映画、小説、漫画でもたびたび取り上げられ、「マタギ」という言葉自体の知名度は高い。一方で、現実のマタギがいったいどのような暮らしを送っている、どんな人たちなのかを知っている人は少ないのではないか。

 そんなマタギについて、20年ほど前から定期的に取材を行っているのがフリーカメラマンの田中康弘氏だ。ここでは、秋田県の山中に暮らすマタギの暮らしに迫った同氏の著書『完本 マタギ 矛盾なき労働と食文化』(山と溪谷社)の一部を抜粋。熊を狩り、そして食べる。彼らの生活の一端を紹介する。(全2回の1回目/後編を読む)

◆◆◆

熊を狩るということ

 マタギや山の民の生活に興味はあるが熊を殺して食べるのは許せないという人は結構いる。まずいっておくとマタギは欧米のハンターたちとは違う。欧米のスポーツハンティングは豊かな階層の遊びであり(もちろんマタギ同様に食べるために狩りをする人たちは別だ)、ただ殺すのが目的である。人間よりはるかに巨大だから殺して自慢する。珍しいから殺して自慢する。やたら殺してその数を自慢する。殺生それ自体を楽しむためにあらゆる生き物を狩りの対象にしてきたのだ。それらとマタギを同じ土俵のハンターと考えることがまず間違っている。

 特に欧米のつくり上げてきたシステムがいかに自然を痛めつけるものだったか。近代文明がいかに傍若無人に振る舞ってきたか。エコロジーという考え方はつい最近出てきた話であるがマタギや山の民は大昔からエコロジカルな生活をしてきたのだ。そんな山の民の生活の一部である熊狩りを山里の暮らしが何たるかを知りもせず、また知ろうともせずに異を唱える人たちがいる。可愛い熊を殺すとはけしからん、許せんと。そうした人々からの心ない非難から自分たちの生活形態を守ろうとした結果、マタギ里の猟友会ではマスコミを排除する方向に動いたのである。情報が伝わらなければ抗議も来ないという考えなのだろう。しかしこれには賛成しかねる。積極的に宣伝する必要はないがことさらに隠す必要もないと思う。

「なぜ、熊を撃つのだ」

 こう言われたらきちんと主張すべきである。ただしその時に伝統や文化のみを強調するのは間違っている。伝統や文化は時代の流れのなかで生まれて変化し、場合によっては消えていくものなのだ。お題目のように伝統や文化を繰り返しても説得力に欠けると私は思う。マタギという集団が、仲間や家族を認識するための重要な行為が狩猟であり、アイデンティティの一部なのである。そのことを抗議する人たちにきちんと説明するべきだ。

 人間は決してひとりでは生きていけない。必ず何らかの集団に属している。その集団が結びつくための大事な結束材料がマタギの場合は狩猟なのである。カロリーだけのために獲物を求めて山に入るのではない。金のためだけに獲物を求めて山に入るのではない。自分たちが何者かを確認するために獲物を求めて山に入るのである。

自然を敬い恐れてきた古来の日本人

 古来、日本人は自然を敬い恐れてきた。決して自然を征服しようなどと考えず、その力をうまく利用し折り合いをつけようとしてきた。すべてのものに人知の及ばない力を感じ、神として敬った。山にも川にも海にも木にも石にも田にも畑にも便所にすら神を見ていたのだ。

 他方ヨーロッパ文化圏の多くでは神はキリストだけであり、まして自然のなかに神を感じることはない。彼らがよく高山などで神を見たなどという時の神もキリストのことであり決して日本人の言う神的なものではない。元々彼らにとって自然は脅威以外の何者でもなく、できれば徹底的に人間の都合のいいように変えてしまいたかった。森は悪魔の住み処であり神々がいる場所ではない。とてつもなく巨大な鯨も海の悪魔として長く描かれ続けたではないか。脂を取ったらあとは捨ててしまう彼らのやり方と、すべてを利用させてもらおうと考えて鯨の魂をきちんと供養してきた日本人。動物は神が人間のためにつくったものだから殺しても、そのために絶滅しようとも構わないと考えていた欧米文化。いったいどちらが真のエコロジストで、どちらがエゴイストであったのかは歴然としている。ただし、現在の日本人には失われてしまった感覚が随分あるのは残念だ。

を食べる

 熊の解体が終ればいよいよ次は料理の始まりだ。今回のメニューは3品。今朝まですぐそこの山を歩いていた熊の赤肉の鍋、骨付き肉の鍋、そして内臓の鍋。どれも鍋ひとつで作るマタギ熊料理の極め付きばかり。もちろん調理するのはマタギである。薪ストーブの上で釜の湯がぐらぐら沸き、ガスの上でも鍋が煮えている。ふたつの料理が同時に進む。鍋を囲んでマタギたちが話している。

「もうちょっと砂糖さ入れたら」

「んだ、んだ。でもほんのちょっこしだな」

 楽しそうに話しながら味付けをするマタギたち。近頃はキャンプに出かけてもやたら面倒な料理を作ったりする人もいる。しかし、キャンプ場で本格的イタリア料理を作る必要があるのだろうか。カレーでいいのだキャンプなんて。1泊2日程度の短い時間は、余計なことをせずにその分自然と交わるべきだ。ましてや、ゲームカラオケまで持ち出すに至っては言語道断。家の中でできないことをやるのがアウトドアの鉄則ではないのか。ハウツー本に振り回されて目いっぱいスケジュールを組まなくてもいい。1杯のコーヒーを飲みながら、何もしないでのんびりするのもアリだ。

 話が逸れてしまったのでマタギ熊料理に話を戻そう。味付けは至ってシンプル。3つの鍋はすべて同じで味噌と醤油と酒と砂糖というマタギ料理にはお馴染みのもの。肉以外の具材としては大根やゼンマイが入る。熊とゼンマイがこれまたよく合うのだ。実はゼンマイをうまいなどと今まで思ったことがなかったのにこの鍋を食べるとうまいと言わざるを得ない(九州人はあまり山菜を食べる習慣がない)。

 熊肉は臭いと思っている読者も多いと思うが決してそんなことはない。私が子どもの時に食べた鯨肉のほうがよっぽど獣臭かった記憶がある。

 大きな熊肉の塊に食らいつくとこれがまたなかなかの歯ごたえ。これだけの嚙まれっぷりをしてる奴なんか今時肉屋には置いてない。霜降り肉なんて歯が悪い年寄り向けに思える。これが本来の肉なのだ。昔やっていたアニメ『はじめ人間ギャートルズ』に出てきたマンモスの肉は、多分こんな感じに違いない。かなり嚙みごたえのある熊肉は、最後は飲み込むしかない。

 次はスペアリブを頂く。豚も鶏も骨に残った肉が一番うまいというから、これも期待できそうだ。骨をつかんでがりがりかぶりつくと、本当に原始人になった気分。やっぱりギャートルズの世界である。先の赤肉同様こちらも歯ごたえはかなりのもので最後は飲み込む。

 続けて熊モツ煮に箸をつける。熊の内臓はどこにも流通していないそうで、これを食べるのは獲った人たちだけの特権である(骨付き肉も流通はしていない)。器の中を覗くと、ごく普通のモツ煮込みのようだ。モツだからやはり少しにおうが、気になるほどではない。すんなりと食べられるが、これも凄い弾力で歯ごたえがある。いくら嚙んでもなくならない。強靱なガムのようである。これも最後は飲み込むしかない。

獲物が獲れたことを皆で喜び心から楽しむ

 熊肉を食べるというのは結構疲れるものだ。まるでアゴの筋トレをしているような感じ。味は肉屋で売られているどの肉にも似ていない。やはり熊としか言いようがない味だ。今回は全部同じ味付けだったが、工夫次第ではいろいろな料理になるかもしれない。私ならとりあえず圧力鍋で1時間くらい加圧して柔らかくなったら味を付けるだろう。

 大きな3つの鍋がテーブルの上に並ぶのはなかなか壮観だ。これだけの量が作れたのは100キロ超の熊だったからである。この日は久々の大熊に20人ほどが集まり宴となった。電話も次々にかかってくる。獲物が獲れたことで皆で喜び心から楽しむ。皆で楽しむということが大切なのだ。熊が獲れても獲れなくても、ウサギが獲れても獲れなくても人が集まり宴が始まる。

 以前に比べると山里の生活も随分と便利になっている。それでも街とは違う。お手軽に暇がつぶせる享楽などはここにはない。食べるという行為以上に生きるための充足感を彼らは自分たちの手で獲得していく。その手段が狩猟であり、それは山里の小さな共同体を維持していくのに欠かせない行為なのだ。今、我々が住む社会においてはあらゆることが間接的になり現実に触れる機会が減っている。そうした大切なことを見えない状態にある我々が彼らの矛盾なき生活や労働に、異論を唱えるべきでないと思うのである。

【続きを読む】「あれ、熊でねか?」「熊!」発砲、儀式、解体作業…マタギによる熊狩りの“知られざる一部始終”とは

「あれ、熊でねか?」「熊!」発砲、儀式、解体作業…マタギによる熊狩りの“知られざる一部始終”とは へ続く

(田中 康弘)

阿仁の山には無数の社が存在する。なかにはマタギ神社と銘打った珍しい社もある 写真=筆者提供