気象庁は14日、関東甲信地方の梅雨入りを発表天気予報の小まめな確認が欠かせない時期となってきたが、ツイッター上では近畿地方を襲った雷雨の意外すぎる正体が話題となっていることをご存知だろうか。


画像をもっと見る

■スマホで気象情報を見ると…

注目を集めているのは、ツイッターユーザーsnowさんが、14日の0時台に投稿した一件のツイート

同時刻は近畿地方で雷雨が強くなり、少なくとも約15,000軒が断続的に停電したと報じられているが、snowさんの住むエリアもかなりの影響を受けたようだ。

カミナリレーダー(画像提供:snowさん)

投稿には色ごとに雷の強さ・危険性が確認できる「雷レーダー」によるマップ画面のスクショが添えられており、ピンポイントで大阪が凄まじい空模様になっている様子が確認できた。


関連記事:『紅白』新型コロナで辞退のSnowMan “腹筋代役”に熱視線「すごかった」

■レーダーに浮上した「影」にほっこり

大阪府の広範囲が「やや激しい」を表す赤と「可能性 高」を意味するオレンジ色で覆われたこちらのレーダー画面だが、特徴的な分散の仕方を受けてsonwさんは「カミナリやば! ってレーダー見たら、クマちゃんで和んだ」とつづっている。

確かにオレンジ部分がムクムクとしたフォルムを形成し、頭部に当たる箇所には「両眼」と「口」にしか思えない形状の赤部分が存在しているため、遠目から見ると完全に「かわいらしい子グマ」そのものであった。

こちらの投稿は雷に震える多くの人々を和ませ、「雷で停電したけど、クマちゃんに癒されます!」「私も寝られなかったので、この写真に癒されました…」「そんなバカなと思ったけど、予想以上にクマちゃんだった」といったコメントが多数寄せられている。

■一方で異なる見方も…

雷レーダー(画像提供:snowさん)

なおレーダー画面に対する考察の中には「よく見るとクマの上にヒヨコがいる」といった具合に、ユニークなものが多数。

雷レーダー(画像提供:snowさん)

クマちゃん本体の「姿勢」に注目する人も少なくなく、「クマの下半身が強調されてるのが気になる…」「立ちションしてるように見えた自分は心が汚れているのかな(笑)」など、パンチのきいたコメントも見られた。


■クマちゃんの癒し効果がスゴい

話題のツイートの投稿主・snowさんは、大阪市西区に在住。14日の夜「そろそろ寝ようかな」と思った矢先に雨と雷が強くなってきた上、落雷の影響で停電が発生したという。

その後も雷の音が続き、電気を消しても外がピカピカ光っているせいで全く寝られなかったため「何時ごろまでこの雷が続くんや?」と感じて「Yahoo!天気・災害」のレーダーを確認すると、全くおさまる気配がない雷に改めて驚いてしまう。一体どの範囲まで悪天候になっているのか気になり、表示範囲を広域にしたところ、件のかわいらしいクマちゃんが登場したそうだ。

なお余談ではあるが、snowさんはシンガーソングライターダンサーである岡村靖幸が大好きとのこと。彼の楽曲『俺だけのバッシュー』には「カミナリ電流心に落っこちてる」という歌詞が登場するが、クマちゃんの存在に気づいたsnowさんも、そのような心境だったのだろうか。

・合わせて読みたい→GWの土日は「竜巻・突風・雷雨・ひょう」の恐れ 北海道では雪も?

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

関西地方襲った豪雨、その正体に衝撃 レーダー上の「かわいすぎる」姿が話題に