J-CASTトレンド・今週こんなことがありました】

関東甲信が梅雨入りし、これから本格的に雨の季節だ。一方で、沖縄県以外の緊急事態宣言の解除が決定した週だった。

J-CASTトレンドでは、人気のあまり高値で取引されるアイテムや、逆に大幅に値下がりした使い捨てマスクパソコンをめぐって起きたトラブルイライラを取り上げた。

「転売行為の禁止」を明言

■「生ジョッキ缶」再販フィーバー スーパー、コンビニで発見もネットは高値転売

2021年4月の発売時にSNS上で話題となった「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」。6月15日に数量限定で再販された。前回は品薄や転売が発生していたが、今回はどうか。記者がコンビニスーパーを調査すると――。

■呪術廻戦展「入場券転売」許さん 不正発覚ならお断り、それでも高値で取引

呪術廻戦」の企画展の先行抽選結果が、21年6月17日に発表された。公式ツイッターアカウントが「転売行為の禁止」を明言していたが、チケットを「転売」「譲渡」する動きがみられる。

■新大久保「激安マスクストリート」の今 「1箱200円」もはやコロナ前より安い

1年前、東京・新大久保では「箱マスク」が様々な店で大量に販売されていた。マスクがどこでも買えるようになった今、記者が再び現地を訪れ調査。マスクの価格にさらに変化が...。

Windowsの不人気機能は

■Windows 10「天気アイコン」にイライラ 触れただけで画面占拠の「お節介」機能

Windows 10」の「ニュースと関心事項」という機能に「邪魔だ」という声が。表示が大きく画面スペースの相当部分を占有するため不評のようだ。Windowsの歴史を振り返ると、機能がたびたび「不人気」になるケースがあった。

■オンライン授業「画面共有」でトンデモ事故 ヤバい「個人情報」が漏れるとき

新型コロナの影響で浸透したオンライン会議ツール。便利だが、画面共有や映像でのやり取りで、思わぬトラブルにつながる恐れがある。大事な個人情報が知らない間に誰かに見られる可能性も...。<J-CASTトレンド>

新大久保「激安マスクストリート」の今