(乃至 政彦:歴史家)

JBpressですべての写真や図表を見る

 鋭い視点と丁寧な考察で話題を呼んだJBpressでの連載をまとめた書籍『謙信越山』。著者の歴史家、乃至政彦氏が大人気漫画『鬼滅の刃』を読み解くシリーズ第3弾をお届けする。今回は『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』のDVD/Blu-ray発売に際し、その無限列車編のほんの少し前にあった、ある事件の内実を見直してみたい。(JBpress

※記事中『鬼滅の刃』のネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください。

◉歴史家が考える鬼滅の刃①『善逸伝』の一考察(前編)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/63127​
◉歴史家が考える鬼滅の刃①『善逸伝』の一考察(後編)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/63157​
歴史家が考える鬼滅の刃②鬼殺隊の創設と改革に関する仮説(前)
(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/63548)
歴史家が考える鬼滅の刃②鬼殺隊の創設と改革に関する仮説(後)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/63892

善逸伝の考察修正

 400億の男と呼ばれる炎柱が、痛快無比に大活躍する『鬼滅の刃 無限列車編』も、いよいよ家庭で楽しめることになった。DVD/Blu-rayが発売されたのである。これに際して、今回はその無限列車編のほんの少し前にあった、ある事件の内実を見直してみたい。この記事は『鬼滅の刃最終回までのネタバレも含まれているので、ご注意を。

 まず最初に、以前行なった『善逸伝』の考察に修正すべき内容があったことを述べておく。本年、発見された進出史料(吾峠呼世晴鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録・弍』集英社・2021)により、『善逸伝』の作者が我妻善逸本人であることが確認された。

 描写から想像するに三人称で描かれ、またその子孫が読んでいたのも原本ではなく、写本であろうことが推測できる。仮説を打ち立てるための情報の取捨選択、および思考プロセスは誤っていなかったが、結論がいささか不正確になったことをお詫びしておきたい。

 さて今回は鬼殺隊ではなく、彼らが追う鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)について考えていく。前回に予告した「鬼舞辻無惨の千年史」はまた今度に譲るとして、ここでは無惨のパワハラ会議と呼ばれる「冷酷無情」な“下弦の鬼解体事件”(俗称「無惨パワハラ会議」)を見てみよう。

 無惨は、なぜ下弦の鬼たちを完全粛清することになったのか?

下弦の鬼はなぜ解体されたのか

 無惨には、十二鬼月という直属の部下がいる。無惨の幹部である。その序列は個体別の戦闘力で定められ、上弦の鬼は壱から陸(ろく)、下弦の鬼も壱から陸がいて、「一番強いのは上弦の壱 一番弱いのは下弦の陸」だという。下弦の鬼はそれでもほかの鬼を圧倒する強さを誇り、鬼殺隊でも「柱」クラスの実力がなければ倒せないと見られている。

 だがある時、無惨は下弦の鬼たちを自身の城に集めるなり、「何故に下弦の鬼はそれ程まで弱いのか」と問い、それだけの理由で「もはや十二鬼月は上弦のみで良いと思っている 下弦の鬼は解体する」とだけ告げ、下弦の鬼たちを皆殺しにしてしまった(第51、52話)。

 この殺戮は、無惨の冷酷で、気まぐれな性格を活写するシーンとして印象されていよう。

 しかし下弦の鬼は柱たちに連敗しているとはいえ、並の隊士をたやすく葬るほどの力量がある。そんな精鋭たちを自らの手で殺戮して何の意味があるのか──と、首を傾げる人は多いようだ。この判断を「論理的ではない」「頭が無惨」と非難する声も多い。

 それにしても、千年もの刻を生きてきた無惨は、決して暗愚ではない。作中描写を見る限り、頭脳明晰で見聞が広く、学識も深いようだ。その無惨が、なぜか下弦の鬼を解体(という名の皆殺し)して、自らの戦力を削ぎ落とした。すると、あの行動にも何らかの合理的な理由があったのかもしれない。

 ただ、無惨はそれを愚鈍な部下たちに説明する必要を覚えなかった。そう考えてみると、およその察しがついてくる。無惨が下弦の鬼を解体したのには、相応の動機があるはずなのだ。

鬼殺隊の柱を絶やす

 無惨は下弦の解体を宣言する前、彼らに向かい、「ここ百年余り十二鬼月の上弦は顔ぶれが変わらない 鬼狩りの柱共を葬ってきたのは常に上弦の鬼たちだ しかし下弦はどうか? 何度入れ替わった?」と問いかけた。対する下弦の陸は、うかつにも「そんなことを俺たちに言われても……」と黙考して、思考を読まれ、その場で殺害された。

 とはいえ下弦は普通の鬼と比べて格段に強い。精鋭の半数を粛清することは、無惨にとっても戦力の減退を意味する。それでも無惨は、下弦の鬼たちを解体することにした。組織の縮小や削減には、必ず何らかの理由がある。無惨の決断もまた、気まぐれや思いつきではなく、計画的組織の縮小であったと考えるべきであろう。

無惨が睨んだ鬼殺隊の弱点

 早速ながら無惨の意図を追求していく。

 まず鬼殺隊の柱たちである。柱の定員は9名。柱になったら、大きな権限が与えられる。第一に、指導者の産屋敷家(うぶやしきけ)当主から、ほとんど無制限の資金援助を受けられる。さらには一般隊士を自己の判断で指揮することもできる。ただでさえ並外れた腕前があるのに、経済的、人的支援を得られるので、とてつもなく強化されてしまい、その対応に、とても手を焼かされることになる。

 柱を1人ずつ殺していくのも手だが、根本的な解決とはなりにくい。産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)の時代、鬼殺隊は数百人の剣士を召し抱える大規模組織と化しており、力量のある剣士を取り立てることで柱の補充が可能な体制を整えていたからだ。

 つまり、苦労して柱を倒しても、またすぐに次の柱が生まれる恐れがあるのである。今の鬼殺隊は、江戸時代の私的な結社である「鬼狩り」とは勝手が違っている。非公式の軍隊的組織であり、人員を確保・補充する体制が整えられているのだ。

 しかしどんな体制にも弱点がある。完璧なシステムを備えた組織など存在しない。ここで鬼殺隊の隊律に注目したい。柱になるための条件である。

柱になる条件

 鬼殺隊の隊士が「柱」になるには、条件がある。十二鬼月を倒す、もしくは鬼を五十体倒せば」いいというのだ(単行本11巻、47ページ)。

 総力戦を指揮する場合、指導者たるもの眼前の兵隊だけでなく、新たな戦力が投入されるシステムも視野に入れなくてはならない。敵に継戦能力がある限り、戦術的勝利をどれだけ重ねたとしても、やがてこちらの限界が来るからである。無惨や鬼たちとて例外ではない。

 この場合は、柱の補充である。

 千年ないしは数百年もの間、鬼狩り集団(鬼殺隊)と対峙している無惨であれば、鬼殺隊の隊律内容ぐらい把握していたであろう。そればかりかこう考えていたかもしれない。十二鬼月になれるほどの者なら、この無惨が直々に教えなくても、自力で得ていなければならない情報だ──と。

 しかも最近の鬼殺隊は、傑出した人員を補充していた。特に厄介なのは、耳飾りをつけた少年・竈門炭治郎を拾い上げたことだ。炭治郎は人間に擬態する鬼の正体を瞬時に見抜き、しかもこれが「鬼舞辻無惨」であることを看破した(第13、14話)。凄まじい探索能力である。しかもこの少年は刺客の手を逃れ、もと下弦の鬼を葬り、なおかつ柱たちと共に、下弦の伍をも打ち倒した。

 このままでは、柱候補生(欠員が出れば即座に柱となりうる人材)は増えていくばかりである。

 ここに下弦の鬼を解体する合理的理由ができた。

 竈門炭治郎我妻善逸嘴平伊之助らのような新参者たちを柱にさせないことである。

無惨「パワハラ会議」の狙い

 もし鬼の陣営が柱を殺害したとして、鬼殺隊はこれら有望な剣士を早期に柱へ登用しようとするだろう。その際、いきなり50体の鬼を倒すことは難しい。無惨を憎悪する鬼の珠世は、鬼には群れを作れない習性があり、もし群れたら「鬼が共喰いする」と述べており、その理由を「鬼たちが束になって自分(※無惨)を襲ってくるのを防ぐため」プログラミングされているからだと説明している(第18話)。つまり鬼たちが一箇所に大勢いることは滅多にないのだから、やはりこの条件を達成するのは極めて困難で、時間も掛かってしまう。

 しかし十二鬼月を1体でも倒せば、柱の即成ができてしまう。戦国時代には、貴種の若武者が初陣に出向く時、周辺の侍たちが兜首を追い詰めて、とどめを若殿に討たせることがあった。柱たちもこれに倣い、下弦の鬼を追い詰め、候補者にその首を獲らせれば、すべて事足りてしまう。無惨は下弦の鬼が餌食になる事態を憂慮したのだろう。柱を潰す前に、その補充体制を壊すことにしたのだ。

 それが下弦の鬼を解体した理由である。

 もちろんこんなことを当事者の鬼たちに説明したところで、無駄である。「我々は柱を必ず返り討ちにします」と粛清を回避しようとするのは目に見えている。下弦は弱い。だから、柱の候補生に討たれる前にこの手で殺害するのが合理的である。

 私見だが、無惨の作戦はある程度うまくいったと思う。普通の少年漫画なら、炭治郎は着々と成長し、感動的なBGMを背景に、下弦の鬼を討ち取り、至強の座たる「柱」の役に就いたであろう。だが、無惨はそのシナリオを早々に打ち消した。もしこの判断がなければ、最終決戦までに、「かまぼこ隊(炭治郎、善逸、伊之助)」のうち誰が一番早く柱になるかを競い合う展開が待っていたに違いない。

粛清に道理あり

 無惨は実力主義であり、合理主義である。さらにその知恵はとても冴え渡っている。千年も生き延びてこられたのは、ただ単に「強かったから」というだけではない。あれだけの実力がありながら、世間の目を逃れて密かに活動を続けているのは、おのれの武運を過信していない証拠だ。もし表立って、「自分こそはこの世界の支配者だ」と人類の上に君臨しようとすれば、『呪術廻戦』の両面宿儺のように、千年前に退治されていたことだろう(両面宿儺は「封印」されていた)。

 それにしても無惨の知恵の蓄積は、一朝一夕にして作られたものではないはずだ。若い日の無惨は、自分を治療してくれている善良な医師を思い込みから殺害してしまい、そのせいで日光を浴びられない身になってしまっている。それぐらい短慮であった。そこから平安、鎌倉、南北朝、室町の時代を経て、我々の知る鬼舞辻無惨になっていったと思われる。

 無惨のパワハラ会議はこうして実行された。その後の無惨の動きはこの筋で想像すると整合的に理解できるはずだ。無言でいきなり粛清する手もあったが、その場合、「魘夢(えんむ)」という逸材を見出すことはできなかったことになる。

 無惨はここに一応、最後のチャンスとして、下弦たちに会議の場を与えてやることにしたのである。

 ここまで、パワハラ会議と俗称される粛清事件の内訳を追ってみた。

 またいつか─例えばアニメの第2期が始まる頃にでも──無惨の千年史について言及させてもらえれば幸いである。

『謙信越山』特設ページオープン
https://jbpress.ismedia.jp/feature/kenshinetsuzan

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  鬼滅の刃・我妻善逸の伝記『善逸伝』を書いたのは?

[関連記事]

『鬼滅の刃』鬼殺隊が政府非公認になったのはいつ?

鬼滅の刃『善逸伝』は昭和に大学ノートで書かれた?

『鬼滅の刃』2巻カバーより、鬼舞辻無惨。