江頭2:50(写真提供:JP News

お笑いタレント江頭2:50が21日、自身のYouTubeチャンネルエガちゃんねる』を更新。「勝手にコラボ飯」と題し、有名企業の人気商品同士の“画期的な食べ方”を披露した。


■有名なおいしいもの同士を…

江頭は、「有名なおいしい物同士を勝手にコラボさせたら、もっとすげえおいしいものができると思うんだよ」と企画の意図を説明。

その第1弾として、吉野家の牛丼と日清食品どん兵衛」の天ぷらそばのコラボを提案し、「二つとも甘口じゃん。味が似てるからね。反発し合わないと思うんだよね」と自信をみせた。


関連記事:「一周回ってお洒落」と話題のヒートテック ユニクロと日清の熱い友情でできていた

■コラボ飯間で“格差”が?

作り方は、まずどん兵衛に湯を注いで普通に作り、だしを入れたところに、牛丼の具をのせて「肉そば」にするというもの。

一方、具がなくなった牛丼のご飯には、どん兵衛天ぷらをのせて「天丼」に。そのあまりの落差から、スタッフが「肉そばと天丼で差があり過ぎですよ」と指摘したが、江頭は「俺はこっち(肉そば)食うから、これ(天丼)食え」と“おいしいところ取り”で笑わせた。

■採点はいきなり満点

肉そばを試食した江頭は、「めちゃくちゃうまい!」「これ以上のコラボ飯生まれるかな」と大絶賛。スタッフも「そば屋で食べる肉そばの肉よりも、味がしっかりついてるからむちゃくちゃうまい。どん兵衛のつゆもさらにうまくなる」と語った。

一方、天丼のほうを試食したスタッフは、「全然、味が混じりあわない…」と苦笑い。江頭も「天と地ぐらい差があるね。ケンカになるね」と“格差”を認めた。

それでも、コラボ飯の点数を聞かれると、「100点!」と第1弾にしていきなり満点の採点となり、江頭は「これ、マジでやってみて! 最強だから」とおすすめしつつ、「今後、コラボ飯で両方うまくなるといいね…」と二つのメニューに差があったことをちょっぴり反省した。


■ファンからもアイデアが

ファンからは、「今度、牛丼買うときはどん兵衛も買ってやってみる」「ほんとにおいしそう!」「画期的だと思いましたよ」「吉牛・日清ともに売り上げ上がりそうですね」とコメントが書き込まれた。

また、吉野家で勤務する人から「ご飯いらなければ牛皿を頼んでいただけるといいと思います」との提案も。

さらに、天丼についても「天ぷらを砕いてご飯と混ぜ合わせて、ごま油を入れると悪魔のおにぎりのようになっておいしいと思います」「天ぷらをそばの汁につけてフニャフニャにしてからご飯に乗せたほうがおいしいよ」「だしをかけてひつまぶし風にして食べたらおいしそう」などとアイデアが寄せられていた。

・合わせて読みたい→沖縄ファミマで必ず食べておきたい『ウインナー天ぷら』 地元の人気弁当店が製造

(文/しらべぇ編集部・けろこ

江頭2:50、吉野家とどん兵衛の超画期的な“コラボ飯”提案 「マジでやってみて」