「人を殺してもへっちゃらで…」無免許“死亡ひき逃げ”ベトナム人は技能実習先でも“問題人物”だった から続く

 前回記事において、私たちは茨城県内で死亡ひき逃げ事件を起こした犯人、チャン・ティ・ホン・ジエウ(30)の過去を追い、彼女がかつて技能実習をおこなっていた岡山県の漁村Z地区に向かった。そこで判明したのは、ジエウ本人は来日当初から問題の多い人物で、後に無責任な事故を引き起こしたことも宜(むべ)なるかな──。という、ある意味シンプルな答えだった。

 しかし、過去に漁村Zから逃亡した技能実習生はジエウだけではない。それどころか、集落で働く50~100人程度の技能実習生のなかからは、毎年のように逃亡者が出ている模様だ。コロナ前の2019年、日本全国で実習生の逃亡率は1.7%だったので、漁村Zにおける毎年1~2人程度の逃亡は確率的には不思議ではないものの、やはり逃げ出す理由は気になる。

 漁村Zの主産業である牡蠣養殖は、技能実習生の仕事のなかでも特に大変だとされる。未明から冷たい海と向き合う水仕事に従事し、さらに収穫した牡蠣の殻を延々とむき続ける(牡蠣打ち)。重労働だが、同じくハードな建設業界などと比べると給料が安いと言われている。

 現場で働く人たちはいったい、何を感じているのか。その実態を探るべく、私たちは日没後に漁村Zを再び訪れ、集落内でこっそり取材を進めることにした──。(全2回の2回目/前編から続く

真っ暗な路地で住居を見つける

「あっ、この家。たぶん実習生寮ですよ」

 すでに私の記事ではおなじみの通訳のTが、家屋のひとつを指差して小声で言った。時刻はまだ午後7時過ぎにもかかわらず、街灯が少ないことから集落全体が真っ暗だ。そのなかで、室内の光が漏れていた家の2階の窓の外に、洗濯物が何着も干されていた。ベトナム人労働者は夜間や雨の日でも外に洗濯物を干しっぱなしにしがちだ。

 玄関先に回ると数台の自転車があった。車なしでは生活できない地域にもかかわらず、大人用の安物の自転車ばかりが出入り口に複数停められている家は、技能実習生の寮である可能性が非常に高い。日本国内でマイカーを持つ技能実習生はほぼいないからだ。

 突撃を決める。ひとまずインターホンを押したところ、ビンゴだった。屋内からフォーの匂いが流れ出すとともに、玄関先に引っ掛けられたノンラー(ベトナム式の笠帽子)をバックにして部屋着姿の若い女性2人が顔を出したのだ。もっとも、さすがに女子寮に上がり込むわけにはいかないので、自分たちの訪問目的を明かして玄関先で軽く話を聞く。

「私たちの仕事? きついし、しんどいよ。女の子は海に出なくていいだけマシだけど、忙しいときは深夜1時から働く。社長は厳しい人。この2年半、集落の外にはほとんど出ていない。さすがに、いろいろリスクもあるから逃げる気はないけれど……」

 夜中にいきなり訪問した初対面の相手にもかかわらず、ハードな事情を気軽に喋ってくれた。ベトナム語が通じる外部の人間が珍しかったのかもしれない。彼女たちから男子寮の場所を教えてもらってから、私たちは再び声を殺して、夜の闇のなかで眠りこける集落の路地をひたひたと進んだ。

月収7万円、学べることは「ない」

「こんなはずじゃなかった。自分たちの運命は受け入れているけれど、もちろん不満がある。たとえアンタたちが記者でも警察でも、なんでも喋ってやるぜ」

 間もなく男子寮を見つけたので、玄関先に出てきたベトナム人男性の目の前に12缶セット缶ビール350ml)を問答無用で突きつけて家に上がりこんだところ、乾杯もそこそこに口を開きはじめた。

 彼らが暮らす男子寮は、かつて経営者の親族の自宅だったようだが、建物の劣化が激しく、異臭や汚損がひどい。私がこれまでの取材で見た、実習先を逃亡した不法滞在者(ボドイ)たちが集まり住んでいる家と、環境はほとんど変わらないように見えた。

 私が話を聞いたのはベトナム中部出身の20~30代の男性数人である。以下、個人特定を避けるために、3人を「V」(Vietnam)という名前の人格に統合して対談形式で書いていくことにしよう。

──まずはお決まりの話から。出国前の借金はもう返せましたか?

V: まだだ。3人とも出国前に100万円ほど借金を作っているんだが、1年半は借金を返すだけで精一杯。牡蠣打ちの仕事は、繁忙期の冬は早朝から冷たい海に入ってキツいけれど、月18万円くらいもらえるからまだいい。だが、牡蠣を育てる夏の時期は1日5時間くらいしか仕事がなくて、月7万円なんて場合もある。カネを稼ぐために日本に来たはずなのに、これじゃあ貯まらないよ。

──日本に来る前はなにの仕事をしていたんです?

V: 水産とは無関係な仕事をしていたやつが多い。俺は漁業関係だったけれどな。とはいえ、牡蠣打ちの『技能』がベトナムで役に立つとは思っていない。ベトナムでも牡蠣は食べるが、水質も違うし、養殖の方法も違うだろう。ここで学んで得られることは何もない

ベトナムよりも「暮らしが悪い」

 話はさらに漁村Zについても及んだ。後述するように、この集落は決して悪いばかりの場所ではなく、日本人(すくなくとも地域の住民)であれば郷愁や居心地のよさを感じる人もいると思われる。ただ、異国から来た労働者の目にも同じように映るかは別の問題だ。

──買い物はどうしているんですか。

V: 月に1~2回、社長がスーパーに連れて行ってくれる。新鮮な果物を買ってきてもすぐに腐って、次回のスーパー行きまで果物なしになるのがつらい。あと、酒もあまり買えないから、同僚とパーティーなんかもあまりできないな。

──新鮮な果物がない、あまり酒を飲めない、仲間とパーティーができない、というのはベトナム人の若い人にはしんどいですね。なにより、スーパーで買い物をするときも社長同伴では、気晴らしができない。

V: ここはベトナムよりも暮らしが悪い場所だよ。ベトナムなら小さな集落でも売店や食堂くらいはあるのに、ここにはなにもないんだ。

この集落から逃げる方法はない

──この家(=技能実習生寮)と、みなさんのベトナムの自宅の環境を比較するとどうですか。

V: 家賃は非常に安いけれど、すべての面でベトナムより劣っている。狭いし、汚い。夏にここの2階の寝室にあがってみろ。クーラーがないから暑くて死にそうだ。社長にお願いしてもつけてくれない。いまどきのベトナムの家なら、普通はクーラーぐらいある。

──ほかに文化のギャップを感じることはありますか?

V: 日本人は怒るの大好き。人前でどなりつける。雇われている身だから受け入れるしかないのは理解してるが、恥をかかされると腹が立つ。怒られるのが嫌で逃げるやつが出ても驚かないね。

──あなたたちは逃亡を考えたことはないんですか?

V: 一応は“ない”。仕事が終わる時間には集落外に出るバスがないことが多いし、タクシーを呼ぶことも難しい。いまはコロナで仕事がないからどっちにしても逃げないんだが、仮に逃げたいと考えても、この集落から簡単に出る方法はない。アンタが雇ってくれるなら大喜びで着いていくが、俺たちをここから連れ出してくれないか?(笑)

江田島牡蠣打ち8人殺傷事件の衝撃

 このあたりで、話の時間を日中に戻そう。茨城県内で死亡ひき逃げ事件を起こした元技能実習生・ジエウの過去の勤務先である牡蠣養殖業者・A水産(前回記事参照)でのことだ。

 私の取材に応じた社長のA氏は、雑談にも気軽に応じてくれた。現在、牡蠣打ちの労働環境は以前と比べれば良くなっているとされる。

「昔は実習生を1日中怒鳴りつけとるような会社もあったけど、広島の例の事件からはだいぶ減ったように思うね。あの当時はわしらも、会社側がどんだけの無茶苦茶をやったらあんな事件がおきるんじゃ、常識外れの話じゃ思うたけれども……」

 広島の「例の事件」とは、2013年3月14日広島県江田島市の牡蠣養殖業者で中国人技能実習生の陳双喜(当時30歳)が暴れ、勤務先の社長ら2人を殺害、さらに6人を負傷させた事件のことだ。ちなみに同事件は、現在は中国の某国営メディアに勤務する女性記者が早稲田大学大学院ジャーナリズムコースに留学中に詳しく調べており、修了作品としてルポ(非公開)を書いている。

 私がこの女性記者から直接得た情報では、江田島事件の実態は、もともと重度の精神疾患を抱えていた可能性が高い陳が、妻の不倫などにより精神状態を悪化させて暴走したものだったらしい(ただし裁判では陳の精神疾患は論点とされなかった)。

 低賃金や閉鎖的な労働環境などの牡蠣打ち技能実習生の労働問題と、大量殺傷行為との因果関係も、まったくゼロではなかっただろう。とはいえ、主たる原因とはいえなかった。

中国人は「大使館に連絡する」と脅してくる

 ただ、自然環境や業務形態が類似している瀬戸内海の同業者に起きた事件が、漁村Zの住民たちに与えた衝撃は大きかった。特に中国人の技能実習生については、事件に加えて日中間の経済格差の縮小や労働者の権利意識の向上もあり、雇用側から見れば使いづらくなった。

「一昨年前にいた中国人実習生は、日本でなあんもせんでも月に15万円もらえると、中国国内のブローカーに言われとったらしい。事件以来、牡蠣打ちは中国で評判が悪うなったから、騙されて連れてこられたような子やら、精神的に不安定な子も多い。江田島みたいになったら怖いと思うよ」

 ちなみに、江田島で事件を起こした陳双喜は事件の直前、「テレビが自分の悪口を言っている」という妄想にさいなまれていたとされる。いまや技能実習生になる中国人は、40代以上の比較的貧しい層の人たちでなければ、若者の場合は中国国内で職が見つからないような人材ばかりだ。

「そういう若い子の場合、日本に来てから、不当な扱いを受けてます言うて『中国大使館に連絡する』と騒ぐ。いっぽうで(技能実習生を送り込む)監理団体も技能実習機構も、なあんもしてくれん。困る」

 ゆえに、昨今の中国人と比べれば重労働や低賃金であっても文句を言わない、ベトナム人の技能実習生が多く雇用されるようになった。それが、ここ5年ほどの流れだ。

エモい青春アニメ的風景と『蟹工船』労働

 ひどい話のようにも思えるが、たとえば漁村Zでとれた牡蠣は、日本人なら誰もが名前を知っている大手スーパーの店頭にも並んでいる。私たちが惣菜コーナーの特売でカキフライを買って安く食べられるのは、もとはA水産のような会社でおこなわれている牡蠣打ち労働のおかげである。

 なお、漁村Zの地名と同音の姓を名乗る氏族は、鎌倉時代の記録にも見える。集落は非常に古い歴史を持つ土地なのだ。いっぽう、地理環境としては非常に閉鎖的と言わざるを得ない場所にもかかわらず、取材の際は漁協の関係者やA氏夫妻ほか、いい意味で田舎っぽい親切さを感じさせる人が多く、好感が持てた。

 加えて瀬戸内海の景色は風光明媚なことこの上ない。思わず頭のなかで「いい日旅立ち」が流れ出しそうな、もしくは新海誠の青春アニメ映画の舞台に選ばれそうな──。つまり、私たちの心を打つ古き良き美しい日本がここに存在していることも確かであった。

 漁村Zで取材をおこなっていると、実習生も雇用側もすべてがどこかに根深い構造的問題を抱えている気がする。だが、絶対的に「悪い」人間などは(死亡ひき逃げ事件を起こしたジエウ以外は)どこにも存在しない。

 息を呑む絶景と素朴で優しい人たち、そして美味しい食材。これらの最も美しきものたちと同時に並行して、ベトナム人技能実習生が織りなす『蟹工船』のストーリーが展開している。令和の日本のプロレタリア文学は、なんともシュールでナンセンスなのである。

(安田 峰俊)

自転車に乗り退勤するベトナム人技能実習生。どう見てもベトナム国内のハロンやハイフォンの町外れにしか見えないが、岡山県である。撮影:郡山総一郎