タレント明石家さんまワクチン打つ打たないで、報道(https://news.yahoo.co.jp/articles/741d5e7b574d80f427efabf7eed7cf53334ea603)がありました。

JBpressですべての写真や図表を見る

 番組での共演者にコロナ発症者が相次ぎ、スタッフが心配しているとのこと。1955年7月生まれの杉本高文さんは現在65歳、ちょうどワクチンでは区切りにあたる年齢に達しています。

 読者の皆さんはいかがでしょう。あなたはコロナワクチンを打ちたいと思いますか?

 前回から、新型コロナウイルスの生理、病理、薬理に関する、最も本質的な部分を詳解していますが、やや複雑で、いきなりでは分かりにくいという読者の反響もありました。

(「新型コロナ高血圧の危険な関係」https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65647

 そこで改めて、問うてみましょう。皆さんはコロナワクチン接種を受けますか。それとも、受けませんか?

 私はワクチン接種は進めていくべきと思います。統計的には有効性が明らかだからです。

 と同時に、自分はいま受けたくない、と思う人(明石家さんまのように)が、無理に受けなくてもよい自由は、予防接種法に明記されている通りでもあります。

 ご自分できちんと考え、リスクが高いと判断されたら、納得して接種を受ける。これが正しい在り方だと思います。

 本稿を含め、一連の原稿は、複数の専門家に意見を求めながら記していますが、「今回の原稿はワクチン慎重論に見えるのでは」と指摘がありましたので念校で書き加えています。

 本連載でワクチンの問題を取り上げるようになってから、多数のお問い合わせをいただくようになりました。

 そしてそこで問われるのは、実は分子生物学の細かなメカニズムではなく、もっとナイーブな質問が大半です。

 そこで、サイエンスの進んだ話題を先に急ぐのではなく、まずワクチンを打つべきか、打たない方が良いかという、基本的な問いにお答えしたいと思います。

「打つべきか、打たざるべきか、それが問題だ」

 ハムレットのような自問自答ですが、あなたはワクチンを打ちますか?

総論推進、各論要検討

 まず、ワクチンは、コロナ克服にあたって有効な手段であるかを考えてみましょう。

 この問題への答えは「イエス」です。改めて、次のグラフで確認してみます。

 図は2021年の1月から6月にかけての米国全土でのワクチン接種率と、新型コロナウイルスの新規感染者、死亡者の変化をグラフにまとめてみたものです。

 接種が本格化するにつれて、新たな感染者明らかに減少しているのが確認できます。接種率が10~20%程度になると新患は顕著に減り、40%前後で一度小さなぶり返しがあり、感染者、死亡者とも若干の増加がみられますが、その後は順調に減少しています。

米国での2021年1~6月のワクチン接種率(青色線)と新型コロナウイルスの新患数(オレンジ色線)、死亡者数(灰色の線)の推移

(* 配信先のサイトで図表が表示されない場合は、JBpressのサイトで本記事の図表をご覧ください。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65666

 では、いまやたらと推し進められているように、何がなんでも接種率を上げればよいのでしょうか?

 私はそうは思わないのです。

「あなたはワクチンを打ちますか?」という質問に対しては、あなたの様態によって答えはイエスでもありノーでもある。

 その判断が決定的に重要なのです。

場合によってイエス&ノー

 例えば、ワクチン全般に関して、あらかじめ禁忌と分かっている人には接種すべきではありません。

 ワクチンに含まれる成分、例えば主成分ではなく溶剤ですが、ポリエチレン・グリコールにアレルギーがあると、あらかじめ分かっている人に、接種すべきではありません。

 体の弱っている高齢者に、機械的に一律に接種を強要するようなことも、私は避けるべきだと思います。

「弱っている百歳老人に対する接種」を行うべきかと考えてみると、このポイントはよく分かるはずです。

 現在、数種類異なるものが開発されている新型コロナウイルスワクチンですが、多くに共通して、接種直後に体温の上昇が報告されています。

 熱が出るということです。

 さて、きわめて一般的な事実として発熱すれば消耗します。特に高齢者の発熱は消耗が著しく、体力の衰えが著しい百歳老人などのケースでは、それだけで命にかかわる可能性も考えられる。

 そのようなおじいさんおばあさんに注射すれば発熱することが分かっているワクチンを接種すべきか?

 これは個別に考えるしかない問題で、役所や保健所に任せるような話ではありません。

 伝染病の大原則として、病原体に触れなければ、決してそのような病気にかかることはありません。

 もし、ある百歳老人の方が、およそ社会と隔離された環境で生活し、基礎疾患があったり、それで体調を崩していたりしたら、不用意な注射で余計な健康リスクを生じさせる危険性を誰も否定できないでしょう。

 健康や医療に関する問題は、多くが「覆水盆に返らず」です。

 一人ひとりの持病や体調、服用している薬などを、すでに報告されている事例に照らして検討、判断し、手堅い事前診断が下される必要があります。

 これは誰しも同様で、体調の悪い人はワクチンを打つべきではない。

 また接種すればまず、体調を崩すことが考えられるから、一家の中で夫婦2人が同時にワクチンを打つべきではないなどといった注意も、すでに広く流布しているかと思います。

 1人が接種し、状態が安定してから、もう1人が打って、何の問題もない。

 医学的な判断は、接種を行う医師が下すべきポイントです。また、そのためのマニュアルは、多数の事例を検証しつつ、国や役所が常に整備し、改訂し続けるべきものでしょう。

 しかし、夫婦同時は避けるといった判断は、医者も役所も下してはくれません。

 さらに医学的な問題に関してすら、私たちの社会はすべてをお医者任せ、専門家任せにはできない仕組みにすでに変わっているのです。

インフォームドコンセントと自己責任

 21世紀に入って「インフォームドコンセント」という言葉は広く普及しました。

 その意味をどのように理解しておられますか?

「インフォームドコンセント」は、病状や治療の方法、そのリスクなどについて、患者本人や家族がよく理解すること、また医療従事者も患者本人や家族の意向、内容説明の理解の深さに配慮して、どのような医療を施すか、皆が情報を共有し合い、合意のもとに治療を進めていくプロセスを指す言葉です。

 かつての医療現場では、医師から患者や家族に一方的に病名が告げられ、治療法が示されて合意書がとられるといった状況が見られ、全世界で多くの問題が発生していました。

 これに対して20世紀米国で生まれ、全世界に広がっていったのがインフォームドコンセントの考え方です。

 日本では2007年の医療法改正で、「医師、歯科医師、薬剤師看護師その他の医療の担い手は、医療を提供するに当たり、適切な説明を行い、医療を受ける者の理解を得るよう努めなければならない。」(医療法第一条4-2)と改正されました。

 私たちはいま、そのような時代を生きて、新型コロナウイルス感染症に立ち向かっているわけです。

 さて、医師や看護師であれば国家試験があり、随時に講習も受け、必要な新しい専門知識を身に着けて現場に臨むことができます。

 しかし、「医療を受ける者」には前提となる共通の教育基盤などは一切ありません。

 ワクチン接種に関しては、公的なあらゆる資料に「ワクチン接種は義務ではなく、本人の意思」であることが繰り返し記されています。

 すでにこの連載でも記したように、予防接種法第九条は「努力義務」と表記し、あらゆる人に義務付けることは避けています。

 当然のことで、特定のワクチンに致死性の反応を生得的に持つ人があれば、国や自治体がそのような人に予防接種を強要することはできません。

 しかし、ここにはもう一つ注意すべき点があります。

 これは「あなたの意思で接種したんでしょ」という「自己責任」の留保があることです。

 義務ではない。社会的には受けた方が良いに決まっている(ように見える)。でも、一定の頻度で事故は起き、いまだおよそ低い接種率にとどまるのに全国で100を超える「接種直後死亡例」なども報告されている・・・。

 非常に微妙な状況です。

 そうしたことを反映してか、しないでか、世界各国ではワクチン接種率が5割に達する前後から、軒並みペースが鈍っています。

 そしてそんな状況のなか、英国のボリス・ジョンソン首相の早期罹患が加速させたのか、世界でも最も早期にワクチン接種を推進、コロナは克服した、とばかりにG7を開催していた英国で、インド株であると伝えられますが、新たな感染の急激な増加が、5月下旬から始まっています。

英国での2021年1~6月のワクチン接種率(青色線)と新型コロナウイルスの新患数(オレンジ色線)、死亡者数(灰色の線)の推移

 残念なことに、5月下旬から新規感染者数に統計的に有意な上昇が始まり(ピンクの補助線)、ワクチン接種率の上昇を凌ぐ勢いを見せつつある。

 ワクチンは特定の病原体を抑え込むのに有効ですが、突然変異の度合いによっては、旧式のワクチンでは太刀打ちできなくなって当然です。

 ここに、ワクチン接種をめぐる第2の難点があります。1回のワクチン接種ですべてが解決するという保証はどこにもない。

 ワクチンは、ドナルド・トランプ氏が喧伝したポストトゥルースと裏腹に、残念ながら2020年代パンデミック克服の決定打にはならないのです。

 このような状況のなかで私たちは、どのように事態をとらえ、判断、行動していけばよいのでしょうか?

 冒頭から繰り返す通り、私は総論としては、ワクチンは接種していくべきと思います。

 しかし、接種直後に亡くなった高齢者の家族に、あれはワクチン接種と因果関係が認められない、確率的に考えて無相関な自然死であったと百回言っても、絶対に納得されない現実があることも、さすがに半世紀余生きていますので、わきまえています。

「安全」と「安心」は違う・・・20世紀から村上陽一郎さんなどが繰り返し主張し、3・11年の震災、原発事故を経験した日本ですが、いまだ、このデリケートな問題は、およそ解消されることなく残り続けています。

 ワクチンは、安全に接種されるべきだと思いますし、また受ける側も安心して、注射に臨む必要があります。

 これについて、引き続き考えてみたいと思います。

(つづく)

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  ワクチン接種後「死亡例」を考える

[関連記事]

続発する驚愕のワクチン接種事故、今度は5倍濃度の原液注射

新型コロナと高血圧の危険な関係

新型コロナワクチンはお年寄りだから必ず打つべきとは言えない