が声明および謝罪文を発表したことを受けてブログを更新。文章と音声で当時の状況を説明し、同店へ謝罪しています。

【画像】小林礼奈さんの親子ショット

 小林さんは5日、同店での食事中に座席待ちをしていた一般客から「遅えよ」「早くしろ」と怒声を浴びせられたことをブログで報告。その後、食事の途中にもかかわらず店員から「すいません、次の方たちが待っているので、、、」と退店を促されたことを告白したことで、ネット上では中本の対応を疑問視する声が多くあがっていました。

 これを受けて中本は公式サイトで声明を発表。小林さんが食事をした店舗のカメラ映像を確認した上で、入店から退店までを時系列に沿って詳細に説明しており、“食事の途中で退店させた”という争点については「お声がけしたスタッフは常に厨房にいて、ブログのお客様だけは厨房内から柱があり見えにくいところです。スタッフもこの状況から勘違いしてお声がけしてしまったようです」と店員の勘違いによるものだったことを報告しています。

 中本の報告では続けて、「飲食店で召し上がっている途中のお客様に、『お席の方よろしいですか?』という言葉は本来あり得ません。勘違いをしてお声がけしてしまったことに関しては大変申し訳ございませんでした」と真摯(しんし)に謝罪。その上で、「不特定多数の方から言われている『早くしろ』『遅えよ』『出ていけ』『睨みつけられた』『追い出された』というような言動は中本のスタッフとして一切ございません」と伝言ゲーム的に広まったデマを訂正していました。

 小林さんは当初のブログから、店舗や店員に対してではなく、怒声を浴びせてきた“一般客”に対する憤りを述べたつもりだったようですが、意図せず中本に飛び火してしまった形に。声明を受けて小林さんは、「中本の名前を出してしまい、ご迷惑をおかけしたこと大変お詫び申し上げます」と謝罪しており、音声動画では一般客とのトラブルについてなど当時の状況を説明しています。

 また小林さんは、「心ない言葉を受けたのは お店や店員さんでは決して無く、お客さんです 客同士のトラブルです」と“勘違い”以外に店員の対応に落ち度がなかったことを強調。その勘違いについても、「よく確認してほしかったとその時は思いましたが お忙しかったのも、店内が混み合っていた状態もあったので そんな事をわざわざ聞き返したり、責める気にもなりませんでした」とそもそもとがめるつもりはなかったとしています。

娘&友人と中本で食事をした小林さん(画像は小林礼奈オフィシャルブログから)