ビートたけし・北野武

20日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしコロナ禍で広がる落書き被害について苦言を呈した。


■落書き被害を特集

番組ではコロナ禍で増加傾向にあるという落書き被害を特集。東京都渋谷区スタッフが訪れると、高架下にビッシリと文字や絵が書き込まれていた。

さらに原宿の竹下通りにも、シャッターやレンガ落書きが。商店会の会長は「シャッターが閉まっている状況で目立つようになってきた」と語る。

原因については新型コロナウイルス感染拡大の影響で人通りが減ったことなどが、考えられるという。現在、落書きを消す費用を区が負担するプロジェクトが進んでいると紹介された。


関連記事:トイレで発見した落書き、意外な正体に驚愕 じつは何より「本質」を捉えていた

■たけしがバッサリ

VTRを見たたけしは、「ストリートアートなんてのがはやった時代があって。ところが情けないかぎり、ヨーロッパとか、いろんなとこ行くけど、あの落書きの字の形はどこも変わってないんだよね」と話す。

続けて、「ローマ字のこうやって、厚みをつけて、丸くなってるの。どこの国行っても、あの字だよね。少しは新しいのも出てきたけど、才能ないよね」とバッサリ斬った。

■暴走族とのエピソードも

明星大学心理学部の藤井靖准教授は落書き防止策について、「本物の芸術家の方が、『あれは違う。カッコ悪い』と言っていただいたほうがいい」と提案する。

阿川佐和子は「コンテストをするとか?」と話す。するとたけしは「昔、暴走族を集めて、サーキットオートバイレースやらせたんだ。すごい下手だった。全然相手にならないんだよ、レーサーに比べたら」と笑った。


■ストレスも要因か?

コロナ禍で増えているという落書き被害。街の人出が少ないことが大きな理由とされているが、外出を自粛せざるを得ない現状へのストレスも、要因の1つかもしれない。

しらべぇ編集部が昨年4月の緊急事態宣言下に全国10~60代の男女1,880名を対象に実施した調査では、56.8%が「外出できないストレスを感じている」と回答した。

長引くコロナ禍ストレスを感じてしまうことは理解できるが、犯罪は行うべきではない。自身のアートをアピールしたいのなら、落書きではない別の方法を採ってもらいたい。

・合わせて読みたい→ビートたけし、コロナ時代の一番ダメな行動を指摘 「まさにそれ」と賛同の声

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年4月24日2020年4月27日
対象:全国10代~60代の男女1,880名(有効回答数)

ビートたけし、『TVタックル』で街にあふれる落書き犯罪者に憤り 「才能ない」