「ええやんけ、ええやんけ!」山奥の“別邸”で50代社長は16歳の少女を弄んだ《別の被害者が涙の告発》 から続く

 今年3月より大阪地方裁判所某支部で行われている刑事裁判大阪府郊外の町で金属部品加工の工場を営むヤマモトシュウジ被告(50代・仮名)は、自身が経営する町工場の従業員で愛人だったA子さん(40代)の娘であるB子ちゃんに対して、「強制わいせつ」「強制性交」を犯した罪に問われている。検察は、B子ちゃんが小学3年生の頃から性暴力の被害に遭い、自殺を考えるほど追い込まれていたと指摘した。だが、ヤマモト被告は逮捕当時から容疑を否認。B子ちゃんが訴えた性被害も「作り話だ」と供述しているという。

 6月2日に開かれた第4回公判では、B子ちゃんが証言台に立ち、ヤマモト被告から受けた3件の性被害について訴えた(#2)。その日の午後、母親のA子さんも証言し、「(ヤマモト被告が)罪を認めないのは、自分のプライドとか立場を守るためだと思う」などと涙ながらに訴えた(#3)。

※この裁判では被告人名から被害者が特定される可能性があるため、被害者を保護する観点から「被告人名秘匿」の措置がとられています。本稿でも被害児童の特定を避けるため被告を匿名とすることにしました。

初めてB子ちゃんに会ったのは、幼稚園年少くらいのころ

 6月9日午前10時から開かれた第6回公判では、ヤマモト被告に対する被告人質問が行われた。6月7日に弁護人からの要求が裁判所に受理され、ヤマモト被告は保釈された。保釈から2日経ったこの日、ヤマモト被告は金縁のメガネに白ジャケット姿で法廷に立った。

 ヤマモト被告の弁護人が質問を始める。弁護人はB子ちゃんとヤマモト被告との関係性について聞いた。

「初めてあなたとB子さんが会った時、B子さんは何歳でしたか?」(弁護人)

幼稚園年少さんくらいだったかな」(ヤマモト被告)

「初めて会われた時は、B子さんの実のお父さんもまだ生きていらっしゃって、B子さんの家族とあなたと一緒にバーベキューに行っていたりしていたということでいいですか?」(弁護人)

「はい」(ヤマモト被告)

「当時あなたはB子さんからどのように呼ばれていましたか」(弁護人)

「『××(地名)のおっちゃん』って呼ばれてました」(ヤマモト被告)

「B子ちゃんを性的な対象としてみたことはない」と証言

「その後にB子さんの実のお父さん交通事故で亡くなられて、あなたはB子さんのお母さんと交際をすることになったという事ですね」(弁護人)

「はい」(ヤマモト被告)

 弁護人からの質問に短くヤマモト被告が答える形で質問は続き、ヤマモト被告は「お父さんを亡くして不安そうな様子でした」「私にできることがあればしてあげようと思いました」「お父さん代わりになろうと思いました」などと続けた。

 さらにヤマモト被告は、B子ちゃんの小学校運動会授業参観にも参加したと証言。週末は決まって、母親のA子さんとB子ちゃん、B子ちゃんの弟らと一緒に過ごしてきたと語った。「B子さんを性的な対象として見たことはありますか?」という問いには即座に「ありません」と語気を強めて答えた。

「暴力を振るったのは1度しかない。お尻を3回叩いた」

 ヤマモト被告がC子さんから譲り受けた山奥にある“別邸”では、B子ちゃんの情操教育のため、セントバーナードを3匹、小型犬を4匹飼っていたという。夕食は決まってヤマモト被告がつくり、B子ちゃんが小食だったことから、ご飯をよく食べるよう促してもいたとも述べた。B子ちゃんはヤマモト被告のことを「チッチ」と呼び、懐いていたが、「やっぱり所詮他人なので、見えない線があるような感じですね」とヤマモト被告は証言した。

 また、「B子はよく嘘をついていたので、それをたしなめるっていうことがあった」「数えきれないくらい、つかんでもいいようなこと(嘘)は多々あります」「母から頼まれていた用事(洗濯物を取り入れる、お米を研ぐなど)をしていないのに『した』ということはよくあった」「母親はB子が嘘をつくと、まず言葉で『死ね』『消えろ』など怒鳴って、叩いたり、足で蹴とばしていました」とヤマモト被告は答えた。

 #2で報じたB子ちゃんの法廷証言や#3で報じたA子さんの法廷証言によると、「ヤマモト被告はB子ちゃんに日常的に暴力を振るっていた」とされたが、ヤマモト被告は、「(暴力を)振るったのは1度しかない」「B子が外食に行った時に食事を残したのに『食べた』と嘘をついた(から叩いた)」「(家に帰ってから)お尻を3回叩いた」「A子から『叩いたったらええ』と言われた」と反論した。

3つのわいせつ事件全てを否定する証言を行った

 これまでの公判で、検察側はヤマモト被告が所有する和歌山の別荘と大阪の“別邸”、そして沖縄旅行で泊まった高級ホテルで、ヤマモト被告がB子ちゃんに対してわいせつ行為を行ったと主張してきた。だが、ヤマモト被告はこれら3つの事件全てを否定する証言を行った。

 ヤマモト被告はまず和歌山の別荘で起きた事件について証言した。

 当時、B子ちゃんは小学4年生。9月のある土曜日のお昼ごろ、B子ちゃんが別荘にあるジャグジー風呂に1人で入っていたところ、ヤマモト被告が入ってきて脱衣所で口淫をさせられた、とB子ちゃんは4回目の公判で証言している。ヤマモト被告がこの日証言した内容は、以下の通りだ。

〈「別荘に行く曜日は決まっており、金曜日から行って、2泊3日で帰ってきました。ジャグジーは、到着し次第、金曜の夜、土曜日の夜に入りました。朝方から正午にかけて、このジャグジーを使用することはなかったです。ジャグジーをB子1人で使うことは見たことがありません。(ジャグジーについているお湯焚き機能は複雑でB子は)使えないと思う。また、ジャグジーには蜘蛛、ムカデがよく出たから、B子は虫を怖がって1人で入れなかった」(ヤマモト被告の証言要旨)〉

 さらに、被告弁護人は、当時ジャグジー風呂付近のウッドデッキ工事中であったと写真と共に指摘し、B子ちゃんがわいせつ被害を受けたと主張する昼間の時間帯には、工事業者がいた可能性も示唆した。 

沖縄旅行では「4人一緒の部屋で寝たはず」

 続いてヤマモト被告はB子ちゃんが小学校高学年の時に、A子さんら家族と一緒に3泊4日で訪れた沖縄旅行の際に起きた“事件”について証言した。先日行われた第4回公判では、B子ちゃんはこの日に起きた出来事を以下のように証言した。

 ホテル側の計らいで、旅行初日と2日目は部屋が2部屋準備されていたので、ヤマモト被告とA子さん、B子ちゃんと弟がそれぞれ別の部屋に泊まることになった。ヤマモト被告は旅行初日の深夜に部屋を抜け出し、B子ちゃん姉弟が泊まる部屋を訪れ、B子ちゃんにわいせつ行為を行った。

 しかし、ヤマモト被告は、そもそも旅行初日は別々の部屋に泊まったわけではなく、4人一緒の部屋で寝たはずだと証言した。

〈「1泊目は4人で部屋に泊まり、B子と弟と部屋がわかれたのは2泊目でした。(2人の部屋には)ホテルの人に夕方案内してもらいましたが、それ以外では行ってません。3泊目は4人で広い部屋に泊まりました。この沖縄の旅行のとき、ホテルの代金は現地でA子が現金で支払いました。領収書、明細書はもらってるとは思いますが、私は見ていません」(ヤマモト被告の証言要旨)〉

お風呂はB子が入ったあと時間をずらして私が入った

 最後に、被告弁護人が取り上げたのが、2019年3月、B子ちゃんが小学校高学年だった時に大阪の“別邸”で起きたわいせつ事件だ。B子ちゃんは4回目の公判で、その日の夜、ヤマモト被告から体にローションを塗られ、大人のオモチャを使用されたこと、挿入されそうになり必死に抵抗したことなどを証言したが、ヤマモト被告は、この事件についても否定した。

〈「仕事終わりにB子家族3人と合流して外で食事をして、そこからB子を連れ帰ってきました。(別宅に到着してから)犬を庭に離して世話をしました。私は一旦家の中に戻って、お風呂の用意をしました。お風呂はB子が入ったあと時間をずらして私が入りました。リビングで私はテレビを見て、B子は私のタブレットYouTubeを見てました。B子が眠たくなったので私のベッドに寝に行きました。B子が『来て』というので行きました。私もベッドの上に横になって、おやすみとトントンと背中を叩きました。2、3分して、私はリビングに戻って、またテレビを見ていました。ニュースを一通り見て24時くらいまでテレビを見て、それからリビングのコタツで寝ました」(ヤマモト被告の証言要旨)〉

 弁護人はB子ちゃんが寝ていた部屋のコンセントの位置について言及した。ヤマモト被告の寝室のコンセントは他の電化製品の電源として塞がっており、電動式の大人のオモチャを使うのは困難であった可能性を指摘した。

「B子は私の下着を脱がして、私の陰茎を口にいれ…」などと主張

 その後、ヤマモト被告はそもそも「B子ちゃんが性に積極的であった」と主張し始めた。

〈「B子が小学3年生のときにA子さんの家族と一緒に三重県の鳥羽に旅行に行きました。私がベッドで横になっていると、寝てしまって。B子がベッドの中に入ってきた違和感で私は目覚めました。B子は私の下着を脱がして私の陰茎を口にいれていました。私はびっくりして飛び上がって、コラッと叱りました。A子はエステに行っていたからいませんでした。B子の弟は寝ていたと思います。B子にこういうことをされたのはそのときが初めてです。

 

 平成24年12月、京都の夕日ヶ浦温泉に行ったときのことでした。私が寝ていたら同じような感じで、また私の下着を脱がして私の陰茎を口に咥えていました」(ヤマモト被告の証言要旨)〉

 女性検察官は被告を睨みつける。その視線を感じたかどうか、ヤマモト被告は表情を変えることなく証言を続けた。

「自身の自慰行為をみられ、私を排除したがったのだろう」

〈「B子から性的な接触をされたということは他にもありました。(B子が)小学5年生くらいの頃、“別邸”のリビングのコタツで私が寝ていてたら(B子が)横になってきて、私の右腕を掴んで、自分の股間に手を持っていくようにしていました。

 

 B子が自慰行為をしているところを見てしまったこともあります。B子が中学1年のとき、大阪の“別邸”で私とA子、弟と別の場所で犬の世話をしていた時です。私が家の中に取りに行くものがあったので、家に1回入りました。B子はリビングのコタツの中にいました。スカートをめくってパンツの中に右手を入れていました。B子は、私に見られたことに気づき、恥ずかしそうにしていました。私はフォローせなあかんと思い、『大人になれば、みんなすることやからなあ』っていう感じに言葉をかけました。B子は黙っていました」(ヤマモト被告の証言要旨)〉

 ヤマモト被告は、B子ちゃんがわいせつ事件を「でっちあげた」と主張した。その理由として、「自身の自慰行為をみられ、私を排除したかった(からだろう)」と述べた。自身が逮捕されたことについては「全くもって自分の心外なので、迷っております」と語った。こうして被告弁護人によるヤマモト被告への質問は終了し、一時休憩となった。

女子小学生を対象としたアダルトサイトを検索していた

 午後からは検察側の被告人質問が行われた。検察は被告人が否認する3つの事件について、午前中に行われたヤマモト被告の証言の矛盾点をついた。困惑するヤマモト被告だったが、被告弁護人から「答えなくていい」と助言を受けると、以後、ヤマモト被告は、検察側の質問に対して「答えません」「記憶にないです」という言葉が続いた。

 この日、最も法廷がざわついたのは、検察から次の質問が発せられた時だ。

「あなたのタブレットYahoo!アプリインターネットの検索履歴を調べたところ、複数の日にわたって『JSアダルト無料』や『どう見てもJSの少女を羽交い絞めにして電マで連続で中イキさせまくる合法ロリ映像』……他にもいくつかありますが、そういった“JS”つまり“女子小学生”を対象としたアダルトサイトを検索しているようなんですが、これ検索したのはあなたじゃないんですか?」(検察)

「答えません」(ヤマモト被告)

 ヤマモト被告は無表情にそう言い放った。

性被害にあったD子さんは「茶番劇としか思えない」

 午後3時、5時間にも及んだこの日の被告人質問は終了した。#4でヤマモト被告から性被害にあったと証言したD子さんは、この日の裁判も傍聴していた。公判終了後、D子さんは憤りを込めて、取材班にこう語った。

「(今日のヤマモト被告の証言は)茶番劇としか思えない酷い内容でした。B子ちゃんはとても純粋な子ですし、そもそもヤマモト被告から始めてわいせつ行為を受けたのは、まだ小学校3年生だった時ですよ。小3の子がおじさんの性器を自分から欲したなんて、ありえない。真実を語ってほしいです」

 第4回の公判で証言台に立ったA子さんは、最後に「お願いです。裁判長、裁判官、お願いです。娘の痛みを法で裁いてください。お願いします」と訴えていたが、A子さんの悲痛な訴えは、裁判官に届いただろうか。裁判の判決は10月には出る予定だ。

  6月11日(金)21時より放送の「文春オンラインTV」では、担当記者が記事について詳しく解説します。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

ヤマモトシュウジ被告