6月10日の「ところてんの日」に、農林水産省公式Twitterが投稿したツイートが話題になっています。添付の画像に描かれているのは無数の「ぬぬぬぬぬぬぬ……」。ハジケリストだ! 農水省内にハジケリストがいるぞ!!!!

【まとめ】ネットの反応「この国はもう駄目だ」

 「ところてん」で「ぬ」と言えばもちろん『ボボボーボ・ボーボボ』。メインキャラの一人、「ところ天の助」が持っている「ぬのハンカチ」にちなんだ投稿であることは明らかですが、問題はそこではありません。つまり農水省内にハジケリスト……すなわち「ボーボボファンがいるということ……!

 投稿はたちまち拡散され、現在までに4万回以上リツイートされるなど大きな話題に。さらに「ハジケリスト」「農林水産省」がTwitterのトレンドにも入り、ネットでは「この国はもう駄目だ」「政府の広報をある程度自由に指揮できる権力を持ったハジケリストが存在する国、終わりだろ」など、この国の未来を憂う声が多くみられました。また、びっしり並んだ「ぬ」の中にさりげなく「ね」が混ざっているあたり、「完全に確信犯による犯行」といった指摘も。

 なぜ農水省が突然ハジケたのか、本当に内部にハジケリストがいたのか、真相は定かではありませんが、ともあれ「ところてんの日を盛り上げる「という目的についてはこれ以上ないほど達成したといえるのではないでしょうか。大丈夫かこの国……。

農水省さん何やってるんですか……?