今回紹介したいのは、三十路+5さんが投稿した『Stone knife memory Vol2』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

どうも三十路です。 動画内の作品は大体超会議に持っていきます。 夏のデザフェスあたりでるかもしれません。


 投稿者の三十路+5さんが、石を磨き上げてストーンナイフを制作しました。最初に登場したのはモンタナアゲートと鉄刀木の組み合わせで作り上げたナイフです。

 モンタナアゲートは縞模様など規則的なラインが特徴的な瑪瑙(アゲート)の中でも、有機的で独特の模様が出る石です。

 光の当て方、見る角度によりその印象は大きく変化します。

 お次は人工水晶とブビンガの組み合わせ。

 透明な水晶が、傾けると違った顔を見せました。

 3つ目はナチュラルゲートイリス)と黒檀。

 こちらは強い光を当てると、石の縞模様に虹色の輝きが浮かび上がるのが特徴です。

 4番目に登場したのはブラックオニキスとパリサンダのナイフ

 熱を帯びたかのような輝きです。

 そして緑の着色目瑪瑙をクリソニクスと呼び、ハンドルにブビンガを使ったこちらの作品。

 削りでも磨きでもクラックが入ったものの、無事磨きあがったラッキーナイフだそう。

 ハンドルや革のケースの質感もその味わいに趣を加えている、美しいストーンナイフナイフたちです。

視聴者コメント

・きれい
・黒檀の柄もすごく綺麗
・干将、獏邪つくって欲しいなぁ..
・赤熱しているように見えて綺麗
・この厨二感たまらん

▼動画はこちらから視聴できます

Stone knife memory Vol2

―あわせて読みたい―

天然石を使って「鉱石ナイフ」を作ってみた! 素材ごとに異なる“色鮮やかな刀身”がファンタジーな仕上がりに

100均の包丁を大量買い&魔改造! 数ヶ月かけてレジンの積層が美しい“カスタムナイフ”を作ってみた