ようこそ、「評価値ディストピア」の世界へ。将棋ソフトが局面を数値化して形勢を示す「評価値」、そして「暗黒世界(ディストピア)」を掛け合わせた言葉は、2020月7月のニコニコ生放送佐藤天彦九段が発したものだ。これはソフトによる研究が過熱した結果、盤上が息苦しくなったことを意味する。将棋の戦術が先の先まで突き詰められるようになった結果、事前準備や序盤が緻密になり、棋士は戦う前に神経をすり減らすようになった。

 同放送で、佐藤天彦九段は身振り手振りを交えて力説した。スナイパー赤外線レーザーで常に狙われている。そこに触れようものなら相手の研究にハマり、ノーチャンスで負けてしまう。だから匍匐前進で慎重に慎重に、指していかなければいけないのだと。

 将棋の進化は情報革命と密接に結びついている。データベースは定跡の整備を促し、ネット将棋で時間と場所を選ばずに練習できるようになった。そして、圧倒的な実力を誇る将棋ソフトを使えば、研究の精度を上げることができる。将棋の内容と質が向上する一方で、似た展開の将棋がますます増えた。その場の思いつきで指す、作戦の自由は失われつつある。

 激化する将棋界で、元名人の佐藤九段は何を考えているのか。話を聞いた。

自分ひとりで考えるのと違い、疑似的な対話ができる

――「評価値ディストピア」は、AI研究でさらに過酷になったトップ戦線の重苦しさを端的に示したものだと思います。

佐藤 半分、冗談ですけどね(笑)

――使い方に差はあれど、トップや若手強豪のほとんどはソフトで研究していると聞いています。佐藤九段が将棋ソフトを研究に使い始めたのはいつ頃ですか。

佐藤 2012年ごろですかね。新人王戦で2回目に優勝したとき、世界コンピュータ将棋選手権の解説を依頼されたんですよ。それでソフト同士の対局を見ていたら家庭用のPCでも強いことに気づき、研究に取り入れました。使っていたソフトは「Bonanza」(開発者は保木邦仁氏。2006年に第16回世界コンピュータ将棋選手権で初出場ながら優勝を果たす。ソフトネットフリーソフトとして公開された)とか、複数のソフトを使っていました。

――ソフト同士の戦いは異次元で、人間との将棋とは違います。当時はどうでしたか。

佐藤 いま以上に作戦や指し回しに違和感ありました。いまは違和感があっても、人間が「こうするべきなのかな」と寄せていく傾向がありますけど(笑)。当時の私はソフトを取り入れるというよりは、自分の考えた手や作戦をソフトにかけてみて、読み筋を見るぐらいでした。

 自分ひとりで考えるのと違い、疑似的な対話ができるから研究しやすかったですよ。でもソフトの読みもそこまで深くなかったので、結局は自分で考えている部分が多かった。それは地力をつけるのによかったでしょう。ソフトが強くなってくると、割と信用しすぎてしまうこともありますから。

の場で名人がソフトに負けたという象徴的な出来事

――補助として使っていたのが、いまや先生みたいな存在に変わったと思います。その関係はなぜ変化したのでしょう。

佐藤 まずはソフトが強くなったことです。そして、ソフト研究が加速したのは私が電王戦(※1)で負けて、世の中の空気が変わったことじゃないでしょうか。

※1:電王戦ドワンゴが主催した、棋士と将棋ソフトの対戦。創設は2012年で、「人類VS人工知能」として大きな注目を集めた。レギュレーションメンバーを入れ替えながら行われ、最後の2017年に名人を保持していた佐藤九段は叡王戦トーナメントで優勝し、「PONANZA」(開発者は山本一成氏と下山晃氏)と二番勝負を戦った。結果は「PONANZA」の2連勝で幕を閉じている。

――ソフトの実力を考えれば、佐藤九段自身が敗れる前でも研究に使うのはかなり有効だったのではないですか。

佐藤 ええ。でも、ファンの方々の大半が「プロがソフトを研究に使うのはどうか」と思っているであろうなかで、多くの棋士がソフトでガリガリと研究するのは抵抗があったんじゃないでしょうか。ところが、公の場で名人がソフトに負けた。ソフトが人間を超えたという象徴的な出来事が起こり、「ソフトを使って勉強するのは自然だよね」という言い分みたいなものができて、抵抗がなくなっていった気がします。

当時ソフトを戦う相手として見てはいなかった

――なるほど。ちなみに当時の電王戦は本番と同じハイスペックのPCとソフトバージョンが用意されて、研究パートナー永瀬拓矢王座(当時は七段)が務めましたね。いってしまえば、最強のソフトと研究熱心な若手と過ごした期間です。どんな準備をしていたのでしょうか。

佐藤 できる限りのことはしましたけど、私はソフトを戦う相手として見てはいなかったんですよ。同じゲームで戦いますけど、違う存在ですからね。例えば、人間だと1時間かけて読めることがソフトでは数分だったりして、時間の概念が違います。何がフェアなのかよくわからない状態で、やっているわけです。

――その例は、車と人間が競争するのをレースだと認めるか否かと話が似ていますね。では、電王戦で何を準備したんでしょうか。

佐藤 私は同じ時期に名人戦の防衛戦もあったので、1、2月にソフトの準備、3、4月に名人戦用の研究を始めました。

 対ソフトは、ソフト特有の指し回しや独特の作戦の傾向、それにどういう対策をするかがポイントになります。対PONANZA戦以外のときは、しっかり練れば本番でも同じ形になりやすかったと思うんです。でも、そういう準備は対人間ではあまりしないですし、対局者の片方だけが圧倒的に準備できるというのは私自身が考える戦いの本質とはちょっとずれている部分があったので、戦う相手として臨むという気持ちにはなりにくい。

 もちろん、それもひとつのエンターテイメントではあると思うんです。実際に準備だって相当の時間と労力をかけないといけないですし、何より見ている側にとっては人間とソフトの戦闘能力が拮抗して面白いというのはあるでしょう。ただ、私の好みかといわれるとそうではないんです(笑)

 話を戻すと、私がやった「PONANZA」は初手ランダム制だったので、何を指してくるかわからず、事前の準備も絞り切れませんでした。ソフト自身が最善と判断する手ばかり指していると人間側に狙い打ちされるので、PONANZA開発者の一人である山本さんが工夫されたんですね。そのなかで、永瀬さんは本当に助けてくれましたよ。初手のPONANZA側の選択肢を割り出し、そこからどういう構想で戦ってきそうなのか、どうすれば人間にとって勝ちやすいかを洗いざらい調べてくれたおかげで、その意見を聞いてから効率的に研究できました。名人戦と並行していながらも、ある程度の準備をもって臨めたのは永瀬さんのおかげだと思っています。

――電王戦は2連敗でしたが、名人戦は4勝2敗で防衛されます。印象に残っているのが第2局で、電王戦の第1局の直後に行われました。明らかソフトに影響を受けた急戦を採用して勝ちましたよね。

佐藤 いま考えると、私にしては珍しく最先端にいっていたなと思いますね(笑)。あれは当時だとあまり指されておらず、私自身もあまり経験がないなかで、いきなり名人戦の舞台で採用したわけですから。電王戦の準備でソフトの感覚が自分のなかに入ってきていたのでしょう。

ソフトの普及で大局観や最新形の主流が変わった

――そして、電王戦名人戦のあとにソフトの波が本格的に押し寄せてきたと。これまでとは何が違うのでしょうか。

佐藤 研究家の若手に続いて、多くの棋士がソフトの採用する形、手自体を取り入れるケースが大いに増えたと思います。例えば、右桂を早めに跳ねていって攻める急戦も昔からソフトによって示されていたけど、当時は「よくわからないよね」で置いといて、別の形や課題局面でソフトの読み筋を取り入れようとしていたと思うんです。いわばソフトはオブザーバーで、棋士は自分の感覚で本質や勝ちやすさをフィルターにかけて、それに合わない手や作戦は取り入れなかった。でも今度はソフトの感覚が妥当なものとして認め、推奨されることを理解して吸収するようになっていたと思います。

――その影響もあって大局観や最新形の主流が変わりましたね。ほとんどがソフトを源流にした作戦になりました。

佐藤 そうですね。それで結果を出せば優秀性が示され、「ソフトの作戦はソフトにしかできないと思っていたけど、人間でも指しこなせるんだな」となり、そのうち「みんなやるから、やらないといけないんだな」と主流になっていったんじゃないでしょうか。

 私自身は名人戦第2局でうまくいったとはいえ、先んじてソフト特有の指し方を取り入れることは少なかったです。もちろん、ソフトに寄せようかなと取り組んだことはありますけど、自分の感覚を通すほうが多かったので。

――ソフトによる集中的研究で、2017年からタイトル戦線に出てきたのが豊島将之竜王です。研究会をすべて辞めて、ひとりでソフトと向き合う日々と聞いたときは驚きました。

佐藤 その勉強方法が豊島さんに合っていたんでしょうね。ソフトで研究すると、ソフトにいわれるがままになり、思考過程が空虚になることがある。彼はそうならず、自分の考えを加味しながら研究されたはずなんです。また、ひとりでやるのも性に合っていたんでしょう。ほかの棋士と意見を述べ合うほうが理解が深まるというタイプの棋士もいますからね。

豊島さんの棋譜はずっとチェックしています

――2019年、佐藤九段は名人戦で豊島二冠(肩書は当時)を挑戦者に迎えます。いままでの豊島将棋とは違いましたか。

佐藤 そうですね。豊島さんは関西奨励会の1年後輩で、奨励会から公式戦まで多く指してきた棋士です。研究会はしたことがなく、プライベートで会ったり話さなくても、ずっと棋譜はチェックしています。名人戦のときはすごく充実されていましたよね。最新形の理解度が高くて、ソフトの研究をカバーするだけでなく、その一歩先をいっていました。そこに戦略性が加わり、どこが相手の盲点になるか、つまりソフトの点数を減らさずに相手の研究を外して自分の土俵に持ち込むかも考えていた。中終盤に関しても精度が高かったうえに、勝負勘も冴えていたと思います。

――結果は挑戦者の4連勝で、佐藤九段は名人失冠となりました。

佐藤 私がもう少し抵抗できればよかったんですけど、序盤の微妙なラインの研究を出されて、流れをつかまれました。シリーズの後手番で横歩取りを1局指しましたけど、ある程度の合意が取れたんですよね。

――合意、ですか? 横歩取りは名人挑戦、3連覇の原動力になった戦法ですけど、何か意見を交わしたのでしょうか。

佐藤 いや、実際に「横歩取りはどうですか」と意見交換したわけじゃないので、私が勝手に思っただけかもしれませんけど(笑)。当時の研究では「横歩取りは先手が勝ちやすい」という傾向がありました。

「でも、せっかくの舞台なのでやってみよう」と準備したんですけど、やはり最善を尽くされると後手が勝ちにくい。そしたら名人戦も想定していた形になって、豊島さんの側からも「こうやれば先手のほうが勝ちやすいんじゃないですか」という考えが盤上で示された。要するに、事前準備の段階から両者の考えはある程度一致していたわけです。その共通認識が豊島さんとの間で得られたので「これ以上やってもしょうがない」となり、そのシリーズで横歩取りはもうやらなかったんです。中心になったのは角換わりでしたが、私はそれに対抗できませんでした。

 豊島さんがやっていたソフト研究は、ほとんどの人が真似できないことだと思います。最近、彼もソフトのいうことが高度になってきて、ひとりでやるのは大変だと話しているようですが。

80、90手の最終盤まで研究されている定跡が

――それが「評価値ディストピア」なんでしょうね。改めて、そんなに大変なんですか。これまでの最新形の研究合戦と何が違うんでしょう。

佐藤 いやぁ、ものによってはシビアですね。いちばんは角換わりでしょうか。80、90手の最終盤まで研究されている定跡がたくさんあります。

――それが戦略にどう影響するのでしょうか。

佐藤 初形から話を始めると、基本的に先手の初手は▲7六歩か▲2六歩で、そこで後手がどう指すかが早くも岐路なんです。大きく分けると2つで、「評価値を下げずに頑張るぞ!」っていうのが△8四歩です。そのかわり現代の居飛車三大戦法である矢倉、角換わり、相掛かりといった戦型の最新形のシビアな変化を整理して、受けて立つ覚悟が必要になります。

 2手目△3四歩ならそういった居飛車の主流研究を外してシビアな研究合戦に押し込まれないとはいえ、評価値の低い戦法を採用せざるをえない。確実に50点100点は下がると思われています。例えば横歩取りは評価値が低いし、雁木系も横歩取りほどは下がらないかもしれないけど、相手に主導権を握られる。そして、振り飛車も点数が下がる。どれも先手がアドバンテージを得られるわけです。

 1回だけの勝負なら、押される展開になってもいいんです。でも、ずっとそうやって対局を続けていくのは厳しいかもしれない。そこで棋士は悩み、自分のスタイルを考えるわけです。もちろん、研究だけで勝負が決まるわけじゃありませんし、そんな細かいことを考えずに好きな戦法を指すという人もいます。

相当なクオリティで事前研究しなきゃいけない

――トップ層はほとんどが居飛車党で、最新形を巡って研究をぶつけ合っています。どんどん細かくなっていませんか。

佐藤 相手がシビアなだけに自分もシビアにならざるをえないですからね。どこまでも家で研究しないといけないうえに、突き詰めても結論は互角で後手が間違えやすい局面も多いです。

 例えば、今年1月の王将戦第1局▲渡辺明王将-△永瀬王座戦も、そういった思想のぶつかり合いでした。渡辺さんは「いくらソフトの評価値は互角でも、人間には玉が裸で危ない形を指しこなせないでしょ」と問いかけて、永瀬さんは「このラインなら、耐えられると思いますよ」とせめぎ合っている。結果は渡辺さんが勝ちました。永瀬さんぐらいの人が研究して臨み、2日制の持ち時間があっても指しこなすのが難しかったわけですよ。

――タイトル保持者が準備して考え抜いても大変となると、ハードルの高さが伝わってきます。

佐藤 しかも、あの最新定跡も一変化で、ほかにも知らないといけないことはたくさんあるんですよ。そういう一直線で危ないうえに、さらに先手にパスとかで揺さぶられたりします。少しでも形が違うと仕掛けが成立し、結論が変わってきますからね。そのときは後手が本来やりたい形に誘導するルートから外れないように、なおかつ現局面でも悪くならない手を指して、均衡を保たないといけない。そのためには、そもそもソフトの手を暗記するだけではなく、どういう仕組みでバランスが保たれているか、どうやってソフトの定跡が有力な状況に突入していくかを理解しておかないといけないわけです。

――相手に常に狙われて、しかも射程圏内に入ってしまうとソフト研究の後押しがあって容易に抵抗できない。一瞬の判断ミスが命取りになるから、いくら準備しても不安なままなんでしょうね。

佐藤 ええ。角換わりは戦型の性質上、最終盤まで突き詰められるので事前研究の度合いが重くなるんです。でも、最近は相掛かりや矢倉もそういう将棋が増えてきて、相当なクオリティで全部やっていかないといけないです。

写真=松本輝一/文藝春秋

ユートピアを求めて、藤井聡太との大一番で振り飛車をぶつけた理由 へ続く

(小島 渉)

佐藤天彦九段