俳優の、佐藤二朗さんが2021年6月17日Twitterを更新。

テレビ番組などで俳優を紹介する時の『表記』に関して、違和感があることを明かし反響を呼んでいます。

『演技派俳優』表現に、佐藤二朗「正直ここまできたか」

佐藤さんが違和感を覚えていたというのが、テレビ番組で俳優を紹介する際に出てくる『演技派俳優』というテロップ

よい意味で用いられるテロップですが、それを俳優に使うことに佐藤さんはこう持論を展開しています。

佐藤さんは「そもそも演技のプロが俳優なのであって、『演技派俳優』という表現はおかしい」といった考えを明かしました。

さらに、有名作品を例に挙げ「これらを観れば、表現がいかに俳優をバカにした表現がよく分かる」と憤りも交えてつづっています。

投稿は大きな反響呼び、さまざまな声が寄せられました。

・悪気はなくともバカにしてしまっているのかも。そういった表現はほかにもある気がする。

・「演技力が素晴らしい」という意味で使ってしまうことがありました。考えさせられますね。

・私もテロップを見る度、モヤモヤしてた。そもそも演技をする人が俳優さんなのに…。

その後、佐藤さんは投稿に対しこう補足しています。

これ勿論、僕ら側にも責任があります。てか、僕ら側にこそ。更に、30年のプロでも動物や子供に喰われる(故に奥深いとも言える)のが芝居です。ある人の言葉です。

「ただ、芝居にだけは我々は彼岸にいたい」。精進します。

@actor_satojiro ーより引用

ベテランでも常に成長や努力が必要な仕事であるため、『演技派俳優』という表現が生まれるのは、仕方のない部分もあるとつづりました。

その道のプロに対して、敬意がないと思われる表現は控える必要があるかもしれません。

佐藤さんの率直な想いは、多くの人の心を動かしたことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@actor_satojiro