ある薬物事件の捜査成功に警察当局が沸いている。

 警視庁6月2日コカインを販売目的で所持したとして、麻薬取締法違反などの容疑でナイジェリア国籍のモデベル・クリス・オー容疑者(54)を現行犯逮捕した。一見よくある密売人の逮捕だが、担当記者はその薬物に注目する。

警視庁の捜査員が六本木のビルの外階段のメーターボックス内に薬物が隠されているのを発見しました。簡易鑑定でコカイン30.5グラムと覚醒剤0.6グラムと判明。押収分全ての末端価格は約1000万円に上ります。警視庁は今回、密売人グループの元締めと見ていたモデベル容疑者を逮捕しましたが、ポイントは現行犯であること。実は、コカイン絡みの事件での現行犯逮捕は8年ぶりです」

 なぜ8年も現行犯逮捕がなかったのか。それは2012~13年にかけて、コカインの誤認逮捕事件が相次ぎ、警察庁が現行犯逮捕を禁じていたからだ。

 8年前と言えば、取り締まりが不十分で危険ドラッグが蔓延していた頃。危険ドラッグの中には、コカインと似た成分の薬物も存在する。警察当局が当時使っていた試薬での簡易鑑定キットではそうした薬物がコカインと間違えて判定され、逮捕後の本鑑定で覆される事例が続いていた。

「その頃は覚醒剤などに比べてコカインの検挙は極端に少ない一方、覚醒剤の簡易鑑定キットは有効だったので、捜査への影響は最小限と警察当局はタカをくくっていました」(同前)

 ところが、想定外の事態が進行する。

コカイン日本人の興味の外と見られていたが……

 それまで日本人の興味の外と見られていたコカインだが、所持や譲渡など国内での検挙事例が急激に増え始めたのだ。

 警察庁の統計によれば、コカインの検挙件数が底を打ったのが、現行犯逮捕が禁じられた13年で97件。その後は増加傾向に転じ、18年には400件を突破。昨年も412件と高止まりしたままだ。

 警察庁コカインの簡易鑑定の改善に取り組み始め、警視庁でもようやく、今月から新試薬による簡易鑑定キットを六本木などの一部地域に限定して導入。現行犯逮捕を解禁したところ、早速の逮捕劇となった。

 捜査関係者が打ち明ける。

コカインに限定していえば、東京五輪の1年延期はプラスだったかもしれない。現行犯逮捕ができなければ、コカインのような粉末を所持している外国人を見つけても、本鑑定を待つ間に帰国されてしまう。海外ではコカインが日本とは桁違いに蔓延しており、海外観光客が急増して簡易キットも使えないとなったらどんな事態になっていたか……」

 簡易鑑定の結果は科学捜査研究所の本鑑定に回された。偽陽性が出ないと確認されれば、秋以降、“新兵器”を都内全域に広げる方向だ。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年6月17日号)

押収された覚醒剤とコカイン(FNNプライムオンラインより)