駅の階段Image Source/Stockbyte/Getty Images Plus/写真はイメージです)

駅の階段は多くの人が行き交う場所のため、お互いにマナーを守り気持ちよく使いたいものだ。しかし中には、非常識な人もいるという。

そこで、しらべぇ取材班が「駅の階段を利用しているときに遭遇した他人の危険な行動」について話を聞いた。


(1)途中でいきなり立ち止まる

「電車を乗り換えるのに、階段を降りていました。すると突然、前を歩いていた人が立ち止まりだしたんです。かばんの中をひたすら漁って、捜し物をしているようでした。


私はその人を避けようとして、階段を踏み外してしまったんです。残り数段だったので怪我はしませんでしたが、さすがにその人にはイラッとしましたね」(20代・女性)


関連記事:タモリ、4LDK庭付き一軒家の家賃に驚き 危険すぎる立地も話題に

(2)逆走しているのに避けない

「階段にはしっかりと『上り』と書いてあるのに、なぜか降りてくる人がいたんです。しかも自分が間違っているのに、まったく避けようとせずに突進してきて…。仕方ないので、私のほうが避けました。


それでも気に食わなかったのか、すれ違うときに少し舌打ちされたんです。自分が間違っていることに気づいていないのかもしれませんが、あまりに失礼すぎてムカつきましたね」(30代・女性)

(3)スマホに夢中で前を見ない

「階段を登っているときに、前の人があまりに歩くのが遅くて気になりました。よく見るとその人は、歩きながらスマホゲームしていたんです。歩きスマホ自体もありえないのに、階段でゲームをするなんて…。


たださすがに注意するわけにもいかないので、その人を避けて階段を登りました。スマホゲームに夢中になるあまりに、邪魔になっていることさえも気づいていないようです」(20代・男性)


(4)座ってくつろいでいる

「駅の階段で、座ってくつろいている2人組がいました。広い階段ならまだわかるのですが、そこはそれほど余裕がありません。多くの人が邪魔そうに避けているのに、本人たちは気づいていなくて…。


ずっと楽しそうに話していて、本当に無神経な人たちだと思って見ていました。そもそも階段は座る場所ではないので、大きな顔して居座らないでほしいですね」(30代・男性)


階段で邪魔な行為をしている人には、やはりイラッとしてしまうようだ。

・合わせて読みたい→林修先生、楽屋で流している2曲を告白 不思議な組み合わせに注目集まる

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

一歩間違えると大事故に… 駅の階段で遭遇した危険な行動