今回ご紹介する動画はガチ甲冑合戦×伊勢忍者キングダムさんが投稿した『るろうに剣心・双龍閃・ガチ甲冑合戦風にやってみた!』です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

るろうに剣心・双龍閃をガチ甲冑合戦の技術で再現。

るろうに剣心・剣龍巣閃咬・ガチ甲冑合戦の似た技をやってみた

 ガチ甲冑合戦×伊勢忍者キングダムさんは、戦国時代や映画・ゲームに登場する戦闘を再現する動画を公開しています。

 今回再現するのはこちら。『るろうに剣心』の主人公緋村剣心が使用する剣術「飛天御剣流」の技の一つ「双龍閃」です。

 『るろうに剣心』は週刊少年ジャンプ1994年1999年まで連載され、アニメ化・映画化もされた90年代を代表するジャンプ漫画です。

 2021年6月4日には遂にシリーズ最終章となる、映画『るろうに剣心 最終章 The FinalThe Beginning』が公開されました。

 構えます。右側の人の赤い鞘に注目。

 敵との間合いを調整して抜刀します。敵はギリギリでそれをかわします。

 すぐさま左手に持った鞘を敵のひざに一撃させます。

 敵が崩れたところを刀で仕留めます。

 「双龍閃」は実際の剣術の技としても存在しており「鞘使い」と呼ばれているそうです。

 ガチ甲冑合戦×伊勢忍者キングダムさんは他にも「剣龍巣閃咬」に似た技の実演もしています。作品のファンならずとも、無駄のない研ぎ澄まされた古武術の動きを、是非動画で視聴してみてください。

▼動画はこちらから視聴できます

るろうに剣心・剣龍巣閃咬・ガチ甲冑合戦の似た技をやってみた

―あわせて読みたい―

・戦国時代の兵法をガチ研究する武術家に話を聞きに行ったら「セイバー(Fate)の見えない剣が最強」というまさかの展開になった【功朗法総師範:横山雅始インタビュー】

・『鬼滅の刃』ヒノカミ神楽をアクション女優が再現。やってみたら思いっきり実用的な剣技だったことが判明!