《九州3児遺体》子殺しの“入れ墨父”は「太宰府主婦ホスト漬け殺害」の“女帝”と結婚していた〈息子はLINEで「生き地獄」〉 から続く

「病死」とみられていた大翔くんも…

 2月26日福岡県飯塚市の自宅から南に約230キロ離れた鹿児島県・桜島の麓にある観光ホテルで、実子である蓮翔ちゃん(れんと・当時3)と姫奈ちゃん(ひな・当時2)の首を絞めて窒息死させたとして、5月に殺人罪で起訴された福岡県飯塚市の職業不詳、田中涼二容疑者(41)。自宅では養子の大翔くん(ひろと・当時9)の遺体も発見されたが、当初、福岡県警は大翔くんの死因については、「病死」の可能性が高いと発表していた。

 しかし6月18日福岡県警は田中容疑者を大翔くんへの傷害致死容疑で再逮捕した。社会部記者が解説する。

「当初県警は司法解剖の結果、病死の可能性が高いと発表しました。肺炎や気管支炎の形跡があったからです。しかし、田中容疑者の供述をもとに詳細に分析を重ね、暴行を受けたことが死に直接つながったと判明しました。大翔君の遺体には大腿部に打撲、全身にあざがあり、田中容疑者は『頭や腹を殴ったり、膝蹴りしたりした』と供述していました」

 なぜ田中容疑者は養子の大翔くんに対して死に追いやるほどの暴行に及んだのか。

大翔くんの“いい父親”だった田中容疑者

 2019年8月頃、当時子供たちと元妻A子さんと福岡市東区に住んでいた田中容疑者。周辺を取材すると、区内の小学校に通う大翔くんの送り迎えをする姿がよく目撃されていた。

 同級生の子供を持つ女性は当時をこう振り返る。

「大翔くんは小学校2年生の夏休み明けに、別の小学校から転校してきました。珍しい時期だったのでよく覚えています。最初はお父さん(田中容疑者)が登下校で、2人の下の子供を連れて、送り迎えしていました。

(田中容疑者は)見かけによらず、挨拶も丁寧で好印象でしたね。子どもたちがダンボールペットボトルなど、捨てるもので制作した作品の『文芸展示会』が2学期始まってすぐにあったのですが、そのときにも来ていました。携帯で写真を撮っていましたよ」

 別の女性は「大翔くんを校門まで送っていたのを見たことがあります。大翔くんもお父さんに手を振ってニコニコしていました」と親子関係が良好な様子を目にしている。

 大翔くんが通っていた小学校関係者に取材をすると、田中容疑者について知る人は多いが、元妻A子さんについて知る人はほとんどいなかった。同級生の親御さんたちの目撃談は、転校直後の登下校の付添いや学校のイベントなどでみかけるのは田中容疑者にまつわるものばかりだ。

「父子家庭だと思っていた」

お父さんしか見かけたことがなかったので、当初は父子家庭だと思っていました。でも後にとても恰幅の良いお母さんが1度送り迎えをしているのを見かけたことがあります。そこで初めてお母さんがいたんだと知りました」(別の同級生の母親)

 2020年5月、田中容疑者は実子の蓮翔ちゃんと姫奈ちゃんだけを連れ、3人だけで飯塚市の県営住宅へ引っ越す。田中容疑者の自宅近くに住む高齢男性は「田中さんは元奥さんから逃げるためにこの団地に引っ越してきた」と語っている(九州3児遺体#2)。しかし、その後ほどなくして、元妻のAさんが大翔くんを連れて、田中容疑者の元へ引っ越してきた。

“血の海騒動”でも父親へ信頼を寄せていた大翔くん

 前出の高齢男性によると、「子供たちは3人とも田中さんに懐いていましたよ。田中さんが車で帰ってきたとき、子供たち3人が喜んで車の方に走っていくのを見たことがあります」と語る。

2020年12月に元奥さんが包丁を持ち出して、部屋に血の海ができるような壮絶な夫婦喧嘩をしたことがあったのですが、そのときも子供たちはお母さんよりお父さんを信頼しているようにみえました。

 喧嘩を仲裁するために駆けつけた警察官が、大翔くんと蓮翔ちゃんに『お父さんとお母さんが別れたらどっちについていきたい?』と聞いたんですよ。すると2人は声を揃えて『お父さん』とはっきり答えていた。大翔くんも血の繋がりのないお父さんがいいんだと迷わず言っていましたよ。私にはお父さんに懐いているようにみえましたけどねぇ。

 この(夫婦喧嘩)騒動の後、12月末にやっと離婚をしました。A子さんは子供たち3人を置いて、1人で家を出ました」

 大手紙社会部記者によると、「離婚後は、血のつながっていない大翔くんも田中容疑者の養子となり、事件当時は父親と子供3人で生活していた」。こうして、父子4人での生活がスタートした。

 しかし、ほどなくして親子関係に歪みが生じる。

「子育てのストレスからひどい暴力をふるってしまった」

「田中容疑者は取り調べに対し『今年に入り、子育てのストレスからひどい暴力をふるってしまった』と話しています。大翔くんへの暴行は自宅や車の中など場所も選ばずに行われ、エスカレートしていった。

 そして2月16日、外出先でうけた大腿部打撲による外傷性ショックで死亡したとみられています。その後、田中容疑者は遺体を自宅に運び、そのまま放置したことから、死体遺棄容疑もかけられています。蓮翔ちゃん、姫奈ちゃんにはアザなどはなかったことから、大翔くんだけが暴行の対象になっていたとみられています」(捜査関係者)

 元妻のA子さんと袂を分かち、幼い3人の子どもたちを育てていた田中容疑者。その育児のストレスは、なぜ大翔くんにだけ向けられたのだろうか。福岡市小学校での大翔くんの同級生の母親は、こんなエピソードを明かした。

お父さんが大翔くんに怒鳴った後、遅刻が増えた」

「下校途中、お父さんが大翔くんに対して『小さい子2人を家で待たせているんだから早く歩け!』『先に帰るからここからは1人で行け!』と怒鳴っていたことがありました。その後はお父さんが学校へ付き添っている姿を見ることはなく、大翔くんは遅刻が増え、休みがちになりました。学校内でのいじめは聞いたことがないので、家庭で問題を抱えているのかなと思っていました」

 前出の高齢男性は肩を落としてこう呟いた。

「虐待には気付かなかった。大翔くんがお父さん好きそうにしている様子は何度も見ているので、信じられないという思いもあります。離婚してから悪化したのか……。一言、相談してもらえれば気づけたのに、残念です」

 田中被告は今後の取り調べで、一体何を語るのだろうか。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

田中容疑者(「FNNプライムオンライン」5月6日配信より)