マゾヒストとしての体験を綴ったエッセイ漫画『実録泣くまでボコられて初めて恋に落ちました』(通称『ボコ恋』)で衝撃のデビューを飾ったペス山ポピーさん。最新作『女(じぶん)の体をゆるすまで』も、webマガジン「やわらかスピリッツ」連載時から物議を醸し続けている。先月とうとう全18話の最終回を迎え、来る6月10日更新の番外編の完結をもって幕を閉じる。



ペス山ポピー『女(じぶん)の体をゆるすまで』(画像:webマガジン「やわらかスピリッツ」より)



『女の体…』は、アシスタント時代、漫画家の先生から受けたセクハラをきっかけに、自らの原体験を掘り下げ、性的な差別意識に向き合っていくジェンダー・コミックエッセイ。その生々しい心理描写と冷静な考察が、多くの読者の共感と反響を呼んでいる。


 また、コメント欄が誹謗中傷で荒らされた際に作者と編集部が共同で公式文書を発表し、その真摯かつ誠実な対応にも注目が集まり、話題となった。


 気鋭の漫画家・ペス山ポピー氏に、作品を書くに至った経緯やコメント欄を承認制にした際の心境について語ってもらった。


◆ずっと後遺症みたいな状態で生きていた
――まず、とてもショッキングだったのが『ボコ恋』番外編(2019年10月公開)。本編では「天使ちゃん」と呼ばれ可愛らしい男の子として描かれていた彼氏が、実はモラハラだったとわかります。でもそのことを描こうとすると、自分の中の女性差別的な一面と向き合うことになってしまうから描けなかったと作中で葛藤(かっとう)されていましたよね。それでも描こうと思ったのには、何かきっかけがあったんでしょうか?


ペス山ポピー(以下:ペス山):正直、このセクハラの問題に向き合ったのがきっかけでした。いきなりあの番外編は書けなかったと思います。自分の被害と向き合って、いろんな本を読んで勉強して、やっと描けたというか。
 ずっと後遺症みたいな状態で生きていたので、いつか自分のそういう面とちゃんと向き合わなきゃいけない時が来ると思ってて。セクハラのことを描く前に、この問題を通らなきゃいけないんじゃないかなと。



ウェブで本編に続く番外編が公開されている「実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました。1 (BUNCH COMICS)」新潮社



――番外編前半の公開から、『女の体…』の第一話冒頭でX氏に連絡を取るまで一週間しか空いてないんですよね。この間に何か心境の変化があったんでしょうか。


ペス山:これ(番外編)描いたからもう言っていいやと思って。ちょうどその日、朝からフラッシュバック起こしてウワーッてなってて、すごい腹が立って言わなきゃ!と。勢いで(笑)


――『女の体…』を描き始める前と後とで、ご自分の中で何か変わったことはありますか?


ペス山:『女の体…』を描くって決めてから、カウンセリングに行って治療的なことを始めたりして、本を読んで勉強したり、具体的な行動として変わりましたね。
 それに、(『ボコ恋』で描かれているような)プレイ的なことは全然しなくなっていて。ビデオも見なくなりました。そういう意味では、確かにめっちゃ変わりました(笑)
 私は自分が不健康なのをよくわかってて描いてるんですけど、『ボコ恋』は自分の「症状」そのものだったんだなって思います。『女の体…』は、その「病巣」を描いているという実感はありますね。


◆つらくてもしんどくても真実の方がいい
――X氏が風呂場に来るシーン、漫画なのにVRみたいな臨場感があって、すごく怖かったです。


ペス山:最近『チェルノブイリ』というドラマを見たら、第一話がすごくて。何回も見たんですけど、セクハラシーンでもこんな風に描きたいと思って(笑)



©ペス山ポピー/女(じぶん)の体をゆるすまで



――ペス山さんの漫画の魅力は、巧みな技術はもちろん、赤裸々な内面描写や極めて冷静な自己分析にあると思います。コメント欄でも書かれていましたが、ここまで全部さらけ出してしまって大丈夫なんだろうかとハラハラしている読者も多いのでは。


ペス山:最近できた友だちに「(ペス山さんは)真実ならそれでオッケーです!ってタイプなだけですよね」って言われて気づいたんですが、私はそれが事実なら描いててあんまりしんどくない。「しんどそう」っ言われると、「そう見えるんだ!」って思う。私にとっては、オブラートに包んだ状態の方がたぶん苦しいんですね。よく見えない・事実と違う状態を拠り所にして生きるくらいなら、つらくてもしんどくても真実の方がいい。


 例えば、虐待されたのに「でも(相手は自分を)愛してくれてた」とか「そのおかげで強くなれた」って言うのは、すごい分厚いオブラートだって思う。でもそのオブラートで包んで自分の痛みが見えないと、他人の痛みもわからなくなるし優しくなれない。人が血流して歩いてるのに「麻酔打てば大丈夫だよ!」って言ってしまったり。


◆担当編集チル林さん「裁判で勝てば解決するような問題ではない」



©ペス山ポピー/女(じぶん)の体をゆるすまで



――第5話で、弁護士さんが「訴訟すれば今なら勝てる」と断言したのは、希望の持てるエピソードでした。しかし、担当編集者のチル林さんは「7年前のペス山さんはほぼ助からなかった」と憤ります。とても印象的なシーンでした。


チル林:ペス山さんは革命家みたいなところがあるから(笑)弁護士さんの話を聞いて、個人だけじゃなく社会全体の問題として「(社会通念が)変わってるんだったらよかった」という気持ちを持てたんだと思うんですけど、私は何年前のことであっても、法的に罪であろうとなかろうと、(ペス山さんが)苦しい思いをしたことには変わらないよなという気持ちがあったので、ああいう言葉になりました。


 もっと細かく言うと、弁護士事務所での取材の帰り道小学校が近くて下校途中の子たちがたくさん歩いてたんですね。もしこの子たちが今後性犯罪にあって、その後ずっと苦しむことになったらと考えたら怖くて。その時の発言を、ペス山さんがうまく拾ってくださった。裁判で勝てば解決するような問題ではないと、私自身思っています。


◆「描いてるもののテーマに対して誠実にならなきゃ」コメント欄を承認制に
――前作では「暴力」、今作では「セクハラ」というセンシティブな問題をテーマにされていますが、描く上で何か気をつけていることはありますか。


ペス山:前作では「人を傷つけない」ということを心がけていたんですが、今回は気をつけなきゃことがいっぱいありすぎて…。でもやっぱり、「セカンドレイプみたいな批判がたくさん来たとしても、それに対して日和(ひよ)らない」ということですかね。戦う姿勢みたいなものを常に出していかなきゃいけないな、と思います。


――20年9月、『女の体…』のコメント欄が承認制に移行しました。それ以前はコメントがだいぶ殺伐(さつばつ)としていたようですね。


ペス山:最初のコメント10件くらい読んで、あっこれはメンタルやられちゃう!と思って自分の漫画のページなのにブロックしました(笑)


――読者に断りなく承認制にしてもよかったのに、はっきりと「セカンドレイプは許さない」という姿勢を表明したのが、非常にかっこよかったです。


ペス山:承認制にする時に、声明を出すか出さないかでチル林さんと相談して、やっぱり絶対出したいと思って。自分がもしこの漫画を読んでいたら、その表明によってきっと勇気をもらえると思うし、過去の自分への戒めにもなる。描いてるもののテーマに対して、誠実にならなきゃ、と。


チル林承認制についてのコメントは、出してよかったと思います。漫画編集者として、15年くらいやってるんですけど、批判でも絶賛でも、基本的にどんな意見もありがたいんです。だから、承認制にするしないのラインですごく悩んだ時期があって。でも、本当に心ないコメントが多くて、周りからも「あのコメント欄ひどいんじゃない?」って言われたり。


「ほんとにつらくなったら、コメント欄を閉じたり承認制にしたりしましょう」と提案したら、ペス山さんに「つらいかどうかっていうより、漫画の内容として絶対に許さないっていう姿勢の方がいいと思う」って言われて、正しい判断だなと思えたんですよね。


ペス山:漫画の中で、いくら自分の意識が変わりました!って言ってても、(セカンドレイプに対して)なあなあな感じだったら「ほんとか?」ってなっちゃうと思うので。



©ペス山ポピー/女(じぶん)の体をゆるすまで




©ペス山ポピー/女(じぶん)の体をゆるすまで



チル林:実は、編集部にはもともとコメント欄を承認制にするシステムがなくて、上司にプレゼンする必要があったんです。そのシステムを導入するのは、ある程度のお金がかかることなので、「コメント欄を無くせばいいんじゃないか」「著者が見なければいいんじゃないか」という意見ももちろんあったんですが、「これは編集部とペス山さんスタンスの表明だから、絶対に承認制にして欲しい」と言ったら、上司がすぐOKと言ってくれて。いい職場だなって(笑)
 わかってもらえなかったらどうしようという気持ちもあったんですが、本当にやってよかったと思います。


ペス山:(チル林さんの)めっちゃいい声明文でしたよね。感動的でした。


チル林:不安だったので、事前に専門家含めかなりいろんな方に見てもらいました(笑) 発表することによって、さらに炎上したり悪い方向に影響してしまうこともあるので。


ペス山:戦うと決めたからには1ミリも間違えちゃいけないって、なかなか理不尽だし厳しい時代ですよね。他の人が一通り戦い終わって楽になった後に生まれたらよかったな(笑)


◆“漫画とコメント欄は常に対で読む”読者の声も
――承認する・しないの判断は、担当編集のチル林さんがされているんですか?


チル林:そうです。以前はひどい言葉遣いの人がいると、応援したり味方したりしてくれる人の言葉まで汚くなっていって、より殺伐としてしまったり。
 今は、自分のつらかった体験を話しても攻撃されない場として受け止めてもらえればと思ってます。傷ついたり嫌な思いをした人たちが安心して読めるようにしたいです。


――現在のコメント欄は、感想だけでなく読者の方たちの体験談や告白があふれ、一種のサロンのような雰囲気ですね。読者の声を含めて一つの作品というか。


チル林:男性の方に「セクハラの被害者は10代20代の女性ってイメージだったけど、書き込みの中にはずっと苦しんできたという50代60代の女性からの意見もあって、今まで全然知らなかった世界がこのコメント欄にある。だから、漫画とコメント欄は常に対で読んでる」と言われて、作品とコメント欄を通して知ってもらえるのもよかったなと。


◆会話の全てが「マウント」と「笑い」
――ペス山さんの作品は、加害者側の生きづらさにも目を向けていて、視線が優しいし細やかであると思いました。


ペス山:加害者のことをすごく考えちゃうのは、私自身が加害者的なマインドをすごく持っているからなんです。高校時代、毎日痴漢にあっていた友達に心ないことを言ってしまったり。以前、ツイッターで「(セクハラされるってことは)美人なんじゃないですか?」って、まるでこちらの見た目のせいであるかのようなことを言われたんですが、本質的に同じことを高校の時自分も言ってるんですよね。正直、「そういう目にあいたくないなら、女らしい格好しなきゃいいのに」って思ってたんですよ。


 ずっと男性同士のホモソーシャル価値観の中で生きてると、そういう反応が生まれるんですよね。共感とか、かっこ悪いと思ってる。
 小中学校で男友達と話してていつも思うのは、会話の全てが「マウント」と「笑い」なんですね。笑いでオブラートに包んだマウントでしかない。つらいこと・悲しいことがあると背中バンバン叩いて終わり。会話しない、する方法を学んでない。そういう機会がないし、会話しようとすると女々しいことだと思われてしまう。その状態のままずっと生きてくってなかなか難しいですよね。私には、だいたいの男の人が麻酔中毒に見えてます(笑)


 女性の扱われ方や有害な男性性といった問題に、個人が丁寧に向き合っていくべきだし、その助けになるような社会通念が形成されるべきだと。そのためには、被害者が絶対に黙っちゃいけないと思っています。
===========
 読者からの反響の大きさに応え、7月30日『女(じぶん)の体をゆるすまで』上下巻 同時発売が決定した。


「女(じぶん)の体を破壊したい」という衝動をありのまま描いた前作『ボコ恋』。彼氏のモラハラを通して、自らの女性差別的な一面に気づく『ボコ恋』番外編。そして、その衝動や差別意識を持つに至る原因を掘り下げ、鋭く考察していく『女(じぶん)の体をゆるすまで』。


「男らしさ」「女らしさ」の呪縛や抑圧をなくしていこうとする大きな流れの中で、これらの作品は、今苦しんでいる人たちだけでなく後に続く人たちにも勇気を与えるはずである。


 ファイティングポーズを崩さない漫画家・ペス山ポピーの戦いの記録を、その目で確かめていただきたい。


<文/藍川じゅん


【藍川じゅんフリーライターハンドルネーム永田王アダルトサイトにてコラム「鬼性欲ブスのOCCC道場」を連載中。著作は『大好きだって言ってんじゃん』(メディアファクトリー)、電子書籍『女の性欲解消日記』(KADOKAWA



©ペス山ポピー/女(じぶん)の体をゆるすまで