お笑いタレント江頭2:50さん(55)が2021年6月18日YouTubeチャンネルエガちゃんねる」を更新。休養から復帰を果たした直後、著作権に関する指摘を受けてしまったと発表した。

突然の緊急事態

動画は、江頭さんのアシスタントとして活動する「ブリーフ団」が、"緊急事態"になったと告げる場面から始まった。過去の動画で江頭さんの登場時に使っていたBGM著作権侵害の指摘が数件あり、「あの曲が使えなくなってしまいました」と発表された。

ブリーフ団によれば「今まで1年以上使ってきたんですけど、そこまでは何も無かったんですが急にあの曲は著作権侵害ということになってしまって...」と状況を伝えた。全ての動画ではなく、曲を使った数本に著作権侵害の知らせが来ているという。指摘を受けた動画は、音声を削除する対応を迫られた。

動画内のテロップでは「著作権を主張してきた方に問い合わせしましたが、回答は得られず詳細は不明のままです」と明記している。

「めんどくせえ~!」けどそれを逆手に...

江頭さんは「めんどくせえ~!マジや?」と驚き、「じゃあどうしよう?その代わりになる曲を視聴者から募集しようか?」と提案。「登場曲として動きと併せた音楽を作ってくれる奴絶対いると思う。お前!お前だよ!!」と興奮気味に話した。

元々、江頭さんがテレビ出演時などに使用していた曲は布袋寅泰さんの「スリル」。そして今までユーチューブで使用していた曲も少々激しめだったことから、江頭さんは「やっぱりロックパンクだよね」と「ちょっと激しめな音楽」を希望し、
「あの曲(登場曲)を是非俺にやらせてくれって奴、ここ(専用フォーム)にジャンジャン送ってくれ!」「1分ぐらいあればいい」と視聴者に呼びかけた。

なお、謝礼は江頭さん本人が「ファミレスかなんか連れて行って『好きなもの食べなよ』ぐらいの接待はする!」と明言。食事後はカラオケやなど"二次会"も用意する可能性があるとした。

江頭2:50さんのYouTubeチャンネルより