活況を呈している韓国株式市場で、6月7日に上場廃止を迎えた会社がある。

JBpressですべての写真や図表を見る

 企業にも栄枯盛衰があり、盛っていくのを見るのは愉快だが、衰えていくのを見るのは哀しいことだ。

 6月7日、80年の歴史を誇る韓国の生活陶磁器会社であるヘンナム社(元ヘンナム磁器)が紆余曲折の末、上場廃止となった。1993年に上場しており、上場から28年目のことだった。

 ヘンナム社は、1942年に創立され、韓国の第1世代生活陶磁器の2大メーカーの一角として名声を保っていた。もう1社は韓国陶磁器社である。

 同社は、1953年に韓国で初めて陶磁器のコーヒーセット生産を始め、1963年には韓国で初めて香港に陶磁器を輸出した。

 1988年ソウル五輪では、陶磁食器類のオフィシャルパートナーに指定され注目された。

 輝かしい20世紀を後に、2010年代になると同社に少し陰りが見えてきた。

 発端は、創業者から4代目を迎え経営承継問題で経営権の紛争が起きたことだ。また、急激に変化した事業環境に対応できなかったということもある。

 同社の主力商品は、嫁入り道具として「ホームセット」と呼ばれる大人数用の食器セットであった。

 しかし、21世紀になって韓国は少子高齢化が急激に進み、結婚しない人も増えた。出生率は1を割り、2019年は0.92となった。

 結婚したとしても子供を産まないか、または産んだとしても1人ぐらいしか産まなくなったからだ。

 さらに、家族が集まった時には外食する機会が増え、ホームセットの需要がかつてほどなくなっていた。

 新型コロナウイルス感染症が広がりで在宅者が多くなっても、ウーバーイーツ(同社は韓国ではサービスを行っていないが類似の出前サービスは多い)のような出前が多くなり、食器に追い風が吹くことはなかった。

 嫁入り道具として食器を買う場合があっても、21世紀になって韓国の若者たちは韓国の陶磁器ではなく、安物であれば中国産を、高い物なら英国産など海外ブランドを選ぶようになった。

 安物の中国産よりは質が良いが、海外ブランドのようなブランド力もなく、インスタ映えのしない韓国産はどんどん売れなくなったのである。

 このように尻しぼみする環境を見て、創業者一族は自分たちで会社を立て直すのは無理と判断したようだ。

 2015年に、保有している株の大半となる発行済み株式の36%を約200億ウォンで売却してしまった。

 オーナーが変わった同社は、陶磁器メーカーとしてではなく、新事業に乗り出した。

 それこそ関係のなさそうな再生可能エネルギー、公演企画、半導体製造、テーマパーク、映画など60以上に及ぶ事業である。

 2000年代までは年間の売上高400億~500ウォン、純利益は20億~30億ウォン(11ウォンは約1円)だった。

 しかし、2020年の連結売上高は、81億ウォン、営業損失と純損失はそれぞれ29億ウォンと43億ウォンと、大幅な売り上げ減・大幅損失を計上した。

 2016年に純損失に転換してから6年続けての赤字経営となっている。

 2015年に経営権は、創業者一族からネット放送配信会社に移り、翌年の2016年には有償増資を通じて筆頭株主がYD通商に変更された。

 また、1年後の2017年には転換社債を発行した資金で、非上場会社の株に投資して大損した。

 詳細を見ると、2017年6月、51億ウォン相当の転換社債を発行し、コマホールディングスという会社が保有するコマトレード株80万株と交換した。

 会社債を渡し現金の代わりに非上場会社の株を受け取ったのだ。

 しかし、コマホールディングスのイ・ジュンソク代表は「城南国際マフィア」疑惑と絡んでいた。

 また、同年10月にも転換社債を発行して調達した46億ウォンでビビマスクという非上場会社の株を買うが、これもまた100ウォンほどの会計上の損失を出して売却する。

 その結果、経営権も投資会社のマークウォンインベストメントに移った。

 2018年には、韓国証券取引所から管理銘柄に指定されたり、メディア事業へ参入するために2019年1月社名を「ヘンナム磁器」から「スタジオ・サマー」に変更した。

 映画製作などで一時的な収益を上げたものの、後が続かなかった。

 そして、派生商品への投資失敗と映画会社月光とサナイピクチャーをカカオエムに売却し、社名をまた「ヘンナム社」に変更した。

 この時事業方向も転換した。

 食品フランチャイズを運営するイヨンエフエヌシーが新しく筆頭株主となり、食品事業を強化することになった。

 2020年、ヘンナム社の売上高の55%が陶磁器製造から、40%ほどは弁当用海苔など調味海苔事業によるものだった。外食産業にも参入したがまだ大きな成果はない。

 何度も社名を変え、その都度、新たな事業へ乗り出してみたものの、結局、上場廃止になるヘンナム社は、見る側を辛くさせる。

 だが、結局のところ、同社が失敗した原因は、巨額の投資損失と無鉄砲な経営のせいだった。

 今回の上場廃止を韓国メディアは比較的大きく取り上げている。その理由の一つには恐らく「日本」がある。

 韓国人は高麗・朝鮮時代に栄えた陶磁器文化が豊臣秀吉の朝鮮侵略の時に、多くの陶工たちが日本へ連れ去られ、彼らが日本の陶磁器文化を開花させたという自負がある。

 ヘンナム社の転落の軌跡を、陶磁器において過去の栄光がかすんでしまった歴史と重ね合わせて悲哀を感じているのかもしれない。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  韓国の若者に広がる「非婚主義」と「4N宣言」の行き着く先

[関連記事]

G7参加で浮き足立つ韓国の文在寅氏に、米英が巧妙な罠

追い詰められた文在寅政権、公権力使って露骨な政敵潰し

陶磁器に対して韓国人には複雑な思いがある