マイクロソフトは、Xbox Series Xを模した小型冷蔵庫Xbox Mini Fridge」の発売を6月14日(月)に発表した。あわせて同製品の最新映像が公開されている

 縦置きの直方体という形状が冷蔵庫に似ていることから、2019年に姿が公開されて以来多くのミームを生んできたXbox Series X。開発元であるマイクロソフトSNSで積極的にこの話題を取り上げ、2020年には同機のデザインを模した冷蔵庫も実際に製作された。当時はプロモーションの一環として限定生産され市販が待ち望まれていた本製品だが、今回は一般向けによりコンパクトな形となって販売される。

(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)
(画像はYouTubeより)

 製品化に至るきっかけとなったのは、2021年Twitter社が開催した各企業のツイートの人気を争う勝ち抜きコンテスト「#BestOfTweets」。マイクロソフトXbox事業のマーケティング部門ゼネラルマネージャーを務めるアーロングリーンバーグ氏は、「1位になったらXbox Series Xの小型冷蔵庫を今年正式に生産します!」アピール。この投稿が1万件以上の「いいね」を集め、Xboxの公式アカウントは並みいる他社のツイートを下し優勝を収めた。

 製品の仕様は明らかになっていないが、映像からは350ミリクラスの缶が約10本は入る構造が伺え、小型サイズながら頼もしい容量を備えている。また、冷却機構にはベースとなるXbox Series Xが搭載する核心技術「Xbox Velocity Architecture」にちなんだXbox Velocity Cooling Architecture」を採用しているとのことだ。

 発売開始は2021年末を予定しており、価格や販売方法は未定となっている。

ライターdashimaru

フリーランスの翻訳者を経て、2021年6月より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らしています。