新幹線車内Zoonar/N.Okhitin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

1965年から新幹線の車両内に設置されていた「公衆電話」が、あと10日ほどで完全に姿を消すことをご存知だろうか。

公衆電話を常用しなくなって久しいが、なくなる前に今一度この電話を見ておきたいと思った記者は新幹線に飛び乗った。


画像をもっと見る

■6月30日でサービス終了

列車電話

JR東日本JR西日本JR東海JR九州JR北海道の連名で、「新幹線における列車公衆電話サービスの終了について」という発表が出されたのは今年3月18日のこと。

このお知らせには、6月30日を最終日に、同月7日より順次車両ごとにサービスを終了させていくことが示されており、その理由として「近年、携帯電話の普及により列車公衆電話サービスのご利用が減少していることに加え、トンネル内などを含め、すべての新幹線携帯電話の利用が可能になったこと」と記されている。


関連記事:河本準一、スマホの電話アイコンに違和感 「電話かけるイメージない」

■懐かしのフォルム

列車電話

東京・品川から名古屋方面に向かうN700系16両編成の新幹線こだま」に乗った。車内の案内地図によると現在設置されているのは4号車、12号車の2か所のみとのこと。車内では定期的に公衆電話サービスが終了することがアナウンスされている。

前の方に乗っていた記者は4号車でその公衆電話を見ることができた。機械はおなじみの緑色で、テレフォンカード専門と書かれている。公衆電話を使って久しぶりに実家に電話しようかと思っていたが、テレカのことを一切忘れていたことにここで気がつく。やってしまった…。

■車両でテレカを探す旅

移動式の車内販売は現在コロナの影響で休止中。そうなると、テレカの販売機が車内のどこかにあるはずだ。

列車電話

駅員さんに聞くと「12号車の公衆電話横にあります」とのこと。しかし、途中にはグリーン車があり通り抜けすることができない。事情を話すと、一時的に移動していいと特別に許可がおり、テレカを買いに12号車に移動することとなった。

たしかにもう一つの公衆電話に到着するとたしかにテレカ自動販売機が。無事カードを購入し、自宅への電話に成功した記者だった。

列車電話

ちなみにこの公衆電話固定電話への電話は問題ないが、携帯電話にかける場合はNTTドコモ以外の端末には発信できない。そんな特殊な性質を持っていることを、恥ずかしながらこの日初めて知った。また警察(110番)、消防(119番)、番号案内(104番)、その他コレクトコールフリーダイヤルナビダイヤルなどの使用もできないそうだ。

携帯電話への発信に制限があることはなんとも不便に感じるが、当時は新幹線内で電話できるというだけでも大変貴重なものだったのだろう、とその仕様がなんだか愛らしく感じた。


■数十年前の懐かしい「体験談」

ネットでは、今回のニュースを知り「時の流れ」「最近の子は使えない子もいそうな時代だもんね」「時代が変わっていく感じで悲しくなる」と、どこか寂しさをにじませながらコメントするユーザーの声が続々。

一方で、「就職試験の日。関が原付近で雪で停車。携帯電話は通じない。公衆電話の存在を思い出し、財布にずっと入ってたテレカで遅延の連絡をした」「台風等で列車が止まると長蛇の列が」「初めて東京に行った時、帰りの新幹線100系G編成)で名古屋を出てから『名古屋出たよ~』って家に電話してたな」と、過去を回顧するユーザーの声も散見されている。

・合わせて読みたい→関口メンディーの“悪い顔”に衝撃 「LDHのすごさ」「ハンパない」

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

新幹線の車内からあと10日で「消えるモノ」 その不便さに妙な懐かしさを感じた