ワニNaluPhoto/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

夜になると生物発光プランクトンが明るく輝くことで有名な、メキシコの観光地を訪れていた双子の姉妹。だが妹がワニに襲われるという悲劇が起きた。緊迫した事故の状況とその後を、イギリスの『The Guardian』や『Daily Record』が報じている。


■自然豊かな人気の観光地

バックパッカーとして今年3月から世界を回り、動物保護団体で働くなどしていたイギリス出身の双子の姉妹ジョージア・ローリーさん(28)とメリッサさん。

2人は8日、メキシコ・オアハカ州プエルト・エスコンディードに近い「マニアルテペック・ラグーン」という大自然恵まれた観光地を訪れた。

ここは、地元の植物やカラフルイグアナオウムなど、さまざまな野生動物と出会えることも人気のスポットだ。


関連記事:「崇められる長老ワニを仕留めてお財布に」 有名トロフィーハンターに批判殺到

■ワニが頭部をくわえ…

ふたりは6日の夜、あるツアーボートを利用してラグーンへ。そこで妹のメリッサさんは泳ぐことにしたが、突然その姿が消え、大きな叫び声が上がった。

ダイバーとして人命救助の経験がある姉のジョージアさんは、あわてて水中へ飛び込んだ。するとワニがメリッサさんを攻撃し、頭部をくわえて水の奥に引きずりこもうとしているのを見て、ワニと格闘になったという。

■獲物にワニも執念

ジョージアさんが殴り続けると、ようやくワニはメリッサさんを解放。意識を失ったメリッサさんをジョージアさんが抱えてボートに乗り込もうとしたが、再びワニが攻撃してきたため、ジョージアさんはさらにワニを殴り続けた。

やっとのことでワニの撃退に成功し、メリッサさんはただちに病院へ運ばれることに。肺に水がたまっており、穴が開いている可能性もあるため、意図的な昏睡状態に置かれ、さらなる治療が続けられるという。


■違法ガイドと判明

地元警察によると、マニアルテペック・ラグーンへの訪問者は、事前に必ずツアーガイドからワニについて警告や説明を受けるという。さらに現場は、推奨されていない遊泳スポットで、周辺には「遊泳禁止」の標識もあった。

ところが姉妹がホステルを通じて予約したツアーガイドは、無免許であるうえ、姉妹に「ワニなんていませんよ」と言っていったことも判明した。ワニと格闘した女性の勇気ある行動に称賛の声があがる一方、ガイドやホステルは責任を問われることになりそうだ。

・合わせて読みたい→46年前に紛失の財布を取り戻した女性が感無量 「まるでタイムカプセルのよう」

(文/しらべぇ編集部・桜田 ルイ

双子の妹を救うため姉がワニと格闘 違法ガイドの「遊泳禁止」無視が招いた事故か