株式会社TART(本社:東京都品川区、代表取締役:高瀬俊明、以下TART)は、デジタルコミックエージェンシーの株式会社ナンバナイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小林琢磨、以下ナンバナイン)と共に、作品を活用したNFTの販売を開始いたします。また、この売り上げの一部はNPO法人Learning for All に寄付されます。

本キャンペーンでは、『異世界行ったら、すでに妹が魔王として君臨していた話。』(以下、異世界妹)の電子書籍版第一巻の全ページをNFT(Non-Fungible Token / 非代替性トークン)※1 として販売いたします。なお、本キャンペーン名は「異世界妹NFT」とします。

異世界妹NFTの特設サイト
https://isekainft.on.fleek.co

  • キャンペーン詳細

販売対象は、「異世界行ったら、すでに妹が魔王として君臨していた話。【電子版】(1) Kindle版」の表紙・裏表紙含む全100ページです。1ページ毎にNFTとして流通いたします。

通常電子書籍化される画像は、画質が最適化されるために解像度が低くなっております。一方、この電子書籍のNFTとして流通するものは、電子書籍化する前の高解像度デジタル原画を採用しております。

なんとタチキリ部分まで使用しております。(裏表紙のみ電子書籍版と同様の解像度の画像で提供いたしますのご注意ください。)


キャンペーンサイト:https://isekainft.on.fleek.co
販売方法:抽選(抽選に応募いただき、当選者のみがNFTを購入できます)
種類:100ページ
個数:各1点ずつ
価格:0.1 ETH

規格:ERC721
ブロックチェーンEthereum
(なお、購入者は特設サイトより高解像度デジタル原画を参照可能です。)

  • ご購入までの流れ

1. 応募

NFTは抽選により当選者のみに販売されます。購入希望者は抽選にご応募ください。
応募期間:6月15日(火)~6月27日(日)まで
抽選実施及び結果発表:6月28日(月)

2. 購入
当選者にはメールにて当選通知を送付いたします。購入期間内にNFTの購入手続きを実施してください。なお、購入期間が過ぎてしまうと購入できなくなりますので、ご注意ください。購入者にはランダムにNFTが配布されます。
購入期間:6月28日(月)~7月4日(日)

3. 獲得
購入と同時にNFTの配布が行われます。NFTの配布はブロックチェーン上でランダムに実施され、デジタル原画の高画質版をお楽しみいただけます。1ウォレットアドレスに対して1つのNFTが配布されます。

※ 1 NFTとは?
今回活用するNFTとは、あなたがページの保有者であることを証明する唯一無二の代替不可能トークンのこと指します。この証明は破壊することができず、ブロックチェーン上に記録され続けます。また、その証明は、2次流通させることが可能であり、購入を希望する人に売ることができます。なお、本プロジェクトではEthereumというブロックチェーンを活用し、ERC721というフォーマットのNFTを発行しております。


Twitterにて異世界妹NFTに関するツイートをして応援ツイートキャンペーンに参加してくださった方の中から、抽選で100名様にキャンペーントークンプレゼントいたします。このキャンペーントークン異世界妹NFTの売り上げの一部をもらうことができるトークンでもあるので、是非とも異世界妹NFTの拡散にご協力ください。

参加方法:対象の特設サイトにアクセスしていただき、ウォレットを接続の上、決められたフォーマットツイートをしてください。

対象サイト:https://isekainft.on.fleek.co
応募期間:6月15日(火)~6月27日(日)まで
結果発表:6月29日(火)
発表方法:異世界妹NFTの公式Twitterにて発表いたします。( https://twitter.com/isekainft
トークン規格:ERC20
ブロックチェーンEthereum

  • 最新のキャンペーン情報の発信について

本キャンペーンに関する最新情報は公式Twitterより発信されますので、ぜひフォローをお願いいたします。
https://twitter.com/isekainft

  • 寄付について

異世界妹NFTで発生するNFTの売り上げの一部をNPO法人Learning for All に寄付いたします。

このNFTではNFTのマーケットプレイスであるOpenSeaとRaribleの2次売買時の売り上げの一部を受け取れるよう実装されております。また、その売り上げを自動的に寄付対象者に寄付する仕組みも実装されており、結果的にNFTの売り上げに応じた継続的な寄付をNFTによって実現しております。
(なお、本取り組みでは初回売り上げのみを寄付の対象としております。)

これはNFTの製作者による作品を通じた寄付活動のプロセスを簡単にするだけではなく、NFT購入者もその活動に参加できるようになります。結果として、作品と寄付、あるいはクリエイターファンと支援先団体の新しい関係性を構築できると考えております。

Learning for All について

NPO法人Learning for All は「子どもの貧困に、本質的解決を。」というミッションを掲げ、困難を抱える子どもたちへ学習支援と居場所づくりを展開。地域の様々なステークホルダーと協力をしながら「つながり」「学びの環境」「育まれる環境」を整備し、6歳から18歳子どもたちの生活圏に必要なすべての支援・機会がそろう「地域協働型子ども包括支援」の構築を推進しております。そして、その支援モデルを全国へ展開するべく活動しながら、すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、 自分の力で人生を切り拓くことのできる社会の実現を目指しています。

今後のNFTを活用した寄付活動の普及について
NFTを活用した寄付活動は非常に有用であると注目を集めている一方で、寄付先を見つけるのは非常に困難な状況にあります。暗号資産やNFTで寄付の募る仕組みはできても、寄付を受領する側の暗号資産やNFTの管理体制の構築が必要になってきます。今回の寄付先の決定においては、gooddo株式会社株式会社グラコネ代表の藤本様にご協力をいただきました。今後より多くのNPO法人がNFTや暗号資産を活用した寄付の仕組みを利用できるよう、教育の場の提供なども含めて活動してまいります。

株式会社グラコネ 藤本真衣について
MissBitcoinの愛称で国内外で知られ、2011年より国内外でビットコインの普及に邁進。仮想通貨ブロックチェーンソーシャルグッドに役立てる活動を啓蒙している。2020年コロナ禍では、バイナンスチャリティ財団とコラボレーションし、日本円にして約855万円分の仮想通貨での寄付を集め、医療機関、福祉施設等にマスク・医療ガウンを寄付を実施。また2021年4月22日にNFT展示専用メタバースギャラリーCryptoArtTownオープンし、クリプトアートのパイオニアであるKevin Abosch氏・ライゾマティクスの真鍋大度氏の協力を得て日本初のNFTチャリティー「kizunaNFTチャリティープロジェクト」を開催。合計で約300万円コロナ禍で生活にこまる10代をサポートする「認定NPO法人D×P」に寄付。またNFT領域に関しては世界最大級のカンファレンスNon Fungible Tokyoの発起人であり、2021年6月10日・11日に4度目の開催を実現した。

  • 本件に関するお問い合わせ

こちらのメールアドレスまでご連絡ください。 hello@tart.tokyo

2016年11月に創業した、「漫画でひとびとの人生を豊かにする。」をMissionに掲げるデジタルコミックエージェンシー。デジタル配信サービス確定申告代行サービス「no9tax」・ECサポートをはじめ、デジタル領域で活躍する漫画家さんが、個人の活動の幅を広げるためにさまざまな事業でサポートを行っています。
コーポレートサイト: https://no9.co.jp/

代表理事:李炯植
設立  :2014年7月23日
所在地 :東京都新宿区新宿五丁目1番1号ローヤルマンションビル404号室
URL  :https://learningforall.or.jp/

代表       :下垣圭介
設立       :2014年10月1日
所在地      :東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー 27F
事業内容     :社会貢献プラットフォーム「gooddo」の運営
          非営利団体及び非政府組織に対する広報の支援およびコンサルティング
コーポレートサイト:https://gooddo.jp/
運営メディア   :https://gooddo.jp/magazine/

代表       :藤本 真衣

設立       :2014年1月30日
所在地      :東京都渋谷区渋谷2丁目10-15エキスパートオフィス渋谷101
コーポレートサイト:https://gracone.co.jp
運営メディア   :https://kizuna.institute/

代表者  : 高瀬 俊明
設立   : 2019年1月11日
本社所在地: 東京都品川区西五反田2ー24ー4 WESTHILL4F
事業内容 : ソーシャルトークンの発行・運用支援、NFTサービスの開発、ブロックチェーン人材の育成
URL  : https://www.tart.tokyo/

配信元企業:株式会社TART

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ