もしも売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら?

しかも、その顔を"キャラクター“化して漫画を描いて売れてしまったとしたら??

そんなアイデアを基軸に、登場人物(キャラクター)それぞれが幾重にも交錯する物語を描いたダークエンターテインメント・映画『キャラクター』が2021年6月11日より全国公開!

今回は初日舞台挨拶の様子とあわせて紹介していきます☆

 

映画『キャラクター』

 

 

公開日:2021年6月11日(金)

キャスト菅田将暉FukaseSEKAI NO OWARI)、高畑充希中村獅童小栗旬

スタッフ:原案・脚本:長崎尚志、監督:永井聡

配給:東宝

 

映画『キャラクター』集合

 

もしも売れない漫画家が殺人犯の顔を見てしまったら?

しかも、その顔を"キャラクター“化して漫画を描いて売れてしまったとしたら??

そんなアイデアを基軸に、登場人物(キャラクター)それぞれが幾重にも交錯する物語を描いたダークエンターテインメント・映画『キャラクター

20世紀少年」ほか浦沢直樹作品を数多く手掛けてきたストーリー共同制作者・長崎尚志さんが10年の歳月をかけて練り上げた企画がついに実写映画化!

主人公・山城圭吾(やましろけいご)を演じるのは、若手屈指の演技派俳優として活躍が目覚しい菅田将暉さん。

人の悪を描けず苦悩する才能のない漫画家が、殺人事件の犯人と出会ったことで運命に翻弄されていく姿を、確かな演技力で繊細に演じます。

そして山城と出会い運命を狂わす天才的な殺人鬼・両角(もろずみ)を演じるのは、本作が俳優デビューとなるSEKAI NO OWARIボーカルFukaseさん。

アーティストとして多くの人を魅了してきた彼が俳優として、全てが謎に包まれる両角を、独特の存在感と美しさで熱演します。

さらには、小栗旬さん、高畑充希さん、中村獅童さんと超豪華キャストが集結し、全編クライマックス級の息もつかせぬ怒涛のストーリーが展開される注目作です。

 

映画『キャラクター』初日舞台挨拶

 

映画『キャラクター』初日舞台挨拶

 

登壇者(敬称略):菅田将暉Fukase(SEKAI NO OWARI)、高畑充希中村獅童小栗旬、永井聡(監督)

 

菅田将暉さん

 

映画公開初日となる2021年6月11日、映画『キャラクター』初日舞台挨拶が行われました。

イベントに登壇したのは、菅田将暉さん、

 

Fukaseさん

 

Fukaseさん、

 

高畑充希さん

 

高畑充希さん、

 

中村獅童さん

 

中村獅童さん、

 

小栗旬さん

 

小栗旬さん、

 

永井聡監督

 

永井聡監督。

誰も知らないオリジナルストーリーで展開される映画『キャラクター

永井聡監督は、「フジテレビの映画なのに、この迫力で本当に大丈夫なの?って何度も確認しました」と製作にあたっての裏話を明かします。

 

菅田将暉さん2

 

トークセッションでは、『実は私・・・○○キャラ』ということで、それぞれ自分の隠れた本性をアピール

菅田将暉さんは「汁キャラ

とにかく汗っかきだと公言する菅田さん。

撮影中には汗や涙など、いろんな“汁”にまみれていたと笑いながら話してくださいました。

 

Fukaseさん2

 

Fukaseさんは「ひょうきんキャラ

劇中では殺人鬼を演じたFukaseさん。

普段から根暗なイメージをもたれがちとのことですが、実はかなりひょうきんなキャラクターだと明かします。

高畑さんも、「Fukaseさんは話しやすくて楽しい現場でした」と振り返ります。

 

高畑充希さん2

 

高畑充希さんは「路線バス好きキャラ

お仕事に向かう際や休日など、路線バスを乗る際には車窓を眺めるのが最近のお気に入りなんだそう。

 

中村獅童さん2

 

中村獅童さんは「ネコキャラ

「ネコのように、『かわいいね』って褒められながら伸ばしてほしい!」と強烈なキャラクターアピール

会場を巻き込み、大きな笑いに包まれました。

 

小栗旬さん

 

小栗旬さんは「人見知りキャラ

初対面の人とはなかなかなじめない、視線を合わせることができない、と意外な一面を明かします。

 

映画『キャラクター』ストーリー

 

複写(トレース)された『絶対悪』。二人の共作、それは連続殺人事件ーー

漫画家として売れることを夢見る山城圭吾(菅田将暉)は、高い画力があるにも関わらず、リアルな悪役キャラクターを描くことができず、万年アシスタント生活を送っていた。

ある日、スケッチに出かけた先で惨殺事件に遭遇、しかも犯人を目撃してしまう。

事件の第一発見者となった山城は、警察の取り調べに対して「犯人の顔は見ていない」と嘘をつく。

それどころか自分だけが知っている犯人を基に殺人鬼主人公ダガー”を生み出し、サスペンス漫画「34(さんじゅうし)」を描き始めたところ、漫画は異例の大ヒット

瞬く間に売れっ子漫画家となった山城は、恋人の夏美(高畑充希)とも結婚し、順風満帆な生活を手に入れた。

しかし、「34」を模したような事件が続き、刑事の清田俊介(小栗旬)や真壁孝太(中村獅童)から目をつけられる山城。

そんな中、一人の男が山城の前に姿を現した。「両角(もろずみ)って言います。先生が描いたものも、リアルに再現しておきましたから。」

交わってしまった二人。

山城を待ち受ける“結末”とは?

 

登場人物(キャラクター)それぞれが幾重にも交錯する物語を描いたダークエンターテインメント・映画『キャラクター

2021年6月11日より公開です。

©2021 映画「キャラクター製作委員会

Copyright © 2021 Dtimes All Rights Reserved.

映画『キャラクター』集合