スシロー

回転寿司チェーンスシロー」は、安くてウマい寿司が豊富なだけでなく、幅広い食べ方のアレンジがあるのも特徴。

9日放送の『林修のニッポンドリル』(フジテレビ系)で紹介され、タレントギャル曽根が「料亭に来たみたいなくらいの衝撃」と絶賛していた『たい』(165円)のちょい足しレシピが激ウマだったぞ。


画像をもっと見る

■「たい×たい」の神コラボ

もちろんそのまま食べてもおいしい「たい」だが、「わさび」と「鯛だし塩ラーメン」(363円)。これだけで、寿司のシメにぴったりの激ウマメニューになるのだ。

たいの旨味が凝縮された「鯛だし塩ラーメン」は、寿司にも負けずと劣らぬ人気メニュー

大切なのは、スープを残して麺だけを食べること。番組では具をほとんど食べた状態で紹介されていたが、どちらでもかまわない。


関連記事:スシローが推奨する「通の食べ方」 一部の寿司が抜群にウマくなる裏ワザだった

■スープに寿司を入れて「鯛茶漬け」

そして、麺がなくなったラーメンに、たいをシャリごとそのまま入れて…

最後にわさびを盛り付けたら完成。ラーメンを楽しんだあと、茶漬けとして楽しめる裏技レシピだ。鯛だしのスープにたいが合わないわけがない、まさに勝利が約束された逸品だが、はたしてその味は…

■ギャル曽根も「めちゃめちゃ合う!」と大絶賛

う、ウマい…! スープの予熱で少し熱が入ったたい、スープが染み込んだお米の相性が最高だぞ。これはハマりそう…。ラーメンスープということもあって若干、味が濃いように感じたが、お湯で少し割ってしまえば気にならない。

ギャル曽根は「めちゃくちゃ合う! たいのお寿司をそのまま食べるのもいいけど、こうやってお茶漬けで食べるの贅沢!」と大絶賛。同番組でさまざまなちょい足しレシピが紹介された中でこのレシピを1位にしており、プライベートでも絶対にやると話していた。

鯛だし塩ラーメンとたいの寿司どちらの良さも活かすこのレシピ、一度試してみてほしい。


■定番の「抹茶塩」もおいしい

スシロー

たいといえば、スシロー公式も推奨している「塩+粉末緑茶2杯」で作る抹茶塩で食べるのもおすすめ。苦味が加わることでむしろ素材の味がより引き立つぞ。

えび天にぎり

この抹茶塩は「エビ天にぎり」(110円)と合わせてもおいしいギャル曽根も「大人な感じで贅沢」とコメントしており、記者も今後この食べ方を続けたいと感じたレシピだ。スシローに行った際にはこれらの食べ方も試してみてほしい。

・合わせて読みたい→ギャル曽根も驚いたスシローアレンジ 「甘だれ」が意外な可能性を秘めていた

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一

スシロー、贅沢の極みのような「たい」の食べ方 ウマさにギャル曽根も衝撃