「上司が苦手で、仕事が楽しくない」「頑張っているのに、会社が自分を評価してくれない」「デキないほうではないのに、上司から重要な仕事を任せてもらえない」。そんな悩みを抱えて、日々悶々としている人も、きっと少なくないのではないでしょうか。

ビジネス 評価
イメージです(以下同じ)
 それに対して、「組織の中でのフォロワーシップを意識すれば、仮に上司が苦手な人でも、自分にとって働きやすい環境を手に入れられる」と語るのは、銀座ホステスから転身し、臨床心理士として活躍する水希さんです

 水希さん自身、かつては一般企業のOLとして働いていたものの、過労により、うつ病を発症。退職を機に、時間に融通が利く仕事として、銀座ホステスを選んだのだとか。自身のカウンセリングを通じて本格的に心理学に興味を持ったことから、現在は、臨床心理士・公認心理師として活動しています。今年5月に『銀座No.1ホステスの上司の評価が上がる知的なルール』を出版した水希さんに、「嫌いな上司との付き合い方」について聞きました。

仕事の出来は「フォロワーシップが9割」

 水希さんいわく、上司の人柄や相性に関わらず、意識するべきは「フォロワーシップ」だとか。そもそも「フォロワーシップ」とはなんなのでしょうか?

「フォロワーシップとは、アメリカにあるカーネギーメロン大学の教授であるロバート・ケリーが提唱した概念です。リーダーが持つべき資質・リーダーシップに対して、フォロワーである部下が持つべき資質を・フォロワーシップと呼んでいます」

 従来、会社組織が成果を上げるためには、「リーダーシップこそが重要なものだ」と考えられてきました。しかし、ケリー教授の調査によれば、組織に対してリーダーが及ぼす影響は1〜2割ほど。実際は、リーダーの下にいる部下やメンバーたちが及ぼす影響が8〜9割に上ることが明らかになったのだとか

「積極的にリーダーを支え、組織に貢献できる優れたフォロワーシップを持つ部下がいれば、リーダーがそこまで優秀でなくても、高い成果を上げることができる。逆に考えれば、上司がいかに無能であっても、部下である自分自身が優れたフォロワーシップを発揮していれば、自然とチームの成果は上がり、個人としても充実した会社生活を送ることができるのです

評価は上司のニーズを満たせば上がる

書籍
『銀座No.1ホステスの上司の評価が上がる知的なルール』(水希、扶桑社
 どんなに嫌な上司がいたとしても、フォロワーシップを発揮して、その上司がしてほしいことを汲くみ取り、相手のニーズを満たすことを意識する。すると、社内の評価は自然と上がっていくのだとか。

「『嫌いな上司のために、わざわざ相手の役に立つようなことはしたくない!』と思う方もいるかもしれません。しかし、会社は、学生時代のルールが通用しない『理不尽が当たり前の世界』です。非常に残念なことですが、職場によっては、男尊女卑もあるし、仕事ができない先輩でも年次が上であれば偉いという慣習もあるし、上司の言うことに納得できなくても従わなくてはならない。むしろ理不尽しかない世界です。

 大切なことは、誰かの理不尽を飲むことは、負けではないということ。内心では『これは納得がいかない』と思っても、フォロワーシップを発揮すれば、のちのち裁量権を得ることはできます。上司からの評価が上がれば、発言力も上がるし、自分が働きやすい環境を作ることができます。つまり、まわりまわって、自分の意見を通す発言力を持ち、独立性を保てるのです」

理想の上司はいないという残念な真実

 さらに、水希さんが強調するのは、「どんな会社にも理想の上司は存在しない」ということ。

「上司たちはたしかにあなた方よりも仕事については経験年数という意味ではベテランです。でも、『リーダーシップをどうやって発揮するのか』『部下をどうやって育てていくか』という教育は受けていません。つまり、上司自体が、新人教育の専門家ではないということです。そこに理想の上司の影を追い求めるのは、難しい話です。年功序列の会社組織の中で、“なんとなく”仕事をして、“なんとなく”出世して、“なんとなく”上司というポジションについた。そんな人が大半なのです」

 また、企業の論理でいうと「よい上司」は、高い成果を上げる人であるとも指摘。

高い成果を上げる上司ほど、実は部下に売り上げノルマを強要し、追い詰めるパワハラ傾向だったりします。上司がパワハラ気味であると、部下たちの間で『怒られたくない』『責められたくない』という気持ちが働き、必死に結果を出そうとします。

 リーダーに正しいリーダーシップがなくても、部下たちが頑張れば、チームの成果は上がります。その結果、パワハラが横行し、決してリーダーとして理想的な人物とは言えないものの、チームの業績はよくなり、会社からは『よいリーダー』としての評価を受けます。この意味でもリーダーシップよりもフォロワーシップを高めるほうが生産性に影響するという意味がわかるのではないでしょうか」

上司からの評価が低くても問題ない

女性 仕事

 なかには「上司のえこひいきがひどい」「好き嫌いが激しすぎる」といった事情で、辛い思いをしている人も少なくないはず。その場合の最大の問題は「上司からの評価が悪い=自分の能力が低いのではないか」と思い込んでしまうことだと、水希さんは指摘します。

「社内の評価が低い理由は、必ずしもあなただけのせいではありません。問題は、部下の評価が上司の主観で決まってしまう、会社の評価システムの欠陥にあります。主観による評価は、非常に判断基準があいまいです。さらに、人には相性があります。そのなかでは、どうしても上司も人間なので、上司の主観による好き嫌いや相性のよしあしが、評価に影響を与えることがあります

 だからこそ、「上司に気に入られない自分が悪い」とは思う必要は一切ないとのこと。

「どんなスーパーコミュニケーターであっても、相性が悪ければ相手とうまくやれないことは往々にして起こりえます。認知バイアスの一種に『ダニング・クルーガー効果』と呼ばれるものがあります。この心理効果に基づくと、能力がない人ほど自分に対する評価が高くなり、他人はバカだと思い込みがちです。この心理バイアスを持っていると、自分も他人も適正に評価できなくなってしまうのです」

 能力がないのに威張っている上司は、どの会社にも必ず存在するため、それにいちいち傷つく必要はないし、取り合う必要もないのだとか。また、また、上司から嫌われるのも困ったものですが、好かれすぎても困りものです。

「あまりにも上司が自分をかわいがりすぎると、周囲から『あの子はたくさん仕事を任されているけれども、どうせ実力じゃないんじゃないか』『評価が高いのは、えこひいきされているからだ』という目で見られてしまうこともあります。自分の能力を超えた仕事を任されて、負担になることもありますから」

嫌いな上司への対応は「ポテトいかがですか」

夫婦 質問

 そして、どうしても上司が嫌いでたまらない場合は、ファストフード店のマニュアル対応を頭に浮かべるのがポイントだとか。

「怒りや悲しみという強い感情を使うと、あなた自身が疲弊してしまいます。だから、嫌いな人に対して、あなたの感情を使う必要はありません。無理に相手に優しい気持ちを持とうとしたり、強い怒りを抱いたりするのではなく、ファストフードの店で、『ポテトはいかがですか?』とマニュアルどおりに接客するような気持ちで、ひたすら機械的に接し続けるように意識してください。表面上は好きでも嫌いでもない人と同じように付き合っていけば、相手には『嫌いだ』とは悟られません」

 それを続けていると、次第に「相手のことは、それ以下でも、それ以上でもない」という感情が芽生えていきます。また、その人のことを思い出す回数が減れば減るほど、相手の存在を忘れることができるのだそうです。

「優しい人ほど、『相手と仲良くならなきゃ。よいところを探さなくちゃ』と思い込み、それができない自分はダメな人間だと思ってしまう傾向にあります。でも、そう思う必要なんてありません。繰り返しになりますが、あなたの感情や労力を、嫌いな人に費やさなくていいのです」

 水希さんが語る、会社の上司との付き合い方をぜひ実践してみてください。

TEXT/東京中央カウンセリング代表 水希>

【水希】

東京中央カウンセリング代表。臨床心理士・公認心理師。社会学修士号・教育学修士号。コミュニケーション論の研究から興味を持った広報・PRの仕事に従事する中で過労から内蔵疾患を発症、治療生活でうつ病を発症する。その後、銀座でホステスに転身、人気No.となる。自身のうつ病体験から心理士となり東京中央カウンセリングを開業。的確な問題分析と課題解決に定評がある