一般人でもSNSで人気になれば、影響力を持てる時代になった。インフルエンサーになりたいがために、フォロワーを購入する人もいるようだ。


画像をもっと見る

■フォロワーを買った人を知っている

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に調査したところ、全体の7.2%の人が「友人・知人でSNSのフォロワーを買った人を知っている」と回答した。

友人・知人でSNSのフォロワーを買った人を知っているグラフ


関連記事:重盛さと美の”SNSフォロワーが一気に増える方法”に反響 「よく考えてる」

■投稿がほどんどないフォロワー

性年代別では、10代から30代の男性が高い割合になっている。

友人・知人でSNSのフォロワーを買った人を知っている性年代別グラフ

投稿がないフォロワーが多いため、怪しいと思った人も。

「昔よくツイッターでやり取りしていた人は、やたらとフォロワーが多かった。ただフォロワーをよく見ると投稿が少ないものばかりだったので、おそらく買ったのだろうと思う」(30代・男性)


インフルエンサーを目指して、フォロワーを買った人もいるようだ。

インフルエンサーみたいなのを目指していた女友達が、フォロワーを買ったと公言していた。ただそんなことをしてもまったく意味がなく、現在はそのアカウントを放置している」(20代・男性)

■影響力は上がらない

フォロワーを買っても、影響力が上がるわけではない。

ネット上の人気者になりたいのであれば、人々が興味を持つような投稿をするのが大切。お金で買ってフォロワーが増えても、影響力が上がるわけではない」(20代・女性)


「お金で買ったフォロワーがその後も、いいねやコメントをしてくれるならまだ意味があるかもしれない。フォロワーが多いのに、反応が少ないのは違和感がある」(30代・女性)


■フォロワーを増やしたくない

フォロワーを増やしたいとの気持ちが、あまりわからないという人も。

SNSで知らない人とやり取りするのに疲れてきているので、あまりフォロワーを増やしたくない。フォロワーを増やしたい人は、自己顕示欲が強いのかも」(30代・女性)


SNSは趣味などのやり取りに使うものだと考えているので、自身の発信力を上げたいとは思ったことがない」(40代・男性)


フォロワーを購入しても、影響力が上がることはあまりないようだ。

・合わせて読みたい→ビーガン男性が極端な主張をして大炎上 「肉食は大量虐殺と同じだ」

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年12月23日2019年12月18日
対象:全国10代~60代の男女1,798名 (有効回答数)

SNSのフォロワーを買った知人がいる 30代男性では1割