マイクロソフトは、オープンワールド協力型FPSRedfallを発表した。プラットフォームはXbox Series X|S、PC。発売日は2022年夏。発売日初日からXboxゲームパスで遊ぶことができる。また合わせて日本語吹き替えトレーラーが公開された。

 『Redfall』は、オープンワールドで構築されたフィールドを舞台に他のプレイヤーと協力してヴァンパイアと戦うFPS

 舞台はマサチューセッツ州の島にある街、レッドフォール。この町はヴァンパイアの軍団に包囲されており、太陽の光を遮断されて外界から切り離されている。 わずかな生存者と一緒に、町を干からびさせようとする邪悪な敵に立ち向かう。

 本作は多彩なキャラクターの中から自分のヒーローを選び、他の人とグループを組んで、ヴァンパイアハンターチームを結成する。超能力で物体を浮遊させたり、透明人間になることができるキャラクターなどさまざまに用意されており、それらの超能力と武器を駆使しながら戦略的に戦うことが可能だ。

(画像はYouTube「Xbox & Bethesda Games Showcase」より)
(画像はYouTube「Xbox & Bethesda Games Showcase」より)
(画像はYouTube「Xbox & Bethesda Games Showcase」より)
(画像はYouTube「Xbox & Bethesda Games Showcase」より)
(画像はYouTube「Xbox & Bethesda Games Showcase」より)
(画像はYouTube「Xbox & Bethesda Games Showcase」より)

 開発したのはディスオナードシリーズや、PreyなどのArkane Studios。公開されたトレーラーでは、Arkane Studiosらしいデフォルメされたキャラクターが登場、ヴァンパイアと戦う題材ながらも、完全なホラーテイストというよりかは、シリアスながらも明るい雰囲気の中で戦うゲームとわかるものとなっている。

 なおベセスダ・ソフトワークスの日本公式では、日本語吹き替え版のトレーラーも公開されており、日本でも2022年夏に発売するようだ。まだ本作は詳細が不明な点が多く、続報に期待したい。

ベセスダ日本公式Twitterはこちら
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman