カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

top
 「三人寄れば文殊(もんじゅ)の知恵」とは昔ながらのことわざだが世界中の人とつながるソーシャルメディアにおいてその知識量は無限大といえるだろう。

 それゆえ今は困った時はネットに相談、わからないことはネットのみんなが解決してくれるなんて手段もあったりするが、海外にてまさかの駐車で助けを求めたドライバーの投稿がメディアをにぎわせている。

 およそ3万人のユーザーをくぎ付けにした仰天駐車とそこに寄せられたアドバイスとは?

【これレッカー呼ぶべき?あるトラックドライバーの仰天駐車】

 この案件はネットユーザースティーブFacebook上でこんな相談をもちかけたことから始まる。

今日とある場所にバックで駐車したらはからずもこんな事態に。今となっては自分でもどうやったかわからないし、自力で脱出する方法も見当つかない。もうレッカー呼ぶしかないかな?

 そこにはなぜかポールに動きを封じられたトラックが。てかこれ脱出うんぬんよりどこをどうしてこうなったのか、そっちのほうが俄然気になる絵面である。

 ちなみにこのポール、個人的にどっかで見たなと思ったらアメリカの一部地域で悪名高い黄色いポールによく似てる。ならばこのトラックある意味ポールの難をぎりぎり逃れたともいえるが…

 思わず二度見のこの光景は27,000人以上に共有され、スティーブのもとにはこんなコメントが寄せられた。

・入ったとおりに戻れば出られるよ。駐車した時と逆に動かすんだ。

・少し左に出してからわずかに右に切ってトラックを駐車スペースの中央に戻したらまっすぐ出られると思うんだけど。

・自分でポール置いたんじゃないの?

・ひょっとしたら駐車直後は、ポールの穴だけでそのあと誰かがポールを入れてロックしたとか?次からはタイヤポールの穴を塞ぐようにするといいよ。

・そのまま前進。コンクリートからポールを引き抜け。

・パッと見でオースティンパワーズの無限切り替えにはまる予感しかしない。

参考:映画「オースティンパワーズ」の方向転換(3 点方向転換)シーン

Austin Powers - 3 point turn / maneuvering / parking Scene

その後は結局わからずじまい。釣りの可能性も?

 さて、これだけ多くの反響を得たスティーブがどうしたかといえば、残念ながらその後の対処はわからずじまい。いわゆる釣りの可能性も否定できないままらしい。

 その真偽はともあれ、誰もがついつい凝視するポールイン型駐車シーンは、これからミームの一種としてネットの海を漂いそうだ。

 にしても実際こんな駐車が可能かどうかもちょっと気になる。トラックの達人とかならポールにぶつけずうまくできるのかな?そのへん詳しい人いたらよろしくだよ。

Top image:facebook / References:ladbibleなど /written by D/ edited by parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

料理・健康・暮らしの記事をもっと見る

うつ病や不安症の治療や予防に市販されているテレビゲームが役立つ可能性(アイルランド研究) - カラパイア

アメリカのほとんどの州は、大学よりも刑務所の方が多い - カラパイア

いつ何が起こるかわからないので、生き残りに役立つ12のサバイバル術を覚えておこう【ライフハック】 - カラパイア

不死を望むアメリカ人は意外と少ない。一方で、カナダ人の半数は幽霊を信じている - カラパイア

トラックがポールに阻まれ動かない!そうだ、ネットに相談だ!