今回紹介するのは、えるぽさんが投稿した『パワードスーツを作ってみた』という動画です。


 人間の筋力を増強させる“パワードスーツ”をDIYしている人がいます。一輪車のサドルや自作部品を組み上げて作りました。足に装着して歩行することができています。

 使用した材料は、一輪車のサドルのほか、自作のエアシリンダ、自作の調圧バルブなどです。多くが自作されています。足先の部品はスキー板を切り出しました。

 エアシリンダで、体重を支えるだけの力が出ます。椅子に乗った人物を浮き上がらせています。

 引張試験機も自作。耐圧部品の評価もしています。

 ガスケットや弁体なども自作です。

 3Dプリンタで造形できない大きさの部品は、クリスマスツリー型の溝で接合しました。踏んでも折れないほどの強度が出ています。

 自作部品の多さに動画には「野生の研究者」タグが追加されています。今後は走ったり、階段を上り下りできる性能を目指しているそうです。

視聴者コメント

エアシリンダ自作とはすごい
すごい
かっこいい上に機能的,惚れた
コロナ明けの楽しみが増えたわ 期待してます
かっけぇ

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます

パワードスーツを作ってみた

―あわせて読みたい―

シンプルに“時間設定不要”のキッチンタイマーを作ってみた。いまにも爆発しそうなカウントアップの様子に「うん、爆弾」「こういうの待ってた」

15tプレス機でついて、ヒートガンで焼いた“餅”の味とは…? ウエスに包まれプレスされた餅米に「これはカロリーゼロ」「ディストピア飯」の声