EXIT・兼近大樹

お笑いコンビEXIT兼近大樹が、21日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)に出演。酒類提供の制限に苦しむ飲食店へのコメントが、視聴者から反響を呼んでいる。


■ステッカーを掲示している店も…

この日の番組では、緊急事態宣言解除前の繁華街の様子について特集。東京都が発行している「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示しているのにも関わらず、午後8時以降も営業を続けている飲食店は決して少なくないという。

同番組が実際に“ルール違反”をしている店舗に話を聞くと、「政府としての政策とかの進展がなかったんで、まあやろうと。潰れる前に営業してしまおうと。そういうことですね」といった声が上がってきた。


関連記事:『ひるおび』特措法改正案に飲食店店主が本音 「生きていくためには…」

■兼近は「責められない」

番組MC・谷原章介は、感染防止徹底宣言ステッカーについて「疑問はある」としつつ、「形だけになってしまっていて、守られていないのであれば、このステッカーを一つの根拠としてお店に行くことに揺らいでくる」とステッカーの形骸化を指摘した。

兼近は「僕自身、お酒を全く飲まないんで、飲む人の気持ちが全くわかってないんですけど…」とコメント。続けて、「飲食店としたら、我慢の限界ってずっと言われていますし、その状態が長いこと続けられて、協力金がもらえないからお酒を提供するっていう気持ちは、責められないなって感じている」と話した。


■視聴者からは共感の声

今回の放送を受け、ツイッター上では「客側はそんなステッカーなんて気にしないし、お店が開いてれば行くよね」「協力金の支給の遅れって、政府はどんな対策をしているんだろう…」といった視聴者からの感想が多数つぶやかれていた。

また「かねちのコメントめちゃくちゃ納得」「責めるだけじゃなくて、政府側で対策できることがあるよね」など、兼近のコメントに対して、共感する声もあがっている。

・合わせて読みたい→EXIT・兼近、『ホンマでっか』でさんまも驚くレア発言 3時のヒロイン・福田のルックスに…

(文/しらべぇ編集部・北田力也

感染防止ステッカー掲示店のルール違反が多発 兼近大樹は「責められない」