年収1000万以上でも贅沢はムリ?

年収1000万以上でも贅沢はムリ?

世帯年収1000万円を超える家庭は、どのような暮らしをしているのだろうか。日本の平均世帯年収は552万円(2019年厚生労働省)と発表されているため、世帯年収1000万といえば実に平均年収の2倍だ。

神奈川県の30代女性(商社/世帯年収1100万円)は、「好きなことは何でもできる」と羨ましいコメントを寄せた。(文:中島雄太)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「習い事も好きなことならなんでも通わせることができる」

女性は郊外の持ち家で子ども2人とペットで暮らしている。「旅行は年に4~5回は行きますし、習い事もやりたいことなら何でもやらせてあげられます」と余裕のある暮らしぶりを明かす。

不満な点については「通勤に40分はかかる」と語っているが、コロナ禍在宅勤務になったため、その問題も解消された。

福岡県の40代女性(小売業/世帯年収1100万円)は、小学生高校生までの3人の子どもと暮らしている。今年、大学受験を控える長男のために貯金に励んでいるが、

子どもの教育費が高いので、まったく贅沢はしていません。受験は非常にお金がかかり、これが3回あると思うと気が遠くなります」といい、教育資金の捻出に頭を抱えているようだ。

「高い税金を払い、少子化の時代に子どもを3人育て、社会に貢献しているにも関わらず、何の恩恵もうけられないことが腹立たしいです」

と所得制限により高校無償化などの補助が受けられないことに不満を漏らす。

また、女性は将来に対する不安も抱えており、「今はそこそこの収入がありますが、退職金が少ないようなので、子育てが終わる頃には貯金もなく、その後どうやって暮らせばいいのかわからない」と述べた。

「日本は学生時代の努力が報われない国」

福岡県の30代男性(自営業/世帯年収1200万円)は、「贅沢はそこまでしていない」とコメントを寄せた。男性の唯一の贅沢は、年に1回の旅行で、「買い物も近所のスーパーで済ましているので、食費は普通の家庭と同じくらいだと思う」と続けた。

「妻も今は育児で休職中ですが、いずれは復帰する予定なので、世帯収入は増えると思います」

一方で不満な点として、「税金をがっつりもっていかれること」を挙げ、「日本は学生時代の努力が報われない社会だと思う」と語った。

東京都の30代男性(IT系/世帯年収1000万円)は、「累進課税で高い税金を払っているため、手取りが上がらない」と不満を述べた。男性は都内に戸建てを所持しているが、「東京は住宅も高く、地方では子育てには狭すぎると言われるような普通のマンションでも毎月20万程はローンで支払わなければなりません」と嘆いた。

「そこまで余裕はないのに、子育てにかかる費用についてすべて年収制限で引っかかります。 まだ子どもはいませんが、このことを理由に子どもを持つことに前向きになれません」

男性は、「子育てに関しては平等にしてほしい」との持論も述べた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」あなたの職場のサイコパスなどのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収550万円の30代女性「夫は一日1箱のタバコと、500ml 缶3本分のアルコールは減らせないとのこと。私は食費も削ってるのに」
世帯年収1800~2000万円のリアル「普段はユニクロ、2~3年は同じものを着てる。車は530万円で中古車を一括購入」

世帯年収1100万円、3人子持ち女性の怒り「高い税金を払い、少子化にも貢献してるのに、何の恩恵も受けられない」