市場調査会社Stream Hatchetは、「E3 2021」でのライブストリーミングの最高視聴者数を調査。もっとも視聴者が多かった上位5つの会社を発表した。なお、TwitchYouTube視聴者数を調査した結果だ。

(画像はStream Hatchet公式Twitterアカウントより)

 1位は任天堂310万人。ニンテンドーツリーハウスを含めると長時間ではあるが、メインとなるNintendo Directは40分。電ファミでもTwitterリアルタイム更新を行ったが、「『スマブラSP』にカズヤ参戦」「『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド続編』のトレイラー」「『零 -ZERO- 濡鴉ノ巫女』発表」の3つが特にリツイート、いいねをされている。

 2位はマイクロソフト230万人。今回はXbox & Bethesda Games Showcaseとして、傘下に収めたBethesda Game Studiosの作品を中心に発表を行った。StarfieldXbox独占と発売日発表や、社内外から無数のゲームXbox Game Pass入りするなど、センセーショナルなものが多かった印象だ。

 電ファミのリアルタイム更新でもっともリツイート数が多かったのは、『バトルフィールド2042』。次いでゲーム自体にはほぼ関係ない「Xbox Series X型冷蔵庫」、そして『百英雄伝』のゲームパス入りが続いた。

(画像はDevolver Digital公式Twitterアカウントより)

 3位のUbisoftと4位のスクウェア・エニックスはE3に参加したのだが、5位に参加していないはずのDevolver Digitalが入り込んでいる。E3 2021と同時期に開催された「Summer Game Fest」も含めた調査だったと推察されるが、E3に参加しないことで有名な企業がE3の統計情報に顔を出しているのがなんとも面白い。

 Devolver DigitalはE3に合わせて毎年楽しいDevolver Direct」で新作ゲームを発表し続けているが、やはり「持ってる」企業なのだろう。ちなみに、当のDevolver DigitalTwitterアカウントでびっくりしつつもファン感謝の言葉を述べている

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。