(画像はNina提供)

Twitterで、この「オオクワガタ」が話題になっている。

もうすでに、昆虫採集の季節が?!......と思いきや、実はこれは本物ではない。

こうして使うのだ。

その名も「オオクワガタのイヤリング」。

生き物モチーフにした手作りアクセサリーを製作・販売するブランドNina(ニナ)」から販売中のアイテムだ。

オオクワガタの最大の特長であるハサミ状のアゴを活かした、まるで耳を挟まれているかのようなデザインは、身に着ければ注目を集めること間違いなし。

この個性的なアクセサリーは、Ninaの公式ツイッター2021年6月10日に紹介され、その約20分後には初回分が完売した、とアナウンスされるほどの人気ぶりである。

Jタウンネット記者は14日、オオクワガタのイヤリングを製作・販売するNinaを取材した。

手作りで1日に最低20匹を製作

ハサミ部分の先端はもちろん尖っていないのでご安心を(画像はNina提供)
「オオクワガタの顎の形がイヤリングにちょうどよかったのと、そのいきものの特徴を濃く出したアクセサリーの結果今回のデザインになりました」

取材に応じた、Ninaアクセサリー作家であるYUMA ODAさん(以下、「小田さん」)は、今回のデザインを思いついたきっかけをこう語った。

作品はもちろん、すべて手作りNinaオンラインストアには、カエルツバメ、カワセミ、モモンガなど非常に多種多様ないきものたちのアクセサリーが並ぶ。

オオクワガタのイヤリングの場合、1日に最低20匹は作れると言う。

小田さんによると、カワセミなど鮮やかな「いきもの」をモチーフにした作品のほうが目を引くため、今回のような黒い昆虫のアクセサリーが人気を集めるのは本来難しいそうだ。

「10年間アクセサリーを作ってきてようやく虫で大きな反響を呼ぶ事ができて嬉しいです」

と、コメントした。

Ninaの公式ツイッターによる

「オオクワガタに耳を挟まれよう!! オオクワガタは黒いダイヤとも称される人気の昆虫です。そんな黒いダイヤで耳を彩りましょう」

と、商品を説明するツイートに、リプライ欄では

「めっちゃビックリするってーーーw」
「去年クワガタくんを飼っていたので、思わず目をひかれてしまい注文させていただきました!楽しみです」
「これ着けた女の子いたら惚れちゃう」
「コクワガタに指を挟まれた日のことを思い出しました。オオクワガタ、素敵ですね」

など、興味を持った人たちの声が次々に寄せられている。

「黒いダイヤ」のようなオオクワガタを耳に挟んでみたい人は、現在予約を受け付け中なので、チェックしてみては。

「オオクワガタに耳を挟まれよう!」 衝撃の昆虫アクセサリーが即完売→作者に思いを聞いた