カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

他の方法では見ることができない生物学的構造を見ることができる量子顕微鏡が開発される

 量子の不思議な作用を利用すれば、これまで見えなかったものが見えてくる。オーストラリアクイーンズランド大学が開発した量子顕微鏡ならば、既存の技術では見ることが難しかった、繊細な生物の構造ですら観察することができるという。

 これにより、さまざまな技術革命への扉が開かれ、ナビゲーションや医療用画像などの分野にも応用できるようになると期待されている。

【量子もつれを利用】

 量子顕微鏡の核にあるのは、かのアインシュタインが「不気味な遠隔作用」と呼んだ「量子もつれ」だ。量子もつれは、複合系の状態がそれを構成する個々の部分系の量子状態の積として表せないときにのみ存在する。

 その真価は、これまでの光に基づく顕微鏡が直面していた難関を乗り越えられることだ。高性能な光学顕微鏡は、太陽の数十億倍もの明るさのレーザーを照射することで対象を観察する。しかし人間の細胞など、生物の体はこれに耐えることができず、すぐにダメになってしまうのだ。

 しかし量子もつれを利用した顕微鏡ならば、細胞を破壊することなく、映像の明瞭さを35%向上させることができる。これまでは不可能だった繊細な生物の構造を観察することができるのだ。

0_e

credit:The University of Queensland

量子もつれの革命

 研究グループワーウィック・ボーウェン教授によると、量子もつれは今、コンピューター・通信・センサーといった分野で革命を起こそうとしているのだという。

 たとえば、これを利用することでハッキング不可能なきわめて安全な通信を実現することができる。またGoogleが数年前に、従来のあらゆるコンピューターを凌駕する超高速演算に成功した。

 こうした革命の最後のピースがセンサーの分野だったとのこと。

 今回の量子顕微鏡の技術は、バイオテクノロジーだけでなく、ナビゲーションや医療用撮像技術まで、さまざまな分野への応用が期待されるとのことだ。

1_e1

credit:The University of Queensland

 この研究は『Nature』(6月9日付)に掲載された。

References:Major Scientific Leap: Quantum Microscope Created That Can See the Impossible/ written by hiroching / edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

サイエンス&テクノロジーの記事をもっと見る

うつ病の治療に笑気ガスが有効であるとする研究結果。うつ症状が緩和されることが判明 - カラパイア

ストレスは遺伝する。マウスの父親は精子を介して子孫にストレス反応を伝えていることが判明 - カラパイア

サイバーセキュリティの新たなる脅威。AIが生成した偽の報告書に専門家も騙される - カラパイア

ウクライナの自動車整備士がコツコツと組み立てたロボット - カラパイア

これまで見ることができなかった生物学的構造を見ることができる量子顕微鏡が開発される